東京支店 営業担当 前職:大手ゼネコンにて住宅設計

  1. 国際開発株式会社採用情報TOP > 
  2. 社員紹介 > 
  3. 東京支店 営業担当 前職:大手ゼネコンにて住宅設計

社員紹介

東京支店 営業担当
前職:大手ゼネコンにて住宅設計

入社を決めた理由

バリ島旅行専門店であったので、大好きなバリ島に関わりながら働けると思ったから。

前職との比較

前職は大手ゼネコンの住宅メーカーで住宅建築の設計を担当。 お客様が一生を掛け支払い続ける、形のないものを、お客様、営業、インテリアコーディネーター、工事、積算・管理のチームで一から作り上げていました。
現職の旅行も、形ないものですが、航空会社、ホテル、OP観光など、イメージが掴めるものをお客様の希望に合わせカスタマイズし、間違いのなく手配を
する事。
さらに、専門店ならではの情報を提供、バリ島のガイドやホテルスタッフの「おもてなしの心」がプラスされ、お客様に代金以上の付加価値を与え、喜んでもらい、次回のリピートへ繋げる仕事。

仕事内容

現在はレインボーツアーの営業として、東京・神奈川・千葉・埼玉の旅行代理店へカウンター営業が中心、
その他パンフレットの企画・作成、HPの更新を行っています。

今感じているやりがい

バリ島について興味のなかったお客様や販売店スタッフに対し、バリ島の魅力を紹介・指導し、好きになってもらい、他方面を検討していたお客様までバリ島に行ってもらう事。

1日のスケジュール

9:00頃出社→メールチェック・当日の営業先への営業ツールの用意→10:00~11:00頃外出しカウンター営業(6~10件程度)→18:00~19:00頃帰社後、 メールチェック、問合せの折り返しの電話対応→記録の整理、見積もり・商品作成、一斉メール、HPのブログの作成など。→21:30~22:00頃帰社。

どんな社員が多いか

一部のバリ島フリークを除き、バリ島が好きと言うより、AIRなど旅行業務の専門分野の仕事が好きで、コツコツと作業を行うスタッフが多いです。

社内の雰囲気

日中は外出しており詳しくは判りませんが、朝から黙々と仕事をこなしており、電話が鳴らないと静かですが、手配間違いがあってはならない仕事なので、間違った処理などに対しては怒号が飛び交う事も多々あります。

ココがスゴイ

弊社は取り扱い送客数で、日本だけではなく、世界で送客NO.1を誇るリゾートが沢山あります。

仕事をする上での原動力

「バリ島の魅力を多くの人に伝え、バリ島滞在を楽しんでいただく事。」
「社内スタッフはもちろんの事、バリ島の各リゾートのセールス、レインボーツアー販売店のスタッフとの信頼関係」

応募者(未来のスタッフ、働く女性)へメッセージ

旅行会社の仕事の基本はサービス業です。
ただ仕事をこなしているだけでは、クレームにも繋がる簡単ではない職業ですが、お客様が喜んでくれ、感謝の言葉を直接いただける幸せな仕事だと思います。

嬉しかったエピソード、印象に残っているエピソード

ある旅行代理店の年間で億単位の旅行の申込みをされるが、どこに行っても後日コンプレインの報告来店に来ていた超VIPのお客様が、 私がスタッフに紹介し、スタッフが勧めてくれたカユマニスに滞在後、コンプレインどころか、カウンタースタッフを集合させ 「とても素晴らしいリゾートだからあなた達も行きなさい。」とスタッフに逆営業を行ってくれ、 その店舗からバリ島送客が続くようになった事が嬉しかったです。

今だから言える失敗談

常に満室で手配が難しい、ジ・オベロイの予約時に、お客様の希望と異なるカテゴリーを手配してしまったこと。

新人研修の内容

中途採用でしたので、ABCなどの旅行用語を覚えると同時に、すぐに電話に出ていました。
1ヶ月程の内勤後、営業同行を2週間ほど行った後、単独でカウンター営業を始めました。
入社前にプライベートで2度ほどバリ島には行きましたが、自分が販売するホテルはほとんど知らなく、毎晩ネットでホテルHPと各社のホテル情報、 お客様のクチコミ投稿など調べた内容を基に営業をしていました。
入社1年半後に休暇が取れた際、朝から晩までホテル廻りをして過ごし、その後も休暇の度にバリ島へ行きホテル廻りばかりしています。

入社して良かったこと

リゾートがオープンする前から、建築現場の段階で視察が出来る事。
設計図を見ながら現場を廻り、完成後のイメージを掴み、オープン後、お客様が滞在され人気のリゾートとして移り変わっていく姿を間近で体験し、営業を行えること。

プライベートの楽しみ・気分転換

夏休みが取れれば、バリ島のリゾート、自然、遺跡を巡り、バリ島建築、最新の建築・デザインを写真に収める事が楽しみです。
普段は地元の異業種で働く20~70代の仲間達と、美味しいお酒と料理を楽しみながら休日を過ごしています。

学生時代の過ごし方や前職などの自分紹介

学生時代は同級生と都内の建築を見に行ったり、日本近代建築として素晴らしいホテルオークラでバイトしながら建築デザインに触れていました。
前職では、大手ゼネコンの住宅メーカーで住宅建築の設計を担当。
プランニングから始まり詳細図作成、確認申請、工事引き渡しまでトータル業務を行い、延べ300棟ほどの個人住宅に携わりました。

会社の雰囲気・社風など働く環境はいかがですか

バリ島現地に心強い、パラダイスバリツアーズがあり、他社にないアレンジ手配、細かい要望を、直接日本人スタッフを通し手配ができ、 バリ島の最新情報も入手できる点は最高です。

入社後に特に活用した研修制度は

GAジャカルタ線就航の際に、GA主催のジャカルタ1泊2日の研修ツアーを延泊させてもらい、世界遺産のジョグジャカルタ視察に1泊、 さらにバリ島のヨガリトリート施設の視察でバリ島に1泊、という研修を行いました。
その経験があり、販売店のカウンタースタッフ向けのジョグジャカルタ+バリ島研修ツアーと、ウエディング研修ツアーを企画実施、引率を無事に行う事ができました。

座右の銘

明日ありと思う心の徒桜、夜半に嵐の吹かぬものかは

20代のうちにやっておいて良かったこと

初海外旅行がひとり旅でした。旅行カウンターに行く時間がなかったので、夜中にネットで調べ、自己手配で何度かひとり旅に出掛けました。
その時の体験から、ツアーと自己手配のリスクの違いがよく判り、良かったと思っています。

入社後のギャップ

バリ島旅行専門店なのに、バリ島の事を知らないスタッフが多かった事。

服装・髪型など

営業ですので、スーツ着用。髪が伸びたので、一つにまとめています。

長く働き続けられている理由

バリ島専門店として、胸を張って働く事ができる体制があるからです。

働きやすいと感じる社内制度や雰囲気について具体的に

営業なので、他の女性スタッフとの交流は少ないのですが、仕事帰りに男性スタッフと一杯飲みながら晩ごはんを取ることも多く、日中は相談できないような仕事の相談やお願い事もできるので働きやすいと思います。