1. ホーム > 
  2. バリ王研修レポート > 
  3. 【レポ】バリ島旅行専門店スタッフが本音で語るバリ島とは。

スタッフ研修レポート

 
 

【レポ】バリ島旅行専門店スタッフが本音で語るバリ島とは。

大阪支店スタッフ () 2020年6月

 

バリ島(インドネシア)の魅力とは、何故バリ島を勧めるのか?

バリ島は東南アジアのリゾート地ということで名が知れている。リゾート地と言えばエメラルドグリーンの綺麗な海を想像するが、バリ島は海だけではなく、緑豊かな大自然をも、思う存分楽しむことが出来る。さらにバリ島にしかない料理・伝統舞踊・世界遺産等バリ島独自のカラーも持っているので、飽きず様々な発見や経験が出来る。
またバリ島は「神々の住む島」とも言われ、ヒンドゥー教を信仰しており、街の至る所でお供物を捧げ祈る姿を見ることが出来る。無宗教の日本人にとって、身近で宗教に触れることで何かを感じることが出来るだろう。

バリ島への旅行を選んだ理由、バリ島専門店の旅行会社を選んだ理由

ビーチ同様に緑溢れる大自然にもリラックス効果や疲労回復効果があるのにも関わらず、それを実感できるリゾート地は少ないように感じる。バリ島では海と山の両方を欲張って楽しむことが出来るので、旅行先にバリ島を選んだ。
近年バリ島旅行は人気が出ているが、ハワイやグアム等に比べるとメディアの情報源は少ないように感じる。専門店であるバリ王であれば、バリ島の知識をはじめ
専門店だから知るオススメや最新情報などを聞くことが出来ると思い、バリ王を選んだ。

バリ島と多方面の違い、良い点、悪い点

良い点:時差が日本と1時間しかない点。
ハワイは人気リゾート地だが時差が19時間もあるので、時差ボケで帰国後も生活に支障をきたす可能性がある。
物価が日本の2分の1以下なので、贅沢使いが出来る。豪華ディナーや専用車チャーターなど日本やハワイなど物価が高い国では出来ない経験が出来る。

悪い点:電車が通ってないため、移動手段がタクシー中心になってしまう点。
タクシーの客引きも激しいので見極める必要がある。また渋滞は避けられない。

バリ島で興味のあるホテル、泊まってみたいホテル 5つ 理由

・ヴィラアイルバリ…日本人スタッフが複数名いるので安心して利用できるため。施設自体はそこまで広くはなく、各部屋への手厚いサービスが好評のため利用してみたい。キッチンやプール等もついているので、特に将来家族が出来た際に子供と一緒に利用したい。

・クプクプバロンヴィラス&ツリースパ…ウブドのアユン川沿いに位置するヴィラ。周りは緑に囲まれているので、日常の騒音から離れ自然の音を感じリフレッシュが出来る。ヴィラタイプにはなるが1泊あたり1万円前後とお手頃価格なので手を出しやすい。またマンゴーツリースパはロクシタンを利用しているということで必ず利用したい。
女友達や母との旅行でぜひ宿泊したい。

・ザ サマヤ…お部屋、景観、立地全てにおいて惹かれるものがある。フロントから開放感のある造りになっており、ビーチが目の前にあるためサンセット・サンライズを楽しむことが出来る。施設自体は静かでゆっくり時間を過ごすことが出来るが、歩いてスミニャックの繁華街にも出ることが出来るので、立地面でも便利である。将来ハネムーンなどで利用出来たら素敵だと思う。

・ロイヤルピタマハ…王族が経営するヴィラということで、建築様式から他のホテルとは違いを感じる。施設内の至るところにある像や彫刻は、ホテルというより美術館の雰囲気をも感じさせる。そのような施設内のアートから『バリ島』を感じることができ、施設も広く落ち着いた印象を受ける。自然の中でゆっくりと過ごすのが目的の旅行の際にぜひ利用したい。

・バグース ジャティ…健康を意識したホテルということで、ヨガなどのアクティビティやオーガニック料理などが充実している。女性の一人旅にも人気があるとのことで、バリ料理教室などの体験もでき、アクティビティの種類は豊富である。私も是非一人旅で利用したい。解放された空間で他国の文化に触れ、リフレッシュ出来たらと思う。

バリ島で興味のオプショナル、行ってみたい観光地 3つ 理由

・ケチャファイヤーダンス鑑賞 バリ舞踊にはいくつか種類があるが、その中でも特にケチャダンスは他国にはないダンスだと感じる。音楽や楽器を使わず、男性の掛け声のみで場が作られていく。その掛け声に合わせて、ストーリーが舞踊で披露される。
日本舞踊とは全く異なった舞踊形式なので、興味があり鑑賞したい。

・アユン川ラフティング(TAA) ウブドにある有名なアユン川でのラフティング体験。
アユン川は急流が少ないので初心者でも安心して楽しめる。大自然での川下りは気分転換になり、リフレッシュ効果抜群だと思う。ぜひ爽快感を味わいたい。

・フランジパニスパ(FG3) 3時間越えのスパで8,200円と日本では破格の値段で施術を受けることが出来る。バリ伝統のオイルマッサージ(バリニーズマッサージ)やインド発祥のアビアンマッサージ等、好きなコースを自分で選択できる。また最後には、
インスタ映え等で話題のフラワーバスを体験できる。お花の香りが大好きなので体験してみたい。往復送迎もついているのでホテルから遠くても困らない。

バリ島で興味や気になるお店やスポット(やってみたいことでも可)

・ウブドにあるシルバーアクセサリーのお店『YAN YAN SILVER』に行ってみたい。
シルバー925を破格な価格で買えるのと、アクセサリーを作るワークショップも体験してみたい。
・バリ発ブランドのスキンケアやボディケア商品などを集めたい。
旅行先ではその土地で人気の香りや化粧品を集めるのが趣味なので。
・『バリジョーバー』は口コミが高く、日本人に人気ということで行ってみたい。
・スミニャックにあるインスタ映えで有名なカフェ『カインド コミュニティ』に行ってみたい。グルテンフリーのメニューもあるということで興味がある。
・お土産として本場(ウブド市場)でアタバックを沢山購入したい。

バリ島に行ってみて困った事、これがあれば事前に用意しとけばよかったとか。

・虫よけスプレー…南国ということで虫が多いので持っていた方がいい。
・ポケットティッシュ…モールなど場所によってはトイレットペーパーが完備されていない所があったので、持っていると役に立つ。
・ウーバーなどの配車アプリ…タクシーの客引きは本当に多く見極めるのは難しかったので、安全と言われている配車アプリを準備した方が良いと思う。
・ショッピングバック…別途お金がかかることが多いので持っていた方がいい。
・カーディガン…施設内外の温度差が激しいので、上着は持っていた方がいい。
・水着(ウォーターボム)…ウォーターボムで水着着用の際、金具がついている水着は禁止だったので注意が必要。

他、インドネシア、バリ島について書きたい事、いいたいこと

バリ島は一度行くともう一度行きたくなる、そのような魅力が溢れる場所だと感じた。
その魅力は日本とは異なる文化や観光スポットなど沢山あるが、実際訪れて感じたのはバリ人の「人柄」である。ホテルや観光スポットで会う人は皆笑顔で挨拶をしてくれ、おもてなしの心を感じた。他アジアの国へ旅行に行った際は、どちらかと言えば良くないおもてなしの記憶が大きかったので、驚いた。おもてなしの心を重要視する日本人にとっては、共感できる部分であり、再度バリ島に訪れたいと思う理由の一つだと感じる。
また家族で行くのと、友達と行くのではおすすめのホテルや観光場所なども異なってくる。バリ島は年齢や性別など、また旅のニーズに合わせて、あらゆる楽しみ方が出来る場所だと感じる。

 
ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王
東京支店03-3526-7085
名古屋支店052-930-5951
大阪支店06-6533-5222

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員