バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行の専門店「バリ王」

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

バリ島 バリヒンドゥー教のお寺・全ての成長ついてお祈りする「Pura Luhur Batukau」のご紹介です

投稿日:2021年01月29日(金)

バリ島にあるバリヒンドゥー教寺院の中でも、パワースポットととして密かに有名な「バトゥカウ(バトゥカル)寺院」から程近い場所にある3つのお寺、健康に関するお祈りをする寺院「Pura Luhur Tamba Waras タンボワラス寺院」、人間関係に関するお祈りをする寺院「Pura Luhur Puncak Petali」、そしてビジネスに関するお祈りをする寺院「「Pura Luhur Muncaksari ムンチャックサリ寺院」を3回に亘りご紹介させて頂きました。

今回はこの3つのお寺の中心とも言える「Pura Luhur Batukau バトゥカウ(バトゥカル)寺院」をご紹介させて頂きます。

バリに残るロンタルというヤシの葉に記された古文書の記載によると、バトゥカウ寺院は11世紀には既に存在していたとのこと。他に11世紀に存在していた寺院を調べてみると、バリヒンドゥー教の総本山と言われるブサキ寺院、天空の寺院と呼ばれるランプヤン寺院、コウモリが住んでいる洞窟で有名なゴアラワ寺院、そしてバリ島の南端を守るウルワツ寺院など、日本のガイドブックでも有名なバリヒンドゥー教寺院が同時代に存在していたそうです。

バトゥカウ寺院に祀られているのは、水を適切に使って植物を育てる神として崇拝されているラトゥ・ヒャン・トゥムウという女神様です。水を使って植物を育てることから成長の神様ともいわれ、全てにおいてご利益があると信じられていますので、パワースポットになるのも当然ですね。

バトゥカウ寺院は、長い歴史を感じされる苔むした割れ門を通ります。

20201115_160604 Lowres.jpg

 

寺院の境内に入って一番最初に目につくのが「KE BEJI ベジへ」と書かれた看板。お祈りの前のお清めをする場所への案内です。

20201115_173059 Lowres.jpg

 

ベジへ向かう途中の通路は、いつ行っても静かです。この通路、滑りやすい箇所があるので注意してくださいね。

20201115_160950 Lowres.jpg

 

通路の突き当りは大きな池になっていて、池の上にも小さなお寺があります。

20201115_161203 Lowres.jpg

 

カメラのズーム機能で拡大してみたお寺はこんな感じです。

20201115_161131 Lowres.jpg

  

こちらがベジと呼ばれるお清めの為の聖水が湧き出ている場所で、お祈りをする人だけが入ることが許される場所です。

20201115_162316 Lowres.jpg

 

ここで湧き出している聖水は、お祈りの為に使われるとても貴重な聖水とのこと。

20201115_162220 Lowres.jpg

 

10世紀、1000年以上もの年月を経た石像は、角が全て丸みを帯びています。

20201115_162153 Lowres.jpg

 

こちらがベジのお寺です。ここでもお祈りを捧げている方がいらっしゃいました。

20201115_162127 Lowres.jpg

 

さて、こちらがバトゥカウ寺院の本堂にあたる場所の手前側、参道の左右に建造されているメルです。

20201115_172737 Lowres.jpg

 

20201115_172721 Lowres.jpg

 

こちらがバトゥカウ寺院のご本尊ともいえる一番重要なお寺です。バリヒンドゥー教徒の人々はこのお寺の前でお祈りを捧げます。

20201115_172623 Lowres.jpg

 

20201115_172639 Lowres.jpg

 

お祈りを捧げた後、寺院境内を出口に向かって歩いた時に左側にある「パドマサナ」と呼ばれるバリヒンドゥー教の概念を現した石像。

20201115_172938 Lowres.jpg

パドマサナの一番上の白い部分は最高神であるサンヒャンウィディ(Sanghyang Widi)を祀っている場所で、一番下の亀(Bedawang Nala)は地球のシンボルで、亀は龍に巻き付かれています。龍が亀に巻き付いているのは、地球が動かないように押さえている為だそうです。地球が動いてしまうと地震が起きてしまう、と信じられています。

パドマサナの後ろ部分にはガルーダの石像があり、ガルーダはウィスヌ神(Wisnu)守護神の乗り物なので、ウィスヌ神は最高神サンヒャンウィディと一緒に地球上の生物が穏やかに生きていけるように地球を守っている、と考えられています。

お寺でお祈りを捧げた後、参道を通って帰る時に右手にある大きなバレには、この時期に収穫されたお米が奉納されていました。

20201115_172839 Lowres.jpg

成長を司る女神様に奉納されたお米は、お花なども添えられてとても綺麗です。

20201115_173014 Lowres.jpg

 

20201115_173003 Lowres.jpg

 

成長を司る女神様は、人間や農作物にとってとても大切な神様です。

次回バリ島にお越しになられた際には、こちらのバトゥカウ寺院を訪れてみては如何でしょうか。

静寂のなかに漂う、優しさ溢れる力強いパワーを感じ頂けることと思います。

 

 

最新の記事

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク