バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行の専門店「バリ王」

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

バリ島から日本への帰国の流れをお届けします!(10月26日時点の情報)

投稿日:2020年11月20日(金)

皆様こんにちは!
今回は10月26日に弊社の社員がバリ島よりガルーダインドネシア航空利用で日本へ一時帰国をした際の、バリ島出発から日本到着、そして、14日間の隔離期間中についての情報をご紹介します。
ガルーダインドネシア航空は現在、バリ島―日本の直行便を運休としていますので、バリ島よりジャカルタ経由で羽田へ帰国した際の情報です。

現在、ガルーダインドネシア航空を利用して、日本国籍保有者がバリ島から日本へ帰国する際に必要な書類は、医療機関が発行した「COVID-19が陰性であるという健康証明書」で、最長14日間有効の迅速抗体検査(ラピッドテスト)、または、PCR検査、どちらかの陰性結果のある英文健康証明書です。

バリ島出発の前日に迅速抗体検査(ラピッドテスト)を受け、無事に陰性結果のある健康証明書を受け取ることができました。



<バリ島出発当日>

国内線ターミナルの建物への入口で、セキュリティによるチケットの確認があります。2.jpg



建物に入ると、まずは、COVID-19の陰性証明書のチェックカウンターがあり、ここでCOVID-19の陰性証明書の原本を確認され、確認済みのスタンプを押してもらいました。
3.jpg


カウンターには透明のアクリル板が設置され、スタッフの方マスクやフェイスシールド、ヘアキャップ、手袋使用で対応していました。


この辺りにサーモグラフィーがあり、自動で体温チェックが行われていました。
その後、荷物のX線検査を通過し、チェックインカウンターへ。4.jpg

チェックインカウンターでは、パスポート、Eチケット、先ほど確認済みのスタンプを押してもらった陰性証明書を出し、チェックインの手続きをしました。各カウンターには、アクリル板が設置されていて、チェックインカウンターのスタッフさんもマスクと手袋着用で対応していました。


出発ゲートは2階にあり、2階へ上る前にセキュリティチェック・荷物検査を通過します。
出発フロアにあるお土産店やカフェ等のお店は7割ほどはオープンしていて、空港利用客も予想よりも多く感じました。