バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行専門店「バリ王」

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

バリ島の道路沿いにある、完全にローカル専用のコンビニのようなお店

投稿日:2019年07月12日(金)

バリ島で車に乗っている時に、ふと窓の外を見て、

何故か道路沿いにカラフルなパラソルが立っているのを見掛けた方は多い事でしょう。

私もどんなものか知るまでは、道路沿いのパラソルが不思議でたまりませんでした。。。

20190626_095956 lowres.jpg

 

実は、このパラソルの下で完全なローカルだけが利用する

お弁当やお菓子などが売られているんです。

パラソルは目印であると共に、売り子であるおばさんやおじさんの日除けになっています。

 

どんなものが売られているかと言うと・・・

食べやすくカットされた果物(スイカ、パパイヤ、メロン)とか、

ちょっと小腹が空いた時に食べるお菓子とか、揚げせんべいとかです。

20190623_121803 Lowres.jpg

 

本物のバナナの葉っぱの包みは「ナシジンゴ」と呼ばれています。

実は、この包みの中身はおかずの入ったご飯なんです。

20190623_121839 Lowres.jpg

 

つまようじで留められているバナナの葉の包みを開くと・・・

こんな風におかずとご飯の間にもバナナの葉っぱの仕切りが入っているんですよ。

20190623_122114 Lowres.jpg

 

ご飯と一緒に入っているおかずは、豚肉の炒め物一切れと卵焼き一切れ、具の無い焼きそば、

そしてバリ料理には欠かない香辛料のサンバル。

 

食べる時には間に入っている仕切りの葉っぱは取り除きます。

仕切りを取り除くとこんな感じ。。。

20190623_122127 Lowres.jpg

 

この「ナシジンゴ」はご飯の量もおかずも沢山あるわけではないですが、

ローカルの人達の食事として売られています。

 

...はい。私も朝ご飯の代わりに一食食べました。

そして、夕方からお腹を壊しました。。。とほほ。

 

在住の長い私でも、ナシジンゴを食べてお腹を壊す確率は五分五分。

限られた時間でバリ島に遊びに来ている皆様にはぜーったいにお勧めしません。

 

道路沿いにカラフルなパラソルを見掛けたら、

「あそこではローカルの人が買うご飯やお菓子が売られているんだなぁ」と思って頂くだけで十分です。

決して売られている物にチャレンジしようとは思わないでくださいね。。。

  

 

 

最新の記事

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク