バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行の専門店「バリ王」

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

バリ島 夜のプティテンゲット通り・真ん中辺りから海に向かう方向をお散歩してみました。

投稿日:2017年08月25日(金)

皆さん、こんにちは。 バリニー王の嫁、キタです。

 

さて、皆さんが思い描くバリ島の夜はどんなイメージでしょうか?

 

今回は、実録レポで、夜のプティテンゲット通りをお届け致します。

 

プティテンゲット通りには、バリ王でも人気の落ち着いてお洒落なヴィラ「ザ・カヤナ」や、

ヒップな雰囲気がバリの中でも異彩なホテル「W ダブリューリトリート」、

そして、洗練された都会的な大人のリゾート「アリラスミニャック」も、

ここ、プティテンゲット通りにあります。

 

信号のある交差点から入って、プティテンゲット通りを行くと、

最初に出会うのは個性的な沢山のレストランやカフェ。

 

この界隈のレストランやカフェは最近とっても増えているいのですが、

果たして生き残るのはこのうち何件なのか。。。

そんなことを考えながら、今回歩くのは中間地点から海側に向かった、

レストラン以外のブティックなどで賑わう場所です。

 

ダブリューリトリートとカヤナに続く左カーブの手前にあるのが、

「メラプティ」という名前のお洒落なインドネシア料理レストラン。

 

まるでクリスマスのようなイルミネーションで目立っていました。

このレストランは大体5年位経っていますが、

特にディナーは予約をしないと入れないほど、人気のあるレストランです。

20170817_200759.jpg

  

このメラプティの斜向かいにあるのが、「ボニータレストラン」。

このレストランはこの界隈では老舗といって良いガーデンレストラン。

20170817_200844.jpg

  

入り口は普通のカフェのような雰囲気ですが、

中に入ると真っ赤なテーブルクロスやネオンなど、カラフルな色が溢れています。

女性のお客様の姿もありますが、このレストランの客層は圧倒的に男性が多いようです。

20170817_200903.jpg

  

ゆるやかな左カーブの先に、ダブリューの看板が見えてきました。

20170817_201013.jpg

ダブリューの入り口手前には、ケータリングカンパニーのデリがあります。

 

もう少し進むと、ザ・カヤナの看板が見えます。 その後ろにダブリューの看板。

そうなんです。カヤナの真隣の路地は、ダブリューへの専用アクセスになっているんです。

20170817_201207.jpg

 

ザ・カヤナを表通りから見たところ。。。 車寄せに並んだ樹木のライトアップがとても神秘的。

20170817_201317.jpg

  

神秘的な光を放っているカヤナを通り過ぎます。

街灯ではなく各店舗から洩れる明かりで照らされている夜道ですが、

足元が見えないほど暗くはありません。

20170817_201357.jpg

  

カヤナを過ぎて左手にあったブティック。

左側のガラス張りのお店はカフェのようです。

「食う、寝る、コーヒー、 繰り返し」 読んで思わずクスッと笑ってしまいました。

20170817_201408.jpg

  

「ナム」という名前のこのブティック。

入れ替わりの激しいこの地区でもう7~8年くらい続いています。

日本でも着られそうな、シンプルですがちょっとだけ遊びのある洋服です。

20170817_201519.jpg

 

20170817_201543.jpg

 

「ナム」のとなりに新しいブティックがオープンしていました。

リゾート感溢れるカジュアルな洋服が沢山ありそうですね。

20170817_201617.jpg

 

お店の看板を乗せたベチャが置かれていました。 (ベチャはインドネシアの人力車のことです)

ノスタルジックな雰囲気。インスタ用の写真が撮れそう。。。

20170817_201632.jpg

 

少し歩くと、新しく出来ていた薬局「ガーディアン」と、コンビ二の「Mマート」。

オレンジ色の薬局「ガーディアン」は、ここ最近どんどん増えているんです。

純粋な薬局というよりは、どちらかというとマツキヨ的なお店で、

薬もありますが、コスメなどの化粧雑貨系を多く取り扱っています。

20170817_201835.jpg

 

ポテトヘッドの看板が新しくなって、お洒落になりました! びっくり。

20170817_201940.jpg

 

20170817_202011.jpg 20170817_202038.jpg

表通りからポテトヘッドからに続く小道をテクテクと歩いて行く外国人旅行者。

  

ポテトヘッドの斜向かいには、サーフショップ、リップカールのお店。

こうして時々店舗前にワゴンを出してスペシャルセールをやっています。

20170817_202124.jpg

  

ココだけバリではない別の町のような、賑やかな雰囲気。

ホテルの入り口ですが、お客さんの姿は見当たりません。

20170817_202145.jpg

 

20170817_202216.jpg

派手なので、待ち合わせには良さそうですが、ちょっと恥ずかしいかな。。。

  

「TIIGO」という名前の新しいレストランが出来ていました。

20170817_202242.jpg

メニューは小皿料理のタパスがメインのようでした。明るくて入り易そうな雰囲気。

  

レストランの向かい側にあるのが、ここ、プティテンゲットで一番古い家具屋さん。

この場所にオープンしてから18年位になるお店です。

700㎡、約221坪もの広さがあるショールームには、色々な家具やインテリア雑貨が置かれています。

20170817_202322.jpg

 

20170817_202336.jpg

インテリアが好きな方は、昼間の営業時間中の覗いて見てくださいね。

 

20170817_202528.jpg

「バイ・ザ・シー」という名前のブティック。

バリ島に似合うリゾートカジュアルがメインで、メンズとレディースの両方あります。

本店はクタにありますが、ホテルのブティックにも入っている優等生的なお店です。

 

「バイ・ザ・シー」の隣のブティックも明るくて人目を引いていましたが、

リゾートウェアというより、お洒落なファッションブティックです。

20170817_202733.jpg

 

一昔前は、バリ島で購入したリゾート服は色もデザインも独得なものが多くて、

自国に帰ってからは着られなさそうなものも多かったですが、

今はそんなことは無く、バリ島での思い出が一杯詰まった素敵な洋服が沢山あります。

ただ、値段は決して安くないので、ブティックでタグを見て驚かないで下さいね(笑)。

  

洗練された綺麗なお店の斜向かいには、

裸電球が光る昔ながらの道端商店がズラッと並んでいました。

売っているものはどのお店も似たり寄ったり。

昔から続くこういう光景も、バリらしくて大好きです。

20170817_202620.jpg

 

プティテンゲット通りの海に近い側の賑やかな場所は大体こんな感じです。

このまま道に沿って歩いて行くと、アリラスミニャックやサマヤ、レギャンなどがあります。

 

海から離れる方向に進むと、沢山のレストランがありますので、

それはまたいずれ。。。

 

 

最新の記事

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク