バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行の専門店「バリ王」

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

バリ島 インドネシアの女性用正装クバヤ。クタでクバヤの既製品が買えるお店をご紹介します。

投稿日:2016年08月22日(月)

皆さん、こんにちは。 バリニー王の嫁、キタです。

 

さて、バリ島で正装した美しい女性の着ているクバヤ。

体にぴったり合っているのに、老若を問わず、痩せていても、ぽっちゃりでも、

クバヤを着ている女性はみんな綺麗に見えるから不思議。

女性だったら「綺麗なクバヤを着てみたいな~」と思ってしまいますよね。

 

バリ島の女性を美しく見せてくれるクバヤは、

バリヒンズー教のお祈りの時に着用するシンプルなものと、

正装として、結婚式などの場に着て行く装飾性の高いものとの

大きくふたつに分けられる、と言って良いでしょう。

バリ島以外の島の女性、バリヒンズー教以外の女性にとってのクバヤは、

お祈りの為に着用する事は無いので、正装としての着用が基本です。

 

バリ人の女性が着るクバヤは、バリならではのデザインを持っていて、

バリのクバヤの特徴は、胸からウエストに掛けて、

前身頃の中心に別布を取り付けたデザインです。

DSC06485.jpg
 

一方、バリ島以外の島、例えばジャワ島の女性が着るジャワスタイルと呼ばれるクバヤは、

宗教上肌が見えないデザインにする必要があるからなのか、

体の真ん中でピッタリと閉じるデザインで、身丈もバリに比べて長めです。

20160809_201456.jpg

 

時代の変化と共に、クバヤも少しずつ変化して、

今ではバリスタイル、ジャワスタイルに囚われず、

双方の良いところがミックスしたクバヤが多くなり、女性の美しさを一層引き立てています。

 

クバヤは個人のサイズに合わせたオーダーメイドが基本。

好みの生地を持ち込んで、テーラーで採寸して作ってもらうので、

どうしても1着が出来上がるまでに時間が掛かってしまいます。

その為、短期の旅行者がクバヤを手に入れようと思ったら、

既製品のお店で探すしかないのですが、

既製品を売っているお店はほとんどがデンパサールにある為、

旅行中の限られた時間内ではデンパサールに行くのすら時間的に難しい。。。

 

そんな中、クタ地区で既製品のクバヤを売っている素敵なお店を見つけましたので、

みなさんにご紹介したいと思います。

 

お店の場所はクタ地区のイマンボンジョール通りのある「バリカラー」。

バリベーカリーと言う名前の、昔からあるパン屋さん兼カフェの斜め前です。

ガイドブックにも載っている、日本食のスーパーマーケット・パパイヤからもほど近い場所です。

 

20160808_202225.jpg

お店の上に立っている看板が目印。 「RUMAH KEBAYA」を直訳すると「クバヤの家」。

 

20160809_201423.jpg

お店の大通りに面した一面がガラス張りになっていて、クバヤを着たマネキンが並んでいます。

 

20160808_202004.jpg

ズラッとならんだクバヤの数々。

繊細でカラフルなうえ、刺繍や、ビーズなどの手作業の装飾が施されて、

手にとって見ているだけでうっとりしてしまいす。

 

20160809_201639.jpg

カラフルなクバヤは、XS、S、M、L、XL と各サイズが揃っています。

(デザインや在庫の状況によっては揃っていないサイズもありますので予めご了承下さい)

 

20160808_202017.jpg

白地と黄色地はバリヒンズー教のお祈りの為にも着用出来ますが、

カラフルで装飾が付いたクバヤは、主に結婚式等に出席するおしゃれ用として着用するものです。

 

20160808_202027.jpg
 
豪華なレース刺繍生地を使ったものは高価になり、1万円くらいします。
 
 
20160808_202132.jpg

 

クバヤを着用する時に合わせるのがサロン(腰に巻く一枚布)と、

ウエストに閉めるスレンダン(スカーフのような生地でウエストに絞めるもの)もお店に揃えてあります。

20160808_202121.jpg

 

このお店では、まず自分の体型に合ったサイズを選んで、試着してみて下さい。

試着して、腕周りやウエスト、ヒップなど、必要な部分を微調整をして貰い、

自分の体に合ったジャストサイズに仕上げてもらいます。

元のクバヤをお直ししてサイズを調整する場合は、別料金が必要になります。

 

体型によっては、まったくサイズ直しをしなくても良い場合もありますので、

そんな方はとってもラッキーですね。

 

20160808_202037.jpg

お気に入りの形とサイズが分かったら、

自分の好きなデザインを選んで、生地から作って貰う事も可能。

但し、クバヤは縫製に時間が掛かるので、日程に余裕のある場合のみにしましょう。

 

このバリカラーのお店で売られているクバヤの値段は、

日本円にして約3,000円くらいから高いものでも1万円強くらいまで。(2016年8月9日現在)

日本でちょっとしたブラウスを1枚買う位の値段と同じです。

特注で作ったり、既製品でも豪華なクバヤになると、日本円にして1着何万円もするものもあります。

お洒落にお金を使うのは、世界各国共通なんですね。

 

日本に帰ってからも、お洒落したい時に着ていけそうな綺麗で繊細なクバヤ。

女性を美しく見せてくれるインドネシアならではの1枚を、ご自身へのお土産に如何でしょうか。

  

 

  



最新の記事

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク