バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行の専門店「バリ王」

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

バリ島を代表するコーヒー、「クプクプ・ボラ・ドゥニア」の工場見学に行ってきました!!!

投稿日:2016年04月01日(金)

皆さん、こんにちは。 バリニー王の嫁、キタです。
 
 
さて、バリ島と言えば『バリコーヒー』が有名。
 
コーヒー好きの方や、バリ通の皆さんは既にご存知だと思います。 
  
コーヒー豆をパウダー状になるまで細かく挽いてカップの中に入れ、
 
お湯とかき混ぜた後、コーヒーのパウダーがカップの底に沈殿するまで待つ、という
 
独特なスタイルの飲み方のコーヒーです。
 
 
このバリコーヒーの中でも特に有名でバリ人に好まれているブランドが
 
今日ご紹介する「クプクプ・ボラ・ドゥニア」。
 
地球儀(インドネシア語でボラ・ドゥニア)の上に、
 
蝶(インドネシア語でクプクプ)のイラストが描かれているブランドです。
 
 
この「クプクプ・ボラ・ドゥニア」の工場が、空港から遠くない場所にある、と聞き、
 
早速出掛けて見ましたのでご紹介したいと思います。
 
 
工場の入り口は、こんな感じ。 シンプルな普通の工場。

敷地内はきちんと清掃が行き届いていました。
 
DSC01314.jpg

DSC01302.jpg

DSC01303.jpg

中国の伝説を元に作られた映画に登場する武士のような、甲冑を着た男性の像が二体。

「コーヒーと関係があるの?」と聞いてみたら、

「特に関係は無いんですが・・・。社長の趣味なんです」との事でした。

 

コーヒー工場の見学は、コーヒーについての説明から始まります。

敷地内を案内しながら、お客様に説明してくれる女性スタッフの話を聞きました。

DSC01304.jpg

「インドネシアのコーヒー豆は、"ロブスタ" と "アラビカ" の2種類しかありません。

インドネシアの島の名前の付いたコーヒー、例えば「トラジャコーヒー」と呼ばれるのは、

 トラジャ島で取れたコーヒー豆を使ったコーヒーの事なんですよ。」

DSC01305.jpg

「ロブスタの木がこちら。アラビカに比べて葉が大きいのが特徴です。

ロブスタは、カフェインが高く3~5%位あって、苦味のあるコーヒーになります。」

 

DSC01306.jpg

「アラビカの木がこちら。 葉は小さめです。 アラビカはカフェインが0.1~1% と低く、

 酸味のあるコーヒーになります。」

 

コーヒーの木の間に置かれた飼育小屋の中に、ルアック(ジャコウネコ)が居ました。

「有名になったルアックコーヒーは、このルアックが食べて排泄した排泄物から

 コーヒー豆だけを取り出して作られます。」

DSC01309.jpg DSC01310.jpg

(このブログをご愛読して下さっている皆様、以前このブログでタナロット寺院近くの

 ルアック専門のコーヒー屋さんで飼育されていたルアック達を覚えていらっしゃいますか?

 あの狸のように太ったルアックとは、顔つきが全然違うのでビックリしました。こちらが野生に近い顔なのでしょうね・・・?)

 

DSC01311.jpg

こちらがルアックコーヒーになる豆。

向って左側が加工前で、右が加工後。加工した後の豆もまだ薄皮が残った状態なので、

「排泄物と言っても、衛生的に問題はありませんので安心して下さいね」との事。

 

DSC01315.jpg

女性スタッフの後に続いて、工場の中に入ります。

コーヒー豆が入った袋が積み上げられていましたが、コーヒーの香りはしません。

 

DSC01316.jpg

コーヒー豆。 左からロブスタ、アラビカ、ピアベリー。

DSC01318.jpg

ピアベリーと言うのは、コーヒー豆の「雄豆」だそうです。

1本の木から、たった5%しか取れない貴重な豆なんだとか。

「コーヒーにすると、味も香りも全然違うんですよ」・・・そんなモンかなぁ、とこの時点では半信半疑。

普通の豆は、薄皮を剥がすと一粒がパカッとふたつに分かれるのに対し(ピーナッツみたいに)、

雄豆は一粒がそのまま一個の豆なのです。

 

DSC01317.jpg

コーヒー豆を置いてある場所には、昔工場で使われていたと言う道具も展示されています。

DSC01319.jpg DSC01320.jpg
 
 
DSC01321.jpg

さらにコーヒー豆が積まれた倉庫の中を進んでいきます。

  

DSC01328.jpg

これはコーヒー豆を焙煎する為の機械。 ブラジルの機械だそうです。

15分間で240キログラムの豆を焙煎出来るんですって。 かなりの量ですね。

DSC01329.jpg DSC01330.jpg

焙煎された豆は上から出て来てこの大きなバケツに落ちてきます。

「食べて見て下さい」と言って、女性スタッフが出てきたばかりのアラビカ豆を2個分けてくれました。

1個は普通の豆、1個は貴重な雄豆。。。

カリカリっと、煎りたての香ばしい豆をその場で食べてみると・・・ 味が全然違うのでビックリ。

雄豆の方が断然味が濃い! 豆の状態でこの違いには驚きました。

 

DSC01332.jpg DSC01331.jpg

焙煎された豆は、この機械を通ってパウダー状になります。

パウダーが入ったところの蓋を開けると、香ばしいコーヒーの香りが辺りに広がります。

 

DSC01335.jpg DSC01336.jpg

こちらは、焙煎された豆を手作業で選り分けているところです。

お母さん達が黙々と仕事をしていました。

宝石でも、コーヒー豆でも、良いモノを選り分けるのはやっぱり人の目と手、なんですね。。。

 

ここで選り分けられた品質の良くない豆は、一般の商店などで売られるそうですが、

品質の良いものはバリコーヒーとして市場に出回る他に、海外へも輸出されるのですって。 

一番の輸出先はグアムだそうです。

 

DSC01337.jpg DSC01338.jpg

こちらの部屋ではコーヒーの包装が行なわれていました。

日本のように、完全自動の包装機械か?と思っていたら、ここでは手作業でした。

 

DSC01341.jpg DSC01346.jpg

包装室の見学を終えると、ギャラリーのような場所がありました。

「ここに展示されている絵は、コーヒーの粉を使って描かれているんですよ」との事。

バリコーヒーの沈殿したものを、絵の具の代わりに使っているのだそうです。

絵心のある方、バリコーヒーは飲むだけでなく、絵の画材としても利用出来ますよ~!!

 

DSC01347.jpg DSC01348.jpg

ギャラリーには、コーヒーにまつわる物が置かれています。

(コーヒーと全く関係のない、オーナー自信のプライベートコレクションも置かれています)

 

DSC01350.jpg

ギャラリーを通り抜けると、こんな休憩スペースに通されました。

DSC01362.jpg

 

先程からずっと説明してくれた女性スタッフが、3種類のコーヒーを持って来てくれました。

DSC01353.jpg

左から、アイスコーヒーにしたバリコーヒーと、普通のバリコーヒー。

右は雄豆のコーヒー。 「どうぞ飲み比べてみて下さい」

 

まず、普通のコーヒーから作ったアイスコーヒーを飲んでみます。

お砂糖とミルクが入った普通のアイスコーヒーでした。

「バリコーヒーで作ったアイスコーヒーも美味しいなぁ」と感じました。

普通のコーヒーも、飲み慣れた、いつものバリコーヒーと変わりません。

 

がしかし、その後に飲んだ雄豆のコーヒーは、やはり普通のコーヒーに比べると別格でした。

香りも高く、普通のコーヒーに比べると味が濃い、というか、深みがある、というべきか。

「コーヒーの好きな方はこちらを選ばれます」の言葉に納得。

  

残念ながら試飲はさせて貰えませんでしたが、こちらが本物のルアックコーヒー。

これは100グラムの豆とキーホルダーがセットになったもの。

飼育したルアックではなく、野生のルアックから採れたコーヒー豆を使っているそうです。

DSC01355.jpg

「本物のルアックコーヒーという証明書もあるんですよ」と、見せてくれたのがこの証明書。

DSC01357.jpg

100グラムの豆から、エスプレッソマシーンで約8杯分のコーヒーになるそうです。

因みにお値段は100グラムの豆で150ドル。 高級なコーヒーですね・・・。

(料金は2016年3月時点。今後変更する場合もありますので予めご了承下さい)

 

DSC01360.jpg

さすがに試飲無しで150ドルのコーヒーには手が出ませんでしたが、

雄豆のコーヒーを購入しました。

雄豆のコーヒーは1箱230グラムのパウダー入りが5箱入って70ドルとの事。

「5箱は要らないなぁ」とお願いしたら、「雄豆は1箱でも良いですよ」と1箱14ドルで購入出来ました。

因みに、普通の豆は1袋200グラムのパウダー入りが6箱入って60ドルで販売されています。

普通の豆は5箱セット販売なので、バラ売りはしないそうです。

 

自宅に帰って、早速雄豆のコーヒーを楽しみました。

漆黒の液体は、香りが高く、しっかりとした味わい。

暑くてぐったりしていた気持ちが、このコーヒーのお陰で少し和らぐような気になるから不思議です。

 

コーヒー好きの皆さんも、コーヒーが好きな方へのお土産にも、

ありきたりにスーパーの棚から選んで買うバリコーヒーではなく、

工場見学をした思い出も一緒にお土産話に出来る、

クプクプ・ボラ・ドゥニアのバリコーヒーをお土産にしてみては如何でしょうか。

 

今日ご紹介したコーヒー工場の見学には、

安心で安全な、バリ王の「日本語ガイド付き専用車チャーター」をご利用下さいね。

 

 

最新の記事

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク