1. ホーム  > 
  2. バリ島基本情報  > 
  3. 旅の準備  > 
  4. バリ島滞在のご案内
バリ島滞在のご案内 バリ島滞在中の気になること、よくある質問をまとめました。

バリ島滞在のご案内

両替

両替は空港、ホテル、街の両替所でできます。日本の空港でもルピアへの両替はできますが、ルピアの流通量が少ないためレートが悪いのでおすすめしません。
また、街中の両替所には実際の金額よりも少ない金額を渡したりするお店や悪徳なお店がたくさんあります。「バリ王」のお客様専用パラダイス・バリ・ラウンジでは、空港より良いレートにて両替をお受けしております。ライセンスを取得した正規両替店ですので、安心・安全に両替していただけます。

クレジットカード

ホテルや観光客向けのレストランやカフェ、ショッピングモールでは、クレジットカードでの決済が可能なところがほとんどです。使えるカードの種類は、VISA、MASTERカードが主流で、JCBは使えるところが限られます。
また、市場や個人商店、小さなスーパーマーケット等ではクレジットカードに対応していないお店が多く、キャッシュ(現金)払いのみとなります。お店によって使えるクレジットカードが異なりますので、お買い物の前に使用できるカードをお店におたずねください。
ご利用の際は、数%の銀行手数料が加算される場合があります。また、バリ島ではインドネシアルピア(Rp)でのレシート表示になり、後日、日本で請求される金額は換算レートにより変わってきます。(詳細は各カード会社にお問い合わせください)

チップ

バリ島ではチップを必ず渡さなければならない、という決まりはありませんが、いいサービスをしてもらった時や、ホテルで荷物を運んでもらったりルームサービスを頼んだりと、特別に何かをお願いしたときに渡すとスマートです。また、枕銭などは1部屋10,000〜20,000ルピア を目安にされるとよいでしょう。

デポジット

ほとんどのホテルで、チェックインの際にデポジット(保証金)として現金、またはクレジットカードの提示を求められることがあります。これは宿泊代に含まれない、滞在中の飲食等の未払いを防ぐためのものです。滞在中にお部屋付けにした分はチェックアウト時に精算となり、未使用分は返金されます。
100ドル以上のデポジットが求められることがほとんどですので、クレジットカードをお持ちいただくのがおすすめですが、デポジットとして仮押さえをされたことによりカードの利用限度額がギリギリになってしまい、滞在中にカードが使えない、ということもありますので、クレジットカードの利用限度額にも注意が必要です。

交通事情・移動方法

バリ島では日本のように電車等の公共交通機関が発達していないので、地元の人々の島内の移動は車やバイクとなります。バリ島は祭礼による交通渋滞や、駐車違反、車やバイクの保有率増加による渋滞が多く、また交通ルールやマナーも日本と異なります。
インドネシアはジュネーブ条約に加盟していないため日本の国際免許は使えませんので、レンタルバイクやレンタカーのご利用は一切できません。シャトルバスもありますが、時間が決められていたりルートが決まっていたりと自由に行きたいところに行けないことも。
自由に、そして、安全に観光や買い物を楽しむには「バリ王」現地会社パラダイス・バリ・ツアーズの「ガイド付き専用車チャーター(有料)」のご利用が便利です。

タクシー

タクシーは水色の車体の「BLUE BIRD TAXI」が安心といわれています。BLUE BIRD TAXIは街中でひろうこともできますし、ホテルのロビーやレストラン等でもお願いして呼んでもらうこともできます。(場所によっては、BLUE BIRD TAXIのようなメータータクシーの乗り入れが禁止されていて呼ぶことが出来ないエリアもあります)近年、BLUE BIRD TAXIによく似せた車体のタクシーが増えていますので、利用の際は注意が必要です。
また、タクシーの中に忘れものをしてしまった場合に備えて、タクシーの会社名、車番(車の各所に大きく書かれています)を覚えておくことをおすすめします。値段交歩の必要なタクシー(白タクと呼ばれる個人タクシー)に乗らなければならない事が発生しましたら、支払いのトラブルを防ぐために乗車前に必ず料金を確定させてからご利用ください。

飲料水

バリ島の水道水は飲むことができませんので、飲料水はミネラルウォーターをご利用ください。

トイレ事情

観光客向けのホテルやショッピングモール等では洋式のトイレが設置されているところがほとんどですが、日本のようにウォシュレットがあるところは高級ホテルでもほとんどありません。
また、ローカル向けのワルン(食堂)や寺院等では洋式ではなく、和式トイレのような手桶式のトイレもまだあります。現地の人はトイレットペーパーを使わずに水で洗い流す人が多いので、地元の人が多く訪れる場所ではトイレットペーパーが無いところもたくさんあります。念のためポケットティッシュをお持ちいただくことをおすすめします。

街中でのトラブル

街中では、スリやひったくり、置き引き、お金見せて詐欺、スキミング、麻薬犯罪等が現実に発生しています。外出中もホテル内でも、財布、携帯電話、カメラ、時計、バック等貴重品は、ご自身の責任にて管理してください。
また、海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせて情報収集や安全対策等に努めてください。(外務省 海外安全ホームページより)
在デンパサール日本国総領事館のホームぺージで、最新情報をご確認いただけます。

貴重品の管理

外出の際は必要最低限のものだけを持って出かけるようにし、パスポートや必要以外の現金やカード類は持ち歩かずに、ホテルのお部屋のセーフティボックスを利用しましょう。

オプショナルツアーについて

オプショナルツアーのお申込みは、ご出発前に日本申込みと支払いが出来る「バリ王」のオプショナルツアーをおすすめします。「バリ王」のオプショナルツアー中にケガなどのトラブルや事故があった場合、日本語ガイド、または、日本人スタッフがアフターケアを致しますので安心です。
他社のツアーをお申込みされる際は保険加入されているか、日本語でアフターケアをしてくれるかご確認の上、ご自身の責任でお申込み下さい。インターネット等でお客様ご自身で契約された他社オプショナルツアーの予約確認、変更等はパラダイス・バリ・ツアーズ、および、担当ガイドでは一切お受けできませんので、予めご了承ください。

「バリ王」のオプショナルツアーは、現地到着後でもお申込みが可能です。担当ガイド、または、日本語ダイヤルへお申込みください。なお、体調の不良等の理由であっても、キャンセルの際には規定のキャンセル料金がかかります。予めご了承ください。

オプショナルツアー取消料(日本申込みの場合)

2020年10月1日〜2021年3月31日の期間に適用されます。

取消料規定 お客様都合(体調不良も含む)による取り消しの場合の取消料
ご予約完了後 全額 日帰り世界遺産ボロブドゥールツアー(JBP)
ビーチDEランチ(TCL)及び追加するオプショナル代金
PADIオープンウォーターダイバー(TE11)、PADIアドバンスドオープンウォーター(TE12)
現地申し込みオプショナル
日本ご出発30日前から全額 デイユースパッケージ(エレファントサファリロッジ)
デイユーススパパッケージ (カユマニス系ホテル)
★日本お申込限定キャンペーン★ 日本語ガイドと専用車チャーター(3時間)
その他期間限定キャンペーン
日本ご出発20日前から全額 お部屋ご利用のさよならパッケージ(サダラブティックビーチリゾート、リサタバリ、フェイブホテルクタカルティカプラザ、ビンタンバリリゾート、インターコンチネンタルバリ)
日本ご出発5日前から全額 上記以外のオプショナル ※ウェディング、ホテルの関わるものについては、各ページの取消料をご確認ください。

買い物について

インドネシアの法律で、インドネシア国内での支払いはルピアを使うことになっています。ルピアは日本円と比べ桁が多いので、お金の単位を間違えないように注意が必要です。桁を間違えて損をしちゃった!ということにならないように、お買い物の際は金額をしっかり確認し、おつりもその場でご自身でご確認ください。
また、コンビニなどでは細かい料金設定になっているにも関わらず、500ルピア以下のおつりの用意がないことがあります。その場合は細かいおつりが返ってこないことも。

免税店

バリ島には空港内と市内の2か所にあります。市内にある「Tギャラリア 」では、お買い物の際受付にてショッピングカードの発行が必要です。ショッピングカードの発行には、パスポート番号と帰国便のフライト情報(便名や日にち)が必要となりますので、パスポートのコピーやEチケットの控えをご用意ください。
免税品は全て空港内(出国審査後)でのお渡しとなります。領収書(引換券)は受取りの際に必要となりますので、スーツケース等の預け荷物には入れずに必ずお手元に保管してください。

短い滞在で賢くお土産を買うには

大型ショッピングモールやクタ&レギャン周辺にあるお土産専門店がオススメ!個人店と違い、大量に仕入れをしているのでお値段がリーズナブル!会社の同僚や友達に同じお土産を沢山購入したい方にはオススメです。

バリ島の伝統工芸品を購入したい

バリ島を思う存分味わいたい方は、ウブド王宮前のパサールウブド(市場)がオススメ!
所狭しとバリ雑貨や民芸品、絵画や洋服、食材などが並んでいて、散策するだけでも楽しめます。値札が付いていませんので、お店のおばちゃんやお姉さんと料金交渉を楽しんで戦利品を見つけてください。
初めての方は相場を知るために、パサールウブドへ行く前にスーパーなどで相場を確かめてから行くと安心です。

バリ島の民芸品やバリ絵画を買いたい

バリ島と言えば木彫りの"バリネコ"が有名ですが、その他にも手先の器用なバリ人の作製する石彫り、アタ製品、バティックが有名です。また、バリ絵画は芸術作品として世界的にも評価が高く、高額なものも多くあります。芸術の村ウブドを中心に、"木彫りの町マス"、"石彫りのバトゥブラン"、"アタ製品のアシタバ工房"、"バティックのトパティ"、"バリ絵画のウブド" と集中しています。
直接工房に行って購入すると掘り出し物があってオススメです!

お洒落なお店で買い物がしたい

人気は、スミニャック&クロボガンエリアのショッピングストリート!スミニャック通りや、カユアヤ通り(旧:オベロイ通り)は、欧米人や日本人がオーナーのオシャレなお店やインテリア店が多く、デザインも洗練されています。近年はチャングー地区も人気。欧米人オーナーのインテリア店や、お洒落な雑貨やアクセサリー、小物類のお店が集まる人気のマーケットなど、大注目のエリアです。
また、ウブド地区はモンキーフォレスト通り、デウィ・シタ通り、ハノマン通りがオススメ!世界各地のヒーラーやナチュラリストに愛されているウブドならではの、オーガニックやナチュラルコスメ、人気の石鹸やお香のお店などが人気です。

銀細工やアクセサリーショップに行きたい

バリ島はシルバー製品が驚くほどリーズナブルに購入できます!ガムランボールをはじめ、ピアスやネックレス、指輪などのアクセサリーが人気。デンパサール〜チュルク〜ウブド周辺に工房兼ショップがありますので、実際に手にとってお気に入りを探してください。時間が無い方には、スミニャックやウブドなどの人気アクセサリーショップがオススメ!

バリ島の有名な陶器を買うなら

世界中にファンがいる"ジェンガラ・ケラミック"!バリ島内の高級リゾートやレストランでも使用されている、世界的に有名な陶器店です。ジンバラン本店には併設のアートギャラリーやカフェテリアがあり、ご希望の方は絵付け体験もできます。
ジンバラン本店の他にサヌールにも店舗があり、また、クタにあるアウトレットショップは人気が高く、掘り出し物や1点もの目当ての観光客で賑わっています。

荷物の別送

近年アジア雑貨のまとめ買いを目的とされるご旅行の方がいらっしゃいますが、荷物の別送等のサービスはパラダイスバリツアーズではおこなっておりません。商品のご購入時に、その場で各店へご依頼ください。発送後の進捗確認、交渉等はお受けしておりません。
また、お土産物の送付などは、ご滞在のホテルでもご相談を受け付けています。

物売り対策

ビーチや観光地には物売りがいることがあります。中にはしつこく声をかけてくる人たちもいますが、いらない場合ははっきり「NO」または「無視」を!「いりません」と言うと余計にからまれることもありますので、無視するのも有効な手段です。はっきりと意思をお示しください。

インドネシア、バリ島にご友人をお持ちの方へ

ガイドの携帯電話を通じて、ご友人等と連絡を取らせることはおやめください。(ミスコミュニケーションの元となります)
ホテルのお部屋からお掛けになるか、パラダイス・バリ・ツアーズ貸し出しのレンタル携帯電話(有料・要事前予約)をご利用ください。パラダイス・バリ・ツアーズを通さず、お客様ご自身で契約、ご購入されたオプショナルツアー、フライト等の予約確認、変更等のご依頼もお受けできません。予めご了承ください。

病気・ケガをしたら

海外旅行中は、慣れない土地、慣れない食事と普段と違う生活で、気付かないうちに疲れがたまり、体調を崩しがち。体調が悪いと思ったら我慢をせず、すぐにホテルのスタッフ、パラダイス・バリ・ツアーズの担当ガイド、24時間日本語ダイヤルにご相談ください。
海外旅行保険の提携病院はキャッシュレスで受診できる場合がほとんどです。なお、海外旅行保険に加入している場合でも、現金での支払いが必要となることがあります。その場合は、診断書と領収書は保管して、ご帰国後、お客様ご自身で保険会社にご相談ください。 また、海外旅行保険証券は保険に入っていることを証明する大切な書類です。旅行中は常に持ち歩くようにしてください。

バリ島病院リスト

◎BIMC(バリ インターナショナル メディカルセンター) (24時間)
【クタ】TEL.0361-761263
【ヌサドゥア】TEL.0361-3000911
【ウブド】TEL.0361-209163

◎SURYA HUSADHA HOSPITAL(スルヤフサダホスピタル)(24時間)
【デンパサール】TEL.0361-233787
【ヌサドゥア】TEL.0361-775827

◎KASIH IBU HOSPITAL(カシイブ病院)(24時間)
【デンパサール】TEL.0361-3003030

◎ウブドクリニック(24H)
【ウブド】TEL.0361-974911

お忘れ物はありませんか?

お立ち寄り先、ホテル、お部屋に忘れ物はございませんか?携帯電話や、日本の自宅・車の鍵等の忘れ物が多くなっております。
無くされた場合、捜索は極力お手伝いいたしますが、捜索にかかる手数料として1件につき一律3,000円(消費税別)をいただいております。手数料は捜索物の有無に関わらず請求させていただきますので、予めご了承ください。

ご帰国時、空港にて

国際線の場合、遅くても出発時間の2時間前までに各航空会社のチェックインカウンターで手続きが必要です。カウンターでパスポートとEチケットの控えを提示し、スーツケース等の大きな荷物は受託荷物として預けます。
パスポート、貴重品、免税品の領収書(引換券)、ご加入の海外旅行保険の証券は、飛行機に預ける荷物の中には入れず、ご注意の上お手元にお持ちください。割れ物や壊れやすい物も機内へお持ち込みください。
保安上の理由から、空港内にはスタッフ、ガイドは入る事ができません。チェックイン手続きはお客様ご自身でお願いいたします。

ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王
東京支店03-3526-7085
名古屋支店052-238-1695
大阪支店06-6533-5222

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員