1. ホーム > 
  2. バリ王研修レポート > 
  3. 【レポ】バリ島旅行専門店スタッフが本音で語るバリ島とは

スタッフ研修レポート

 
 

【レポ】バリ島旅行専門店スタッフが本音で語るバリ島とは

東京支店スタッフ 2020年6月

 

バリ島(インドネシア)の魅力とは、何故バリ島を勧めるのか?

バリ島の魅力は大きく分けて2つあると考えます。一つ目は、自然豊かなリゾート地であるという点です。インドネシアは日本と同じように島国であり、海や山など多くの自然があります。インドネシアの中でもバリ島は、サーファーに有名なクタビーチや、手つかずの美しいビーチがたくさんあります。内陸部には、ウブドのような緑が多くリッラクスできる場所もあります。バリ島という1つの島でどちらの雰囲気を味わえるのはバリ島の魅力ではないかと考えます。
二つ目は、宗教や文化の融合です。インドネシアは多民族・多宗教国家であります。特にバリ島では、異なった宗教や民族が相互の文化を尊重しながら共存し、お祭りや行事が行われています。世界では多くの宗教問題や民族紛争が起きている中、バリ島ではこのような異なった宗教や文化の中で人々が共存しており、バリ島ならではの新しい文化がとても魅力的だと感じています。

バリ島への旅行を選んだ理由、バリ島専門店の旅行会社を選んだ理由

バリ島への旅行を選んだ理由
・バリ島は、学生にとってもお手頃な値段で行くことが可能で、そのうえホテルのクオリティも高く満足いく旅行になると思ったため。
・海のアクティビティだけでなくショッピングや観光、スパ等、旅のコンテンツが豊富で飽きなさそうと感じたから。
・どんなシチュエーションにも合いそう。
 ツアーや特集が組まれていてイメージしやすい。
 (家族旅行・卒業旅行・女子旅・カップル旅行・ハネムーン)

バリ島専門店の旅行会社を選んだ理由
私は自分の知らない場所や文化を自分の眼で見て、肌で感じるということを大切にしています。
   弊社は新人研修でバリ島での研修があり、制度として、現地を学べる環境が整ってい
ると強く感じました。バリ島やセブ島など、特定の地域に特化している旅行会社である
ため、より専門的な知識が必要であり、そうした制度が大切だと思いました。そのため、
貴社で働くことで自分が大切にしていたことを生かし、さらに成長することができる
と思いました。
また、私はお客様一人一人に合った旅行プランを企画・提案し、旅行をとおしてお客様を笑顔にしたいという夢があります。そのためには、より多くの知識や情報を分析・収集することが必要であり、お客様の要望またはそれ以上の旅を提案することが大切であると考えています。この私の夢を実現するためには、貴社の研修制度や、アジア地域に特化した専門旅行会社であるからこそ、叶えることができると思い、弊社を志望しました。

バリ島と多方面の違い、良い点、悪い点 バリ島と多方面の違い、良い点、悪い点 バリ島と多方面の違い、良い点、悪い点 良い点

【良い点】
・物価の安さ。
→安い値段で極上のエステやスパが受けられる。
→低価格で量がたくさんあって美味しいごはんを食べられる。(ローカルフード)
・親日である。
→日本語を話せる現地人が多い。
・時差が少ない(体に負担が少ない)。

【悪い点】
・公共交通機関があまり発達していない。
→渋滞が多い。
→主な交通手段が車かバイクである。(バスは少ない)
→道路整備が不十分。(洪水や道が凸凹)
・衛生環境が整っていない。
→水道水が飲めない。
→蚊等の虫が多い。
→野良犬・野良猫等の狂犬病をもつ動物が多い。

バリ島で興味のあるホテル、泊まってみたいホテル 5つ

・アヤナ・リゾート&スパ バリ
→バリ島で人気NO.1のホテルであり、日本人客の利用も多いため、お客様からの問い合わせの際に応えられるよう、事前にホテルについて知っておきたい。
・ザ・サマヤ
→以前、ザ・カヤナに宿泊したことがあり、姉妹ホテルのザ・サマヤにも泊まってみたいと思ったから。値段やクオリティの比較をしたい。
・ヴィラ・アイル・バリ〈クロボガン地区〉
→大人数での旅行の際に、泊まってみたいと思う。友人同士(卒業旅行)や家族旅行で利用したい。
・ビーヴィラ+スパ〈スミニャック地区〉
→ヴィラ・アイル・バリと同様の理由。
 大人数で宿泊できるヴィラタイプの比較をしたい。(雰囲気や地域等)
・バグース・ジャティ
→1日中ウブドの自然豊かな環境でヨガをしてみたい。

バリ島で興味のあるオプショナル、行ってみたい観光地 3つ バリ島で興味のあるオプショナル、行ってみたい観光地 3つ

・ウルワツ寺院とケチャックダンス鑑賞
→バリ島で有名なケチャックダンスを直に観てみたいから。
  ・レンボンガン島DEマングローブ&シュノーケリング 
  →今流行りの離島レンボンガン島とバリのビーチをヒックしたい。
  ・フランジパニのスパ
  →タマンサリはしたことがあるが、フランジパニではスパを受けたことがないから。
   バリ王でフランジパニを強く推しているから試してみたい。

バリ島で興味や気になるお店やスポット

・ヘナタトゥーが出来るお店を知りたい。
→日本では中々出来ないヘナタトゥーを低価格で安心したお店でやってみたい。
 2週間ほどで消えるため、気軽にしやすく写真映えしそう。
・地元の人たちから人気なローカルフード店を知りたい。
→よりDEEPな旅に出来そうだから。
・バリらしい洋服屋さんでお土産を買いたい。
→民族衣装や伝統的な現地の生地(柄?)の小物等が売っているお店。
・ドーナッツチューブ
→ドーナッツ型のボートに5人で乗り、スピードボードで引っ張られるアクティビティ。
・Padang padang beach(パダンパダンビーチ)
→とてもきれいなビーチ。(まだ観光地化されていない場所?)

バリ島に行ってみて困った事、これがあれば事前に用意しとけばよかったこと

・小分けの洗剤やせっけん
→ホテルの特典でランドリーが無料で使用できるところもありますが、無くされてしまったり、汚れたり、縮む(何でもアイロンをかける文化)場合があるため、滞在中各自で選択する際に便利だと思いました。
・ハンガーや洗濯バサミ
→洗った洋服や濡れた水着を干すため。
 ホテルのハンガーは固定されている場合が多い。

その他・いいたいこと

アジア専門、インドネシア(バリ島)専門の旅行会社という強みを生かして、バリ島のみならず、他の島も多くの日本人の観光客が訪れられるよう宣伝していきたい。
→インドネシアにはもっときれいな島や無人島が数多くあり、未開発であるため。
例:マナド・マカッサル(海がきれいなイメージ)

 
ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王
東京支店03-3526-7085
名古屋支店052-238-1695
大阪支店06-6533-5222

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員