バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行専門店「バリ王」

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島最新レポート

これは格別!!透明度の高いヌサドゥアのビーチフロントに立地 『アヨディアホテル』

投稿日:2012年12月14日(金)

デラックス系ホテルが建ち並ぶ一大リゾート、ヌサドゥア内の一画にあるアヨディア・リゾート・バリ。
アヨディアとはラーマヤナ物語に出てくる王国の名前。「水の宮殿」をデザインコンセプトに、
あらゆるところにバリ風のレリーフや石の彫像、噴水のある大きなラグーンなど、
バリらしさ溢れるホテルです。
6つのレストラン、マンダラスパ経営のスパ、伝統建築を用いた全541室の客室は、
バリのホテルの中でもトップ3に入る大型リゾートです。

それでは早速ホテルの中を拝見しに行ってみましょう。







ヌサドゥアの割れ門のゲートをくぐり中へ入ると、各ホテルの入口にサインが立っています。
アヨディア・リゾートはここですね。






ゲートをくぐり中へ入ると、正面に大きな屋根のロビーとガルーダ像がお出迎え。






ロビー前の池には噴水や立派な彫刻がされたナガ(龍)の石彫があり、バリらしさ満点です。






ロビーはたくさんの木柱で支えられた高い天井に、中央にラーマヤナ物語のヒロイン、
デウィ・シータの像が立っています。





レセプションはこちら。日本語デスクもあるので安心です。






デラックスホテルならではの広いロビーは風通しもよく、
落ち着いた雰囲気を醸し出しています。





ロビーからテラスになっているオープンスペースにはガゼボもあるカフェ&ラウンジがあり、
ツアーのお迎えや出発時など時間のある時には
お茶やジュースを飲んだりと、ゆっくり休憩も出来ます。





ロビーからの眺め。
ホテルの中央はほぼ巨大な池!というほど大っきなラグーン状の池に覆われています。





池の中には浮島になっているところに椰子が生えていたりと、南国らしい景色が広がっています。





ロビーの下の階にあるウォーターフォール・レストラン。メインの朝食会場にもなり、
営業時間は24時間と、夜遅い時間や、朝早い出発にも利用出来たりと、とっても便利。
隣にはディナーのみオープンする日本食レストラン「源氏」もあります。






ウォーターフォールや源氏を反対側から見たところ。本当に水に浮かんでるみたい。









ホテル内にはマンダラ・スパが経営するアヨディア・スパ・バイ・マンダラがあります。




入口にはお香を持った可愛いオブジェがありました。






スパのレセプションからトリートメントルームへは、なんとも不思議なこのトンネルを抜けて。
トリートメントルームはシングル用が11室、カップル用が1室、ヴィラ・タイプが4棟の全16室。
スパの隣にはジムもあります。




それでは客室も見せてもらいましょう。



海へ向かって建つビルディング・タイプの部屋の中庭にはバリの彫刻が。






まずこちらは一番下のカテゴリー、デラックス・ガーデンビュー。
バルコニーからホテル内のガーデンやプールが臨めます。
約300室とホテル内で一番多いのがこのタイプのお部屋です。





フローリングの床にソファや書斎、TVと、
このカテゴリーでも48㎡とゆったりした作りになっています。



ミニバーはキャビネットの中。






バスルームのアメニティーはこちらにまとまってます。



バスタブはシャワーと一緒になったユニットタイプ。







こちらは一つ上のカテゴリー、グランデ・ガーデンのお部屋。
デラックス・ガーデンビューより更に広くなり56㎡とゆったりとしたお部屋です。
ちなみに部屋の広さは同じで、
クラブ・ラウンジ"アヨディア・パレス"の使える特典が付いた部屋は、アヨディア・ルームとカテゴリー名が変わります。






ベッドの反対側には重厚感のある家具やTVが並んでいます。



クローゼットの中はアメニティーが一式揃ってます。


グランデ以上の部屋はバスタブとシャワーが別々になっています。


洗面台周りはシンプルなつくり。


グランデ以上のカテゴリーにはコネクティングルームもあります。






約11.5ヘクタールと、南国の植物溢れる広いリゾート内をゆっくり散策したい。






こちらの部屋は全22室あるスイート。それぞれが違った名前、レイアウトになってます。
こちらはアヨディア・スイート。ベッドルームとリビングが別々になっています。






リビングルームの後ろがベッドルームです。


ベッドルームとリビングはバルコニーで繋がっています。







スイートからの眺め。海が近い。


スイートの洗面台は鏡の周りにぐるっとライトの付いた女優ミラー(?)のような豪華バージョン。
2人で同時に使えるダブルシンクになってます。






バスタブもスイートとあって、ヘッドレストが付いていたりと豪華でシックなつくり。





スイートとアヨディア・ルームのカテゴリーにお泊りのお客様はメインロビーではなく、
海に近い場所にあるアヨディア・パレスにてチェックイン、チェックアウト。






アヨディア・パレスの入口までは車で送ってもらえるので心配無用。



アヨディア・パレスの入口に飾られていた胡蝶蘭。



クラブ・ラウンジ"アヨディア・パレス"のレセプション。





クラシカルな雰囲気のクラブ・ラウンジ。
朝食7:00~10:30、毎日15:00~16:30までアフタヌーンティー、
カクテルとカナッペのサービス17:30~19:30、それ以外の時間にもスナックやソフトドリンク、
コーヒー&紅茶のサービスもあり一段上のサービスを受けることが出来ます。
ご利用時間7:00~24:00まで。



毎日30分間無料でインターネットも利用出来ます。







アヨディア・パレス利用ゲスト専用の15mのラップ・プール。
ちなみにクラブラウンジは12才以下のお子様は入ることが出来ない大人の空間なので、
子供たちのギャーギャー、ザップ~ン!なんて音にもビクビクする必要もなく、
ゆった~りと優雅な時間を過ごすことが出来ます。






専用ドアからビーチへ出ると広い芝生のエリアにアヨディア・パレス専用の
パラソルとチェアーが。





ヌサドゥアのホテルの中でも長ーい約350mのビーチと、幅もしっかりある
白砂のビーチは日光浴するヨーロピアン・ゲストでいっぱい。
ビーチバレーやビーチサッカー、早朝のストレッチやビーチ前の芝生広場では
インドネシア語教室なんて、一風変わったレッスンも行われています。






バリ・コレクション以南のヌサドゥアのビーチは透明度も高く、波も穏やかなので、
お子様連れの家族でも安心して泳ぐことが出来ます。






ホテルの中庭にあるバリニーズシアターでは月・水・金の週3回、バリ舞踊を鑑賞しながらの
インドネシアン・ビュッフェ・ディナーが開催されています。滞在中に是非試してみたい。



ビーチに一番近い場所にあるラグーナ・レストランはこの橋を渡って。




ラグーンに囲まれたレストランは朝食からランチ、ディナーと アジアンフードをメインにフルタイムで営業。エアコンの効いた室内席と、
屋根の付いたテラス席があります。




広い敷地内は迷子にならないように、看板を目印に歩きましょう。






客室棟に囲まれた敷地の中庭にあるプールは、
大型リゾートならではのジャンボプール!





ヨーロピアン・ゲストはビーチが好きなのか、プールはあまり人がいなくて貸切状態。
この大きさのプールがほぼ貸切ってある種すごい贅沢...??






プールサイドのレストラン、サーファーズ・コーナーはランチのみの営業。
水着のまま着替えなくても利用出来てとっても便利。






メインプールの隣にはキッズプールもありました。





プールには橋が架かっていたり、水球やバスケットボールなど、アクティビティーも豊富。





そして昨年12月に新しく出来たばかりのビーチフロントプール。名前の通りビーチの正面にあり、
大人でもすっぽり埋まってしまう水深1.6mの大型のインフィニティープール。




1990年にバリ・ヒルトンとしてオープンし、その後2006年に名称変更し、
アヨディア・リゾートとして生まれ変わった後も、お子様連れのファミリーや、
ハネムーナーから年配のお客様まで幅広い層に人気のアヨディア・リゾート。
バリらしさ溢れる彫刻や伝統建築、広いトロピカルガーデンやビーチフロントの立地、そして充実した施設は
バリ島に初めて訪れる人にはぴったりな大型リゾート・ホテルです。

ホテル検索

カテゴリー別記事一覧

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク