バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行専門店「バリ王」

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島最新レポート

大型ホテルでありながらサービスや施設も充実 『フラマ リバーフロント シンガポール』 ビジネスにも家族旅行にもお薦め

投稿日:2012年05月22日(火)

バリ島ウブド近郊に2つあるフラマ・ヴィラズと同系列のフラマ・ホテルズ・インターナショナルによる
経営の一つであるフラマ・リバーフロント。
シンガポールにある2つのフラマのうち、名前の通りシンガポール川沿いに建ち、
大型ショッピングモールが建ち並ぶオーチャードまでも車でわずか8分、
クラークキー、チャイナタウンまでも5分という大変便利な場所に立地しています。
2008年に大規模なリノベーションも終え、快適度を増したアーバンシティーホテル。

それでは早速ホテル内を拝見させてもらいましょう。





ホテルに到着しました~。シンガポールにフラマというホテルは2つ。
間違えないように気をつけましょう。

19階建てのタワーウィングと9階建てのトロピカルウィングの2つの棟からなるフラマリバーフロントの外観。
総客室数は605室と、かなりのビッグホテル!




こちらがフロントです。抑え目の照明と紫に浮かぶウェルカムのサインがアダルトで
都会っぽい雰囲気です。



ロビーエリアの奥にあるウォーターフォール・ラウンジ。
名前の通りガーデンの滝を眺める広~いラウンジです。夜にはピアノのライブ演奏があったりと、
より一層ムーディーな雰囲気へと変わります。





2階に上がるとエグゼクティブ・フロアーにお泊りのお客様のみ使える専用のラウンジと、
朝食会場にもなるスクエア@フラマがあります。




では早速スクエアから見せてもらいましょう~。




外光をうまく取り入れた明るい店内。ビジネスで利用するお客様が多いらしく、
一人で食事を取られている方もいましたが、レストランスタッフが上手く気を利かせて
席を案内していました。


朝食はビュッフェスタイル。シンガポールらしく多国籍なメニューで、飲茶なんかもありましたよ。





パンやジャム、ジュースなども種類豊富です。





こちらはスクエア・レストランの向かいにあるエグゼクティブ・ラウンジ。
エグゼクティブ・クラブ、エグゼクティブ・スイートのお客様のみご利用出来ます。
利用時間7:00~23:00。

営業時間中はコーヒー、紅茶、クッキーはお好きな時に
お好きな分だけお召し上がり頂けます。

ソフトドリンクももちろん無料。毎日18:00~20:00にはカクテルタイムもあります。





タワーウィングの5階にあるジム。トレッドミルやエアロバイクといったカーディオ系から
ウェイトマシーンまで充実していました。





タワーウィングとトロピカルウィングを結ぶ5階にあるスイミングプール。
浅くなっているキッズプールもあり、ビルが林立するシンガポールといえど
赤道直下の常夏の国。こういった大きなプールがあるのは貴重です。




フラマリバーフロントのお部屋のカテゴリーは全部4つ。
スーペリア、デラックス、エグゼクティブクラブ、エグゼクティブスイートとあり、
同じカテゴリーでも建物や、禁煙、喫煙ルームでちょっとずつレイアウトや
デザインが異なるという面白いつくりです。

それでは早速お部屋を見せてもらいましょう~。




こちらはスーペリアルームのツインベッド仕様のお部屋。スーペリアは6~9階の
比較的低層階に位置します。

書斎デスクや大きな鏡、TVと充実し、
スーペリアでもまったく問題はありません。

バスルームはシャワーとバスタブが一緒になったユニットタイプ。
一番下のカテゴリーでもバスタブが付いているのが嬉しいですね。





バスアメニティーはこちらにまとまっていました。




こちらはタワーウィングの10~16階に位置するデラックスルーム。
お部屋によって奥にあるチェアーがカウチのお部屋と、





丸テーブルとイスのお部屋があります。





お部屋からの眺め。名前はリバーフロントですが、部屋からはちょっと見えないですね~。

デスク周りはスーペリアとほぼ同じですね。


一番下のコーヒー、紅茶、ミネラルウォーターは無料、
上のスナック類、エビアンは有料です。




その下にミニバーがあります。

バスローブ、セーフティボックスはクローゼットの中にあります。

洗面台周りもスッキリ。デラックスのお部屋にはアメニティーに
ボディローションが追加されます。

またデラックスのお部屋はシャワーブースとバスタブが分かれているお部屋と、
ユニットタイプのバスルームの2パターンがあります。
どちらのお部屋になるかはお楽しみ。




こちらは9階建てのトロピカルウィングにあるデラックスルーム。
ちなみにトロピカルウィングはすべて禁煙室のデラックスルームのみです。





広くとられた窓に木枠や手すりが付いていたり、ランプやチェアーがクラシカルな印象です。


ミラーにも窓が付いていたり、ちょっと可愛らしい感じで、女性受けしそうなお部屋で、
タワーウィングのデラックスルームとちょっと雰囲気が違いますね。


バスルームもタイル張りのユニットタイプで、やはりクラシックな印象。



最後に紹介するのがエグゼクティブ・クラブのお部屋。
2階にあるエグゼクティブ・ラウンジの利用が可能なハイカテゴリーのお部屋です。




こちらはエグゼクティブ・クラブのスモーキングルーム。床がフローリングになっています。


ベッドの向かいには重厚感のあるデスクと、
出張で来たビジネスマンもしっかり仕事が出来そうな書斎を完備。




エグゼクティブルームのコンセプトは"オープン・スタイル"。なのでクローゼットも扉がなく、
洗面スペースもベッドルームにあったりと、かなり大胆なレイアウト。
スーペリア&デラックスとどっちが好み...?


先ほどの洗面台とオープンクローゼットの後ろにバスルーム。
こちらも扉のないオープンスタイルですが、バスルームは日本のお風呂に近いタイプで、
バスタブの横にシャワーと一つのスペースに収まっているので、使い勝手が良さそうです。



エグゼクティブルームのバスアメニティーはイギリス製のジェームス・ジェントを使用。




こちらはエグゼクティブ・クラブのノンスモーキングルーム。こちらの床はカーペットです。
モダンなお部屋を窓側から見てみると...。




ひゃ~!お風呂が丸見えっ!エグゼクティブルームのコンセプトは"オープンスタイル"ということで、
なんとバスルームは全面ガラス張りになってました。
恥ずかしがり屋の方はロールスクリーンで隠すことも出来るので、心配なさらずに。


禁煙ルームはバスタブと別にシャワーブースがあります。



エグゼクティブルームのミニバーはリキュールが数種類足されていたりと、
下のカテゴリーとも区別化されていて、内容も充実しています。



600室を超す大型のホテルでありながら、エグゼクティブ・ラウンジでの細やかなサービスや、
キッズプールも備えた屋外プールやレストランなど、施設も充実していているフラマ・リバーフロント。
ビジネスマンだけでなく、ファミリーでのご旅行にもお薦めするデラックスホテルです。


ホテル検索

カテゴリー別記事一覧

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク