バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行専門店「バリ王」

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島最新レポート

『ザ・ムンジャンガン』 【アクティビティー編】野生の宝庫を体験!ジャングル、マングローブ、美しい珊瑚礁の海が広がる西部国立公園内の唯一の地上の楽園

投稿日:2011年12月21日(水)

バリ王の姉妹ブランド『レインボーツアー』に掲載の 【神々の楽園 バリ島パワースポット&大自然を巡る 8日間】
こちらのコースで最後の滞在リゾートの 『ザ・ムンジャンガン(旧・ムンジャンガン・ジャングル・ビーチ・リゾート)』 に泊まってきました!

【神々の楽園 バリ島パワースポット&大自然を巡る 8日間】最後の滞在リゾート
『ザ・ムンジャンガン』の【アクティビティー編】

バリ島西部国立公園内の唯一ホテル『ザ・ムンジャンガン』は382haの広大な敷地に
絶滅危惧種に指定されているカンムリシロムクドリ『ジャラッ・プティ(英名:Bali Starling)』、
200種類の鳥類、ムンジャンガン(鹿の一種)、猿、ジャコウネコなど野生の宝庫になっています。
のんびり過ごすのも良いのですが、リゾート内のアクティビティーを楽しまなければ"損"します!




ホテル内無料アクティビティーは下記の4つ
●バードウォッチング(約2時間)
●フォレスト・トレッキング(約2時間)
●アドベンチャーサイクリング(約2時間)
●バジュル湾・桟橋周辺でのシュノーケリング(器具レンタル含)

そして、別途追加代金となりますが、下記オプショナルおすすめです。
●乗馬(1時間コースと海までの2時間コース)
●植樹(シルバーコースとゴールドコース)
●マングローブ・スパ
●ムンジャンガン島でのダイビング、シュノーケリング

今回は、ムンジャンガン島でのシュノーケリング以外に、
バードウォッチング、マングローブ・スパ、植樹、乗馬を存分に楽しみました!


まずは・・・・朝05:30 に起床し、06:00から日の出と共に参加した『バード・ウォッチング』
日中は暑いので、朝と夕方がおすすめとの事です! ↓見えますか??フクロウです!
フクロウは夜行性なので、朝になるとこのように寝ています。近づいても気が付かないんです。




コースの前半はモンスーンロッジに隣接する、馬の厩舎周辺を散策しながら野鳥を観察し、
後半はサファリバスに乗ってビーチまで移動しながらバスから野鳥を楽しみ、あっという間の2時間でした!

そもそもバードウォッチング初体験だったので、始めは双眼鏡の使い方がいまいち分からず、
バードウォッチングのガイドスタッフが次々に指差してくれるのですが、葉っぱと同じサイズの野鳥しか見えず、
"バードウォッチングなんて何が面白いんだろう?私は絶対に日本野鳥の会には入れないな!" なんて歩いていたのですが、 双眼鏡を色々と調整したら、30mくらい先の野鳥が目の前に。美しく鮮やかな野鳥をはっきり見ることができ感激!
残念ながらデジカメの望遠レンズでは、写真は撮れなかったのですが、これはおすすめです!

野鳥を探しながらビーチまで移動すると、なんと大物発見!(○○○○○○○に会うために、滞在したと言っても過言ではありません。)
双眼鏡からデジカメに持ち替え、サファリバスを飛び出し、追いかけました。

↓さて、この画像には○○○○○○○(動物)が写っていますいます。何でしょう?? ↓こっちは数が増えています。




↓拡大すると・・・・・そうです。"ムンジャンガン(鹿)"です! 首がスラーっと伸び、とにかく愛くるしい!
"奈良の鹿"とは大違いですね。 子供のムンジャンガンがお母さんの後ろをピョコピョコ歩いていました。




↓このように朝はビーチヴィラやパンタイレストランの周辺にひょっこり現れるそうです。可愛すぎます!



↓潮の引いたマングローブのビーチにも現れました。家族仲良しです。眺めているだけで癒されました~!



バードウォッチングが終わり、朝食を食べた後は、『マングローブ・スパ』で60分のバリニーズマッサージを体験!
↓こちらが更衣室。スパのガウンに着替え、いざスパ・ガゼボへ。 ↓見てくださいオーシャンビュー・スパ・ガゼボです!




↓フットバスから始まるのですが、目の前はこんなきれいな海!スパを受ける前から癒されます~♪
誰も来ないので裸を見られる心配もなく、開放的なオープンガゼボで思う存分スパを楽しみました!

以前、海が目の前のスパ施設でトリートメントを受けた事がありましたが、岸壁に打ち付ける波音が大きすぎて
スパの際中落ち着かなかったのですが、
バジュル湾は内湾で、湖のような穏やかなさざ波がBGMとなり、とっても良かったです。
さらにセラピストのIBU(お母さん)の技術が素晴らしく、気持ちが良すぎて爆睡してしまいました!おすすめですよ!




↓そして次に、『植樹』をしました!
以前、マヤウブドのブタヌ川沿いで「ROSE APPLE / インドネシア語で JAMBU AIR」 (和訳:フトモモ(蒲桃))を植樹したのですが、 今回の植樹は、なんと国立公園の敷地の中です!スゴくないですか??
すでにスタッフの方が植樹の場所に穴を掘り、植樹の証明の看板を準備をしてくれていたのでとっても簡単でした。




国立公園は自然生態を破壊しないよう、色々と規制があり、植物を植栽したり、他の地域に生息している種子を蒔くことはもちろん、 お花や植物の持ち込みが禁止されています。(野鳥や蜂などが運んでくる花粉は例外です。)
その為、バリ島南部のビーチリゾートで咲き乱れるブーゲンビリアやプランジパニなど、南国の花々は咲いていません。




植樹が許可されている木は、6種類。植樹は、GOLD と SILVER の2つのランクに分けられています。
GOLD (USD150$/本) : 「CROCODILES WOOD / インドネシア語で PANGGAL BUAYA」 「SANDALWOOD / インドネシア語で CENDANA」
「WILD SAPODILLA TREE / インドネシア語で SAWO KECIK」
SILVER (USD100$/本) : 「NEEM TREE / インドネシア語で INTARAN」 「WHITE-BARK ACASIA / インドネシア語で PILANG」
「GOLDEN SHOWER TREE / インドネシア語で TRENGGULI」

今回私が植樹をした木は、「CROCODILES WOOD / インドネシア語で PANGGAL BUAYA」 です。バリ島で有名な木彫りの彫刻に使用される木です。
↓ヤシの殻で出来た柄杓が可愛い!たっぷりとお水を掛け、今日から私の木も国立公園の一員になりました。 ↓スタッフがアルミの金網で囲ってくれました。
以前は木の柵で囲っていたようですが、柔らかい新芽の木々を猿やムンジャンガン(鹿)が食べてしまったとこがあったようで、
大きくなるまでこの金網が守ってくれます。もちろん植樹料金には、植樹代と2年間の苗木の管理費も含まれています。
(後日、自宅に植樹記念写真付の証明書を郵送してくれるそうです!)
植樹の場所は、リゾート内をサファリバスで移動する時に必ず通る場所なので、通る度に見ることが出来ました。次回来る時がさらに成長が楽しみです!



↓(番外)こちらはパンタイレストランの横で見つけたお花です。
この花は国立公園内で生息しているお花ですね。



さらに、夕暮れ前に 『乗馬』デビュー しました!
今回私を担当してくれた馬は 「クリス」 です。毛並みが整っていて、可愛い!
初めての乗馬、一番大変だったのは背中に乗る事でした。
2回目からは簡単に乗れたのですが、始めは中々要領が掴めず、スタッフに助けてもらい、やっとの事で乗りました。
そしてパドックで基本の説明。手綱を引き「止まれ」 「右へ」 「左へ」 、足を使い「走れ」。1周したらスタートです。







↓森の中を抜けていると、藪の中から鶏やムンジャンガン(鹿)が突然現れるので面白い!
森を抜けると・・・・・美しい海が広がってきました。崖の上から眺めるのは今回初めて。
改めてバジュル湾の湖のような美しさにうっとり。(クリスの背中に乗って撮りました。)
チビな私にとって、クリスの背中からの眺望は最高でした!




↓そしてこちらが【ワンティラン】と呼ばれるミーティングルーム(30名くらい収容可能)と
海を目の前に眺める事が出来る【バレ】。
ここでヨガをしたら気持ちいいだろうな~。なんて散策してみました。




↓再びクリスの背中に乗って、ワンティランのさらに奥へ進むと・・・・・・。なんとビーチヴィラが見えてきました!




↓次に向かったのは、【バードウォッチングタワー】! バリタワーだけでなく、バードウォッチング専用のタワーがあるんです(笑)



↓360°美しい景色を眺望できます。地上からの螺旋階段、上から見ると迫力があります!
そしてサンセットの時間が近づき、辺りの空の色が変わり始めてきました。
"ただ馬に乗る乗馬"とは異なり、サファリバスでは通らない細道などを通ったり、リゾート内の絶景ポイントで馬から降り散策が出来たり、本当に楽しかったです。




↓私を待っている間、クリスはこの木の新緑の葉を食べまくっていました。(笑)
モンスーンロッジに隣接する、馬の厩舎に戻る頃には日が暮れ、暗くなり出していました。
乗馬のおすすめの時間帯は、サンセットとサンライズの時間との事です。ちなみにビーチヴィラの横の高台がサンライズの絶景ポイントとの事です。




クリスにお別れを言って、モンスーンロッジに戻りました。また乗馬がしたい!!



そして乗馬について補足です。
乗馬は 一人乗りです。もちろん、ガイドが手綱を引いてくれます。
よっぽど自分で乗りたいんだ!という方がいれば(そんな人いるか不明ですけど)別です。

1時間と2時間だと回るコースが若干違います。2時間だと海が見えるところまで行けます。
1時間だとそこまではたどり着くのが難しいかなぁという感じで、一応2時間をお勧めにさせていただいております。

リゾート内では、馬19頭を飼育しており、乗馬は4歳からOKです。

それから参考までにぜひお試しいただきたいアクティビティーは以下の3つです
1. 乗馬
2. バード・ウォッチング(早朝の6時スタートが一番のお勧めです)
3. ムンジャンガン島へのスノーケリング (波の関係でなるべく午前中の出発がお勧めです)


憧れていた『ザ・ムンジャンガン』で夢のような時間を過ごし、滞在から1ヶ月経った今でも、
その自然の美しさ、体験したアクティビティーの楽しさ、笑顔のスタッフ達の顔が鮮明に思い出されます。
バリ島のまだまだ知られていないスポットに是非、足を運んでください。絶対に後悔はさせません!

ぜひ、【神々の楽園 バリ島パワースポット&大自然を巡る 8日間】 お楽しみください。

ホテル検索

カテゴリー別記事一覧

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク