バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行の専門店「バリ王」

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

バリ島 インドネシア料理で有名な「アヤムゴレン」と「ナシゴレン」の出店スタイルのローカルワルンを見てみよう!

投稿日:2020年11月16日(月)

バリ島の旅行中の楽しみとして、お食事を挙げる方は数多くいらっしゃいます。

「日本では食べられない美味しいものを食べてみたい!」と言うのは、海外旅行の楽しみですよね。

そして、バリ島へ旅行にいらっしゃった方々から「食事に困る」というお話を聞いたことが無いのは、お米を主食にしているバリ島には、日本人の口にも合うお料理が沢山あるからだと思います。

今回皆さんにご紹介したいのは、インドネシア料理の中でも有名な「アヤムゴレン」と「ナシゴレン」のローカルワルンです。

「アヤムゴレン」はインドネシアのフライドチキンで、「ナシゴレン」はインドネシアのチャーハンです。ふたつともとってもポピュラーなインドネシア料理で、日本人の口にも良く合います。勿論、バリ人もインドネシア人も大好きな料理で、このふたつの料理を出すローカルのワルンは数えきれない位あります。

バリ島では、このように通りに面した場所に夜だけ出現する、いわゆる出店スタイルのワルンがとっても多いんです。

20201103_212407.jpg

 

ワルンの前を通り過ぎるオートバイや車からでも何を売っているのかが分かるように、目立つカラフルな絵が描かれた、インドネシアではスパンドックと呼ばれている大きな幕が出店スタイルのワルンの特徴です。

20201103_212358.jpg

 

イラストの描かれた大きな幕の裏側に、ここで食事をする為のテーブルとイスが並べられています。ちなみに、この場所は昼間は洗車場として営業しているお店の駐車場なんです。洗車場が営業を終えた後、誰も居なくなるこの場所を間借りして、毎日夜7時ごろから営業しています。

20201103_212343.jpg
 
 
この出店スタイルのワルンの特徴は「早い・安い・旨い」。食材の仕込みは日中家で済ませた状態で夜から店開きをするので、注文が入ると直ぐに調理してくれます。
 
 
仕込み段階での茹でが済んでいるアヤムゴレン用の鶏肉は、ターメリックなどの香辛料が染み込ませてあるので黄色い色をしています。アヤムゴレンは、胸肉ともも肉から好きなほうの部位を選べるんですよ。
 
20201103_212219.jpg

 

これを年季の入った中華鍋で揚げていきます。

20201103_212620.jpg

  

揚げ専用の鍋から鶏肉を引き上げながら、隣の鍋では、ナシゴレン用のキャベツを炒め始めるところです。

20201103_212729.jpg

 

このワルンのスタッフは若い男性が二人。てきぱきと注文が入った順に調理をしていきます。

これはナシゴレン用に白いご飯が入ったところです。

20201103_212850.jpg

 

ナシゴレンの味を決める自家製のトマトソースが入りました。

20201103_213022.jpg

 

20201103_213033.jpg

 

トマトソースが全体に馴染むとこんな感じになります。

20201103_213131.jpg

 

ナシゴレンをお持ち帰り用に包むのは、こんな風に紙を使うんですよ。

20201103_213222.jpg

  

ナシゴレンには欠かせない目玉焼き(実際には油で揚げているので目玉揚げ、ですね)を上に乗せて出来上がり。

20201103_213255.jpg

 

仕上げにサンバルを少々付け足します。具はキャベツと目玉焼きだけのシンプルなナシゴレンですが、なかなか美味しいです。このワルンの人気メニューのナシゴレンの値段は1人前で10,000ルピア(日本円で100円以下!)。ボリュームもたっぷりなのでとってもお手頃です。

20201103_213306.jpg

 

アヤムゴレンの方はと言うと、こちらもお持ち帰り用にサンバルと付け合わせのお野菜を包んで貰いました。付け合わせのお野菜は定番の生キャベツときゅうり、そして生バジル。

20201103_212505.jpg

アヤムゴレンを食べる時に欠かせない、サンバルがたっぷり入ったビニール袋も一緒にお持ち帰りします。

 

もも肉を選んだお持ち帰りのアヤムゴレンをお皿に盛りつけるとこんな感じです。

20201103_214646.jpg

 

出店スタイルのワルンで人気の美味しいお店は、いつもお客さんが居て繁盛しています。

でも、日本人として考えると、その場で食べるのはあまりお勧め出来ませんので、お試しの場合はお持ち帰りをお勧めします。

オシャレなカフェや豪華なホテルのレストランで旅行の醍醐味であるお食事を堪能しつつ、時間があったらこんなローカルワルンを覗いてみるのも面白いと思いますよ!

 

最新の記事

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク