バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行の専門店「バリ王」

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

バリ島のスーパー「カルフール」の中にある、ローカルフードコートのご紹介です!

投稿日:2019年11月14日(木)

バリ島南部にはいくつか大きなスーパーがあって、

日本と同じように週末はお買い物の家族連れなどでとっても賑わいます。

 

今回は、バリ島南部の大きなスーパーの中に入っている、ローカルフードコートをご紹介したいと思います。

 

スーパーは「カルフール」という、インドネシアにある外資系の大型スーパーです。

地上3階建ての建物の1階と2階は主に駐車場スペースと、

小さな飲食系や服飾系のテナントが入っています。

一番上、3階がフロア全体スーパーになっているのですが、

このスーパーの端っこ、生鮮食品のコーナー近くがフードコートになっているんです。

 

ただ単なるフードコートでは驚きませんが、

こちらでは材料を選んで、目の前で調理してもらったものを頂けるんですよ。

20191110_193605.jpg

 

20191110_193516.jpg

  

こんな感じで食材が調理する段階になった状態で売られています。

選んだものはほとんどが焼きか揚げで仕上げられます。

20191110_193345.jpg

 

こちらのコーナーはセルフナシチャンプルコーナー。

好きなおかずを選ぶので、自分好みの「ナシチャンプル」に出来ちゃうんです。

20191110_193316 Lowres.jpg

 

飲み物はスーパーの中で買ったり、ここに置かれているドリンクサーバーから選んで買うことも出来ます。

20191110_193323.jpg

 

おつまみになりそうなモノも沢山あるし、ビールも置いているので、

奥さんがゆっくりお買い物をしている間、ご主人がここで一杯やりながら時間を潰す事も出来ます。

20191110_193413.jpg

  

20191110_193539.jpg

 

ローカル的な道路沿いにある食堂はちょっと抵抗がある方でも、

こんなスーパーの片隅にあるフードコートなら、

冷房も効いているし、お買い物の間でお腹が空いたり、

お付き合いのお買いものに飽きてしまった時の時間潰しには便利だと思います。

但し、先ほども書いたように調理方法は揚げや焼きがメインなので、

旅行で疲れていて、お腹の調子が良くない時には利用しないほうが賢明だと思います。

繊細な日本人のお腹には、ローカルの揚げ油はちょっと心配ですので。。。

 

 

 

 

 

最新の記事

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク