バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行専門店「バリ王」

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

バリ島 100%ローカルの為の食堂、「ワルン」のご飯ご紹介

投稿日:2019年09月02日(月)

バリ島では、今でも早朝に市場や市場から仕入れてきた生鮮食品を売っているお店に、

お母さんやお父さんが毎日の食糧の買い出しに行くのが一般的ですが、

毎日会社勤めで忙しく働く人達にとっては、

早朝の時間を買い物に充てる事は容易でなことではありません。

 

バリ島には日本のように時間通りに動いてくれる便利な公共の交通手段というのは無いので、

仕事に行くには自分のオートバイで出掛けるという人が大半で、

自宅から勤務地までの距離が離れている人も沢山います。

 

そんなローカルの人々の忙しい毎日を陰ながら支えているのが、ローカルの為の食堂「ワルン」の存在。

 

ワルンでは、毎日大きな炊飯器で大量にご飯を炊き、沢山のおかずを並べて働く人達のお腹を満たしてくれます。

 

そんなローカルご用達のワルンがバリ王のラウンジのすぐ近くにオープンしていたので、

今回はそのワルンのご飯をご紹介したいと思います。

 

20190828_150216.jpg
 
「レッマドゥンおじさんのワルン ジャワ料理」と書かれた緑色の看板。
その下には調理し終わったばかりのおかずが並べられています。
 
ジャワ料理はバリ料理に比べて甘い味付けの事が多いですが、それでもインドネシア料理の特徴である沢山の唐辛子を使うので、ナメテかかってはいけません。
 
これが「ナシチャンプル」と呼ばれるローカルご飯で、昨日食べました。
ナシ=ご飯、チャンプル=混ぜる で、好みのおかずをご飯の上に乗せていただきます。
20190828_142148.jpg

  

ご飯の上にのっているのはミーゴレン(焼きそば)。インドネシア人はミーゴレンが大好物です。

ミーゴレンの下に見えるのは、このナシチャンプルのおかずの中では一番高価なぎ牛肉の煮付け。

20190828_142156.jpg

 

同じ盛り付けのご飯を反対側からみたナシチャンプルはこんな感じ。栄養に気を付けてお野菜とテンペ(大豆)も入れて貰います。

20190828_142207.jpg

 

もうちょっと角度を変えたのがこちら。イワシを丸ごと揚げたものも入れて貰いました。

20190828_142202.jpg

 

そして、こちらは今日のナシチャンプル。おかずを変えてみました。

20190829_141713.jpg

お野菜の上に乗っているのは、とうもろこしで作った「ブルクデール」と呼ばれている揚げ物で、その隣は厚揚げの甘辛煮。

20190829_141534.jpg

  

昨日と今日のナシチャンプルは、アイスティー(無糖)を付けて20,000ルピア。日本円で約160円位です。

 

ワルンのおかずの美味しい・マズイは、料理を作っている人の腕と味覚に掛かっていますが、

このジャワ料理のワルンは野菜のおかずにたっぷりの唐辛子を使うのが好きみたいで、野菜のおかずは結構辛かったです。

 

2日間続けて通っただけですが、ちょっと飽きちゃいました。

それに、塩分が多そうなので、血圧も心配です。(苦笑)

衛生的な面から考えると、旅行でお越しになられた皆さんにはおススメ出来ませんが、ローカルご飯にチャレンジをしたい!という方は自己責任を前提として楽しんでみては如何でしょうか。

 

 

 

最新の記事

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク