バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行の専門店「バリ王」

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

バリ島の道路標識は分かり難い?

投稿日:2018年07月31日(火)

バリ島の道路標識は、図柄で分かる標識の中には日本と同じようなものがあります。

これは近くに学校がありますよ、という標識。日本の標識よりも大人っぽい子供の図柄ですね。

20180724_175200_resized.jpg

でも、黄色の標識の下に書いてある言葉はインドネシア語です。「気をつけて! 速度を落としましょう」と書かれています。

 

普通に道路の上に出ている標識がこちら。

20180724_084000_resized.jpg

向かって右側の矢印には「空港・ヌサドゥア」と書かれていますので行き先が分かっている場合には問題ありませんが、左側の矢印との間に書かれている言葉はインドネシア語で「全ての交通手段は左折だけ」と書かれています。
バリ島は一方通行が以外と多いです。

 

緑の地に白地が書かれた、日本でもお馴染みの標識はこちら。ですが、表記はインドネシア語。

下の標識に書かれているのは、上段に「イマンボンジョール通りでデンパサールへ行く方向」。

下段には「東ナクラ(通り)を通る」と書かれています。やっぱり分かり難いですね。

20180719_095639_resized_1.jpg

  

上の矢印は「セントラルパーキング」、左方向の矢印は「サヌール、ヌサドゥア方面、有料道路のバリ・バンダラ」と書かれていて、右方向の矢印は「レギャン、クタビーチ方面」と書かれています。やっぱりインドネシア語での表記です。。。

20180727_083750_resized.jpg

 

夜の道路では暗~いなかでこんな風に見えています。。。(この写真はかなり拡大しています)

直進は「空港方面」、右方向は「デンパサール市街」、左方向は「港、有料道路バリ・マンダラ」。日本は国道に番号が付けられていますが、最近のバリ島南部でも「1」と示されていて「国道1号線」と読めます、しかし、本職のドライバーさんに「ねぇ、国道1号線を通って・・・」という言い方をしても、きっと誰にもどの道路を指しているのか分からないと思います。

20180728_191627_resized.jpg

 

ガイドブックで行きたい場所がハッキリしている場合で、ガイドブック上に地図があり地図の道路の名前が日本語の他にアルファベットで書かれている場合は、そのアルファベットで書かれている文字そのものをドライバーさんに見せた方が伝わり易いですよ。


 

最新の記事

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク