バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行の専門店「バリ王」

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

バリ島 ジンバランビーチのシーフードBBQの食材をご紹介します!

投稿日:2016年12月09日(金)

皆さん、こんにちは。 バリニー王の嫁、キタです。

 

さて、バリ島も本格的な雨期に突入しました。。。

大好きなサンセットも、曇りや雨で見られない日が多くなっていますが、

雨期だからこそ、の雲の多い日に運よく見えるサンセットは、

この世のものとは思えないくらいの神々しい光景。 筆舌に尽くしがたい美しさです。

 

バリ島でサンセットが綺麗に見られる場所として有名なジンバランビーチは、

炭焼きのシーフードBBQでも有名です。

352.jpg

今回は、このサンセットでも有名なジンバランビーチで楽しめる、

シーフードBBQの素材に焦点をあててご紹介したいと思います。

 

新鮮な魚も種類はいろいろ。

20161203_185658.jpg

レッドスナッパーとホワイトスナッパーはお馴染みのタイ。赤と白があります。

 

20161203_185337.jpg

日本のハマグリにとっても良く似ている貝。貝殻の色はハマグリよりも茶色いです。

特製のタレを付けて焼くと、なんとも言えない風味で美味しさ抜群。

(貝アレルギーの方、ごめんなさい。でも本当に美味しいんです)

 

20161203_190018.jpg

ピッチピチのキングプラウンに、名前不明のエビもいました。

20161203_190131.jpg

  

20161203_190308.jpg

これは活き海カニ。ハサミは紐で縛られて動かせませんが、目はぎょろぎょろ動いてました。

この活き海カニは、このまま網ではさんで炭火で焼くんです。

 

そして、バリ島のシーフードの王様と言えば、やっぱりロブスター。

バリの近海で獲れるので、ここのロブスターはなんといっても新鮮!!

20161203_185824.jpg

  

20161203_185817.jpg

ロブスターは小さいものでは1尾200グラム程度から、大きなものは1キロ超えもざら。

でも、焼くと水分が落ちて身が締まってしまいますが、

それでも、テーブルに運ばれてきた時の迫力はなかなか。

20161203_185037.jpg

写真右下で炭火で焼かれているのがロブスターのスタンダードサイズ。

スタンダードサイズの手前はミニサイズ。

ロブスターの隣で山盛りになって焼かれているのはキングプラウン。

1尾の大きさの違いがお分かり頂けると思います。

 

20161203_185232.jpg

これがひっくり返したロブスター。

ミニサイズの方が熱の伝わりが早いので、赤くなるのが早いですね、

 

皆さんもご自身でジンバランのシーフードBBQに行く事もあるかもしれませんので、

ひとつ自分で選ぶときおさえておきたいポイントをお知らせしましょう。

 

20161203_185911.jpg
 
自分で選んだ素材を計って貰う時、計りの目盛に注意してください。
 
はい。目盛がゼロになっていたら大丈夫。 入れ物の重さは料金に含まれません。
 
ジンバランのシーフードは量り売りが基本。
 
近頃ではお店も良心的なところばかりなので、入れ物の重さは基本的に含まれません。

どうぞ安心して下さいね。

 

因みに、前途のロブスターはどのくらいの重さがあるのか試してみました・・・

20161203_185929.jpg

おぉぉぉぉ、1.8キログラムもありました。

ロブスターの量り売りは、1キロ750,000ルピア。

この1尾で1,350,000ルピアになります。 

ロブスターは、バリの近海で獲れるとはいえ、とても高価な食材なんですよ。

日本では食べられない新鮮なロブスター、バリ旅行の記念に如何でしょうか。

  

 

最新の記事

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク