バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行の専門店「バリ王」

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

J子旅に出る Part 3 (日常)

投稿日:2013年12月02日(月)

こんにちは。
現地スタッフJ子です。

早いもので、今年もあと1ヶ月になってしまいましたね。

さて、先日の続きを・・・・。

コモシャンバラには、レジデンスとヴィラがあり、
レジデンスは1棟に4〜5部屋のスイートと
プールやリビングなど共有スペースが1つになっていて、
ヴィラは完全に独立しています。

レジデンスは、5つのテーマに分かれており、
それぞれ特徴を持っています。

今回私が案内されたのは「ティルタ・イニン(清流)」のテラススイート。

スタッフに案内されて、案内されたレジデンスの入り口。

ここからもまだ中は見えないんですよね。

入り口を入ると、見えてくるのが共有スペースと
それぞれのスイート。

階段を下りて行くと

水に浮かんだリビングダイニング。

リビングエリアにはまったり出来る
ソファーが置かれ、すごくいい感じ。

私が行った時には、ちょうど別のお客様が
このリビングで本を読んでいました。

そして、リビングの階段を降りると、

共有のプール。

その横にはライブラリーと呼ばれる部屋まで。

プールの横にはいくつかのスイートがあります。

ちょうど私が到着して写真を撮っている時に、
スタッフがプールの傘を片付けたり、デイベッドに
カバーをしたりしていました。

ふらふらと写真を撮っている私に、
「Ms.J子、こんにちは〜」と声を
かけてくれる優しいスタッフ達。

そして、私のお部屋はというと、
入り口から降りて共有スペース
から少し離れたテラススイート。

入り口を入るとオープンエアの
まったりスペース。

そして、中に入るとベッドと

室内にもまったりソファスペース。

そして、扉を挟んで、水廻り。
シンクのあるこのエリアはまだ室内なのですが、

トイレとシャワー、バスタブは半屋外です。

バスタブは日本人好みの深めのタイプ。

バリはお湯もタンク式なので、
日本のようにお湯が好きなだけ
出る訳ではありません。

タンクの容量とバスタブが合っていないと
途中でお水になってしまうこともしばしば・・・。

ここはどうかな?とお湯を溜めてみたんですが、
ちゃんと熱いお湯が溜まりました。

さすがです、コモシャンバラ。
大きなタンクを付けているんでしょうね。

そして、夕食までの時間、ちょっとリゾート内を
散策してみることにしました。

散策の写真はまた次回。

それでは、また。

現地スタッフ J子


最新の記事

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク