バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行の専門店「バリ王」

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

ジョグジャカルタ最新情報

投稿日:2006年08月25日(金)

本日現在のジョグジャカルタ最新情報をお知らせします。
どうぞご旅行の参考にしてください。
◆空港
→週3便のインターナショナル(シンガポール便)のためのターミナルを使用中です。
空港の50パーセントの建物は現在改修中です。
そのため、チェックインカウンターから、搭乗口までの経路が一部複雑になっています。
国際線、国内線とも同じターミナル(建物)で対応しているため混雑が激しくなっています。
ツアーガイドがターミナル内に入れない状況(ターミナル改修後は従来通り入れる模様)
◆市内観光ポイント
●タマン・サリ(水の王宮)
→施設、周辺とも全く問題なく、観光できます。
●王宮(Kraton)
→ガラスの破片などが寄せてあるところはあるものの、全く問題なく観光できます。
一部の東屋が倒壊しているが片付けられており、気にはならないと思います。
王宮内のバティック博物館の写真撮影は禁止です。
●マリオボロ通り
→マリオボロモールを始め、市場、店舗とも通常営業中です。人通りも多いです。
●プランバナン寺院
→駐車場、公園内入場も通常通りです。
ただし、寺院内には入れず、手前に仮設の展望台ができており、そこから見る状況です。寺院のスケールは感じられます。細部に損壊が激しく、寺院立ち入りまでは時間がかかるものと思われます。
プランバナン寺院周辺は、プランバナン方面(街の東側)ほど、家屋の倒壊などが多く、改修中のものが多いです。
道路にがれきが散乱したり、テントが見える、ということはないので、車で移動している時は被害の様子は見えないです。
◆ホテル
●メリア・プロサニ(Meria Purosani)
→ロビーの破損(タワービルディングの一階の破損)が最も激しいとのこと。
現状は他のホテルが満室の場合や、事前予約無しのお客様のみ受け入れています。
プール、スパ、ロビーでのワイヤレス接続、ショップ、中華レストラン青山は閉鎖、および閉店。宿泊のみの受付。
9月から修復開始とのことです。
●シェラトン・ムスティカ(Sheraton Mustika)
→看板も降ろし、全く入場もできない状況です。修復予定も未定です。
●ハイアット・リージェンシー(Hyatt Regency)
→通常営業中です。
◆その他
→パラダイスバリツアーで利用する予定のレストラン、お土産物店も通常通り開店。
閉店したホテル・アンバルックモ隣の、巨大なショッピングモールプラザ・アンバルックモ(Plaza Ambarrukmo)
が開店していました。セントロ、カルフールも入店している、シネマコンプレクスです。
●メラピ山
→噴火の危険度は下がり、噴煙も少ない状況です。市内への煙や降灰はありません。火口から5Kmのところまで行ってきました。インドネシア国内からの観光客の多い観光地になっていますが、待避壕など何もないので、日本人のお客様にはおすすめできません。
以上、最新情報となります。
プランバナン寺院展望台

タマン・サリ(水の王宮)

プラザ・アンバルックモ

最新の記事

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク