1. ホーム > 
  2. バリ王研修レポート > 
  3. 第70回 オンラインホテル見学 「ソフィテル・バリ・ヌサドゥアビーチ・リゾート」

スタッフ研修レポート

 
 

第70回 オンラインホテル見学 「ソフィテル・バリ・ヌサドゥアビーチ・リゾート」

2022年4月

 

海外観光客受け入れを発表したバリ島。
ただまだ規制が多くバリ島旅行を楽しむにはもう少し時間が掛かりそうです。

皆様をベストシーズンのバリ島にご案内できず、スタッフ一同大変申し訳なく、そして残念に思っております。

そんな厳しい状況の中でもバリ島の「今」を知り、気になる新型コロナウィルス対策等はもちろん最新バリ島ホテルの情報を把握できるよう、バリ王スタッフはバリ島とオンラインを通じてホテル研修、見学をおこなっております。

その様子を少しお届け致します。

----------------------------------------

観光客に人気のヌサドゥアエリアに位置するソフィテル・バリ・ヌサドゥアビーチ・リゾート。
バリ島の伝統建築の中にフランス様式が感じられるデザインは、観光客のみならずバリの人々にも人気のホテルです。
ビーチを見渡せる開放的なロビーは、優雅でラグジュアリーさを感じられる造りとなっています。
そんなウェスティンリゾートについて、当レポートでは特に新型コロナウイルス対策に重点を置いてご紹介致します。

ロビーには手洗い場と消毒液が完備されています。

温度計で体温チェックも行うことができます。

フロントやその他対面の場所ではアクリル板が設置されています。

ホテル内ではPCR検査を行っています。

------------------------
各詳細につきましては下記をご覧下さいませ。

with新型コロナウイルスのニューノーマルでバリ島旅行はどう変わる?
ソフィテル・バリ・ヌサドゥアビーチ・リゾート 詳細ページ

バリ王スタッフの感想
〜今回のオンライン研修を受けて〜

■東京スタッフ 20代 女性
元々お問合せが多いホテルではない印象があり、イメージもあまり持っていませんでしたが、ホームページをみて、とてもラグジュアリー感溢れるリゾートだなと感じました。
またヌサドゥアの地域でヴィラとイメージすると、他のホテルの印象が強かったですが、こちらのリゾートはホテルタイプもヴィラもあり、なおかつどちらも高級感あってとても素敵だなと思いました。
個人的にはホテルタイプのお部屋でとても十分だと思いましたので、お客さまにはホテルタイプをおすすめするかなと感じました。
ラグジュアリープールアクセスのお部屋は、床がフラットタイプでどなたでもご利用されやすい造りとなっておりましたが、それに付随して、お部屋の家具やインテリアなども丸みを帯びたものがほとんどでした。
角が丸くなっているため、小さいお子様にもご配慮されているホテルだなと感じました。

■東京スタッフ 20代 女性
今回初めてソフィテルバリヌサドゥアを拝見しました。
お部屋は段差などが少なく、バリアフリー用になっていて、子どもからお年寄りの方まで不自由なく利用できるのはとてもいいと思いました。
お部屋自体は、ヨーロッパスタイルを感じつつもバリっぽさも感じられて、少し南国感が味わえると思います。
プレスティージスイートは、147uとかなり広く、インテリアがお洒落で豪華な印象です。
通常だとバスタブは、バスルームの中にありますが、こちらのお部屋タイプはベット前にバスタブが置かれているので日本ではあまり見ないタイプのお部屋だと思います。
ですが、バスタブはかなり大きく、窓を開けたら外の空気を味わいながら浸かれるので、気持ちよさそうだなと思いました。
部屋が広いのと外の空気が入るので湿気の心配はないですが、床がツルツルしているので、歩く際は注意が必要です。
ラグジュアリープールアクセスは、お部屋からバルコニーまでの雰囲気がとても好きです。
またプールに直接行けるので好きな時に入れて便利だと思います。
バルコニーの周りは植物が備えられているのでお隣が見えるなどの心配もなく安心です。
ベットの下にライトが付くなど、なかなか珍しいタイプだと思いました。
日本人の方にはラグジュアリールームが1番使いやすいお部屋だと思いますが、他のお部屋にもチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

■東京スタッフ 20代 女性
今回ソフィテルバリヌサドゥアビーチリゾートを初めて見学させていただきました。
ロビーは天井が高く開放感のある作りでした。
ヨーロッパのスタイルも取り入れているとのことで大聖堂のような雰囲気も画面越しで感じられました。
どのお部屋も現代的でありながらもバリっぽさとヨーロッパスタイルが組み合わさったバランスの良い内装でした。
プレフティージスイートのお部屋が特徴的でバスタブがバスルームの中ではなく部屋の中に置かれています。
日本人には馴染みがありませんが、ヨーロッパの人々の生活スタイルが想像できておもしろいと感じました。
また湿気が気になりそうですが、お部屋も広々としていてバスタブは窓側に設置されているため気になる場合は窓を開けて調整することができるので心配はありません。
ラグジュアリープールアクセスはバルコニーからそのままメインプールまでアクセスするごとができます。
プールへ移動する手間も省け、自分の好きなタイミングでプールへ入ることができるのもポイントです。
キッズクラブも充実しているためファミリーも楽しんで泊まっていただけるホテルです 。

■名古屋スタッフ 30代 女性
全体的に流石フランス系ホテルこともありお洒落でモダンな印象を受けました。
しかしお部屋は高級感漂う中でも所々にウッディな雰囲気を兼ね備えており、あたたかみも感じられるため落ち着いて過ごせそうです。
個人的にはボトムカテゴリーとなるラグジュアリールームでも、十分すぎるほど快適な滞在ができそうだなと思ったのですが、プールを利用されるお客様にはプールアクセスのお部屋も非常に魅力的だなと思いました。
ヴィラはより一層高級感が増したお部屋で素敵でした。
プールバーやレストランも充実しており滞在中の楽しみもたくさん見つけられそうです。
サンデーブランチがとても気になるので、ぜひ行ってみたいです!

■大阪スタッフ 20代 女性
フランス系ホテルグループの高級ホテルリゾートという事もあり、ロビーのデザインから重厚感があり、芸術的な雰囲気がありました。
一番スタンダードなラグジュアリールームでも十分な広さがあり、モダンかつスタイリッシュなデザインなので老若男女問わず好まれやすく、バスタブも全部屋付いているのは嬉しいポイントでした。
プレステージスイートは名前通り豪華なお部屋ですが日本人が使うには広すぎる感じもあり、バスタブがベッドルームにあるのは馴染みがないので、通常のバスルームにバスタブがあるお部屋タイプの方が良いかと感じました。
メインプールまで繋がっているプールにバルコニーから直接アクセスできるプールアクセスルームや、独立したミニプールがバルコニーについているラグジュアリールームプランジプールまで、プールに特化したお部屋の種類が多くて驚きました。
無料アクティビティの充実度も高く、キッズルームでのアクティビティまで用意されているので、ホテル内に一日中のんびり滞在しても大満足できる内容だと思いました。

■大阪スタッフ 30代 女性
お部屋に関してはきれいでおしゃれだなという印象でしたが、その中でも特に強く印象に残ったのがまずプールアクセスのお部屋。
プールアクセスというと正直日本人向きではないイメージでしたが、お部屋からプールに出た際も緑が多くそのおかげでプライバシー感を保てており、いい意味でイメージが覆されました。また段差も少なく、ファミリーフレンドリーという言葉がぴったりなお部屋だなという印象でした。
広い敷地内をお散歩するのも気持ちよさそうで、ビーチも広く木陰が多いのが個人的にうれしいポイントでした。
日焼けを気にせずのんびりできそうです。
ヌサドゥアエリアに宿泊する際の新たな選択肢としてご提案していきたいと感じました。

■大阪スタッフ 30代 女性
今まで見たことがないタイプの造りの、ガジュマルをイメージしたという大きな柱が中心となった大きな円形のロビー。
フレンチとインドネシアを融合したデザインはフランス系のソフィテルならではという感じでした
壁面に木彫りで描かれたバリの人々の生活も、主張しすぎないオシャレなデザイン。
フロントは円形のすぐ隣のスペースにあり、ビーチを見ながらウェルカムドリンクを頂けるロビーバーも素敵でした。
コンテンポラリーモダンスタイルのお部屋は、床が大理石でバリ島のホテルでは見たことがないスタイル!
白を基調として、バリっぽさをまったく感じさせません。
引き戸の奥のバスルームは、奥ではなく入ってすぐにバスタブがあったり、セーフティボックスが荷物置きの端にあったりと、細かいところでも驚きが。バルコニーのゆらゆら揺れるチェアも楽しそう。
ラグジュアリールームとお部屋は同じで、プールアクセスがついたカテゴリーやプランジプールがついたカテゴリー、スイート(今回視察した中でスイートだけウォシュレットあり)や別の棟にはヴィラもあり、カテゴリーの種類が豊富で魅力的だなと感じました。
プールアクセスのお部屋はメインプールへ繋がっていて、プールへ出るにも隣のお部屋が気にならないようなデザイン、段差もほとんどないため宿泊に子供の年齢制限もなく、子供には最高のお部屋に見えました。
今回のオンライン視察ではこれまでで一番ホテルのゲストが多かったそうで、バリっぽさを好まないインドネシア人には近代的なホテルが人気と言うのも頷けます。

■大阪スタッフ 20代 女性
初めての見学になりましたが、元々のイメージを強く持っているわけではなかったので、新鮮な気持ちで見ることができました。
フランスの雰囲気が感じられるリゾートということで、内装はとにかくおしゃれという印象がとても残りました。
水回りも今までないようなバスタブやシャワーブースの造りになっていますが、別々になっているので使い勝手は良さそうでした。
スイートルームに関してはバスタブはベッドルームの中にあり、フランススタイルがとても表れているお部屋になっていましたが、斬新で日本人にはびっくりする配置になっていました。
外の景色を楽しみながらゆっくりするという意味ではありかもしれません。
プールアクセスルームは他のホテルに比べて木々で隠されており、丸見えになっていないところが日本のお客さんにも気にならないのではないかと思いました。
直接メインプールにも行けるところが大きなポイントです。
プランジプールのお部屋は小さいながらにこちらはプライバシーかが確保されているので、周りを気にすることなく利用できるのは強みだと感じました。
ヌサドゥアエリアの中では案内することがそこまで多くなかったホテルでしたが、今回新たな発見がたくさんあったので、ぜひおすすめしていきたいと思います。

■大阪スタッフ 20代 女性
今まであまり馴染みのないホテルで、特徴をとらえきれていなかったのですが、今回のオンライン研修でいい意味で想像を超えた素敵なホテルだということがわかりました。
ホテルの雰囲気はバリとフランスのデザインの融合のコンセプト通りお洒落でモダンな印象を受けました。
お部屋はボトムカテゴリーでも十分なほど広く、バスルームが開放的であったり高級感のある雰囲気が素敵でした。
スイートのお部屋やプランジプール付きのお部屋もありましたが、中でもプールアクセスのお部屋が特に素敵だと感じました。
いろいろなホテルにプールアクセスのお部屋がある中でも、プライバシーに配慮されている造りやお部屋からメインプールにつながっている造りは便利で安心感もあり、お部屋はラグジュアリー感もあって個人的には今まで見た中でもトップクラスのプールアクセスのお部屋だと思います。
無料のアクティビティが豊富にあったり、海の前にあるレストランではクッキングクラスも開催されているということで、滞在中も様々な楽しみ方ができるホテルだと思います。

 
ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王
東京支店03-3526-7085
名古屋支店052-930-5951
大阪支店06-6533-5222

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員