1. ホーム > 
  2. バリ王研修レポート > 
  3. バリ島研修レポート 2014年12月 その1

スタッフ研修レポート

 
 

バリ島研修レポート 2014年12月 その1

大阪支店スタッフ (RO.) 2014年12月

 

12/12〜12/18まで5泊7日のバリ島研修に行かせていただきました。

12日朝8時30分頃少し早めに関西空港へ。
4階へエスカレーターで上がるとすぐに北団体カウンターに着きました。
バリ王のカウンターでEチケットを受け取り、その後ガルーダインドネシア航空のチェックインカウンターへ。
まだ時間も早かった為か並ばずにチェックインすることが出来ました。機内入国審査をその日は実施していないということでUS35ドルを用意するよう案内を受け、両替しました。日本円にすると約4200円(その日のレートによります)でした。

 関西国際空港 チェックインカウンター 関西国際空港 チェックインカウンター

出国手続き等を終え、いよいよ飛行機へ搭乗。
機内には日本人の客室乗務員もいましたので、英語が不安という方でも安心だなと思いました。また入国カードの書き方等も座席の前に置いてある冊子に日本語で書き方の見本がありましたので、とても参考になりました。
機内食は日本食またはインドネシア料理から選べました。私は日本食を選択しました。

 ガルーダインドネシア航空 機内食(日本食) ガルーダインドネシア航空 機内食(日本食)

 
現地時間の17時過ぎにデンパサール空港に到着。
流れに添って進んでいくとVISA取得場所へとすぐ着きUS35ドルを支払うとすぐに受け取ることが出来ました。
入国審査も何も聞かれることなく無事に通過し、荷物を取り、空港の出口へ。
 

 デンパサール空港 ガイドと合流 デンパサール空港 ガイドと合流

沢山のガイドさん、またはタクシーの勧誘がいましたので分かるかなと思ったのですが、緑の目立つシャツを着てこのようなネームプレートを持ってくれていたのですぐに気付きました。普段はバリ王のロゴのプレートを持って待ってくれていますが、今回は特別にネームプレートを用意してくれました。
その後、パラダイスバリラウンジへ。空港から5〜10分のすぐ近くにあるのですぐ着きました。最近改装したばかりなので外装もとても綺麗です。中にはソファ席やシャワールームもあり、お土産も販売しています。両替を済ませ、羽田空港から来る同行者を1時間半程こちらで待ちましたが、荷物の整理やゆっくり寛ぐことも出来たので時間を潰すのにも最適でした。

 パラダイスバリラウンジ パラダイスバリラウンジ

 
 
【GEKKOレストラン】
バリ島での初めての夕食はジンバランビーチにあるGEKKOへ。
こちらはシーフードグリルが有名なレストランで目の前が海の素敵なテーブルに案内していただきました。波音を聞きながらお食事を楽しむことが出来ました。(テーブルに生演奏してくれるサービス等もありました。)お料理は少しスパイスが効いていて日本人も好んで食べられる味だと思いました。

 ジンバラン 「GEKKOレストラン」 ジンバラン 「GEKKOレストラン」

 
 
【インターコンチネンタル】
初日はこちらに宿泊させていただきました。
ホテルに入る前にゲートがあり車をチェックしてから中へと入れます。
到着後、ウェルカムドリンクをいただきチェックイン。天井が高く開放的で、バリ島らしい雰囲気だと思いました。
宿泊のお部屋はシンガラジャルーム。シンガラジャカテゴリーのお部屋に宿泊すると専用のラウンジが24時間無料で使え、飲み物・フルーツ等が食べ放題でした。ですが、私たちが宿泊した部屋からはこちらのラウンジが遠く、利用することはありませんでした。お部屋から近ければ利用するのもオススメですが、遠ければ必要ないかなと正直思いました。お部屋には、手書きの手紙・チョコレートもありとても幸せな気持ちになりました。
お風呂場もシャールームとバスタブのどちらもあるので日本人が快適に使えるお部屋でした。

 インターコンチネンタル バリ リゾート シンガラジャルーム インターコンチネンタル バリ リゾート シンガラジャルーム

 インターコンチネンタル バリ リゾート 専用ラウンジ インターコンチネンタル バリ リゾート 専用ラウンジ

朝食は、ビュッフェ式でテラスか室内で食べることができ、天気が良かったので私たちはテラスで食べることにしました。風が気持ちよく、朝からとても気分が良くなりました。日本食コーナーもあり、種類もとても豊富なので連泊される方でも飽きずに毎日朝食を楽しめると思いました。雨季の時期なのでやはり虫が多いようで、苦手な方は室内で食べる方がオススメです。

 インターコンチネンタル バリ リゾート 朝食ビュッフェ インターコンチネンタル バリ リゾート 朝食ビュッフェ

ホテル内には6つのプール(クラブルーム専用プールも含む)があり、海にもすぐに行けるので家族で楽しめるホテルです。


【フォーシーズンズジンバラン】
こちらはジンバランの中でも高い位置にあるホテルで景色がとてもきれいでびっくりしました。ロビーは吹き抜けになっていて素敵な景色が一望出来ます。お部屋やレストランまでの移動は全てバギーで連れて行ってくれます。
初めてヴィラを見たということもありますが、お部屋に入った瞬間あまりにも素敵で感動しました。シンプルな内装で落ち着きがありました。また、お部屋のプールからの景色はまさに絶景でした。ハネムーンで宿泊されるのが多いそうで、ガゼボでのロマンティックディナーも大人気だそうです。
また、レジデンスヴィラではお部屋もプールもとても広く、家族や大人数の友達と泊まるのにオススメだと思いました。
またスンダラレストランでは海とプールを目の前にお食事を楽しむことが出来ます。こちらはホテルに宿泊されていない方も食べに来る程の人気のレストランです。

 フォーシーズンズリゾートバリ アット ジンバランベイ フォーシーズンズリゾートバリ アット ジンバランベイ

 
【カユマニスジンバラン】
カユマニスはシナモンの木を意味するようでこちらのホテルでは、アメニティ等にもシナモンが使われています。カユマニスヌサドゥアとカユマニスウブドでは子供の年齢制限があるため、最近では家族で来られる方も増えているようです。
朝食の時間は時間の制限を特に決めていないので、朝ゆっくりしたい時はお昼ご飯として朝食を頼むことが出来ます。また、何かの記念日などにサプライズなどをする方が多いと思いますが、こちらでは日本人スタッフもいるので相談しやすいかと思いました。先日もサプライズプロポーズのご依頼があったようで、積極的にお客様の要望に応えてくれるスタッフの方が多くアットホームな雰囲気だと思いました。

 カユマニス・ジンバラン・プライベート・エステート カユマニス・ジンバラン・プライベート・エステート

 
【Loco Cafe】
バリコレクションの隣にあるインドネシア料理店。こちらでナシゴレンをいただきました。アジア料理が少し苦手で食べられるかバリ島に来る前は少し心配でしたが、どれも美味しかったです。

 Loco Cafe Loco Cafe

 
【コンラッド】
建物はシックでとても落ち着く印象でした。ホテル棟はスイート棟とリゾート棟の2つに分かれています。こちらのホテルで印象的だったのが、広いプールと人造ビーチでした。こちらの砂浜はお子様連れに、とても人気です。またホテル内のチャペルは目の前が海で誰しも憧れるような素敵なところでした。スイートのお部屋を見せていただきましたが、お部屋もとても広く、のんびりできそうだと思いました。テラスにも寝ころべる大きさのソファがあり、プールが一望出来ます。ビーチ沿いのガゼボでは読書をする人も多く、非日常な瞬間を感じられると思いました。

 コンラッド バリ コンラッド バリ

 
【ザ・バレ】
白を基調としたホテルで建築にこだわっていると感じました。デラックスシングルパビリオンに宿泊される場合、2時間フリーカクテル、1日1回選べる特典(スパかランチかディナー)が付いているのでとてもお得です。朝食はアラカルトより好きなだけ注文することができ、パンケーキやベネフィクトもありとても人気なようです。アメニティは6種類の石鹸より選ぶことができ、女性の方もしくはカップル向けな印象を受けました。ロビーの上にあるTAPAレストラン(17:00-24:00)では少しおつまみを食べながらお酒を飲みたいという方にオススメです。また、こちらでいただいたフレッシュアイスもとても美味しかったです。

 ザ・バレ ザ・バレ

 
【メリアバリ】
エントランスから入ると一番に目に入ったのが、天井にかかれた絵でした。少し老朽化を感じられるホテルでしたが、徐々にリノベーションをしているようで、個人的にはあまり気になる程ではありませんでした。ラグーンアクセスルームでは、テラスから直接プールに入ることが出来ます。ヴィラはビーチのすぐ前にあり、ホテル宿泊の方以外にも沢山人が通っていましたので、静かな雰囲気の中のヴィラをご希望でしたら他の方がいいのではないかと思いました。ホテル棟では前日までにホテルスタッフにリクエストすると砂にメッセージを書いてくれるというサービスもあるので、お誕生日のメッセージ等お願いするのも思い出に残るなと思いました。

 メリア バリ メリア バリ

 
【グランドハイアット】
バリコレクションの前という好立地。ただホテルがとても広いので、宿泊する場所に寄ってはかなり歩かないといけないかなと思いました。フロントまでの道には池があり、他のホテルとは少し違った印象でした。スタッフの方は迷っているとすぐに話しかけてくれ、とても親切です。一番下のカテゴリーのグランドルームを見学しましたが、ソファをそのままエキストラベッドとして使える大きさになっているので、3名で泊まる場合も狭くならずに使うことが出来ます。正直このお部屋でも充分すごいとびっくりしていましたが、その後に見せていただいたグランドエグゼクティブスイートはとても広く、お部屋でゆっくり寛ぎたい人には本当にオススメです。私が今回の研修で見たホテル棟での一番のお部屋でした。SALSA BARでは景色を眺めながらお酒を楽しめます。

 グランド ハイアット バリ グランド ハイアット バリ

夕食はこちらのPASAR SENGGOLでいただきました。
インドネシア料理のビュッフェ形式。大きく分けて3か所料理で料理を提供しており、沢山の種類の料理がありました。毎日20:00からは伝統舞踊を鑑賞しながら、食事をすることが出来ます。

 グランド ハイアット バリ PASAR SENGGOL 夕食 グランド ハイアット バリ PASAR SENGGOL 夕食

 グランド ハイアット バリ PASAR SENGGOL 伝統舞踊鑑賞 グランド ハイアット バリ PASAR SENGGOL 伝統舞踊鑑賞

 
【アヤナリゾート】
2日目宿泊のホテル。今メディアで沢山取り上げられているし、バリ王でもとても人気なので一番気になっていたホテルです。到着するとすぐにフラワーレイをかけてくださり、一気に南国気分を味わえます。ロビーは広く開放的で高級リゾートホテルという印象でした。チェックインを済ませ、すぐに行ってみたかったロックバーへ。時間が遅かったので、特に何も見えませんでしたが、お客様も沢山いて雰囲気を楽しめました。夕刻時はやはり混むようなので、早めに行くのをオススメします。
宿泊は部屋指定なしのお部屋でしたが、充分豪華で大満足でした。ですが、WIFIはこちらのお部屋ですと有料制でしたので、ロビーや朝食会場でインターネットを使用している人も見かけました。個人的な意見ですが有料で使う場合、手続きが必要なのでそちらも全室無料で簡単に使えるようになればありがたいなと思いました。
朝食はビュッフェ式。種類も豊富で日本食もありました。ココナッツの実を割ってくれ、飲むこともできました。

 アヤナ リゾート&スパ バリ お部屋 アヤナ リゾート&スパ バリ お部屋

 アヤナ リゾート&スパ バリ 朝食 ココナッツの実割り アヤナ リゾート&スパ バリ 朝食 ココナッツの実割り

5ドル追加でヴィラの朝食を食べることもでき、またはリンバジンバランに行って無料で朝食を食べることも出来るので、何泊しても飽きないと思いました。

アクアトニックは2時間インストラクターの方が付いてくれます。500kcalも消費出来るようで、ハネムーナーの方に特に人気なようです。スパでいただいたジンジャーティーは飲むと体が温かくなり、美味しかったです。

ヴィラご宿泊の方は24時間バトラーサービスとバギーサービスがあります。お部屋のお風呂には、必ずフラワーバスを用意してくれています。

 アヤナ リゾート&スパ バリ  アヤナ リゾート&スパ バリ 

 
【リンバジンバラン】
アヤナリゾートと違って現代らしい造り。シャトルバスが約15分置きにあるので、両方の施設を利用することが出来ます。玄関には竹で出来たシャンデリアがあり、アヤナとは全く違った雰囲気。全体的に船をイメージして造られており、古い舟を買い取り様々なところでその資材が使われているのが分かります。
こちらは2013年10月に出来たのでお部屋も新しく綺麗でした。アヤナよりもう少しリーズナブルな価格で泊まりたいという方にオススメです。スイートのお部屋ではアメニティもロクシタンでした。(ブランドは変わりやすいようです。)ウォータースライダーやなキッズクラブ(豪華なシアタールームがあります)もありお子様が遊ぶ施設もこちらにはあります。また、ルーフトップバーでは夕日も綺麗に見れるので、ロックバーが込み合っていて嫌という方にオススメです。
アヤナは施設等はもちろん素晴らしかったですし、お部屋のインテリア等はやはりリンバと比べ豪華な感じはしますが、特にお部屋にこだわりがないようでしたらリンバでお安く泊まる方がお得だと思いました。

 リンバ・ジンバラン・バリ・by・アヤナ リンバ・ジンバラン・バリ・by・アヤナ


【マヤウブド】
ジンバランから2時間半程かけてウブドへ。ビーチ側とは景色が全く違い驚きました。
ホテルについてまず昼食。景色を見ながらナシゴレンをいただきました。前日に食べたナシゴレンとはまた違う味でしたが、とても美味しく、ボリュームも満点でした。

 マヤ ウブド リゾート アンド スパ ランチ マヤ ウブド リゾート アンド スパ ランチ

お部屋はスーペリアルームとデラックスプールヴィラを見学。どちらもお部屋からの景色の眺めが素晴らしかったです。バギーが故障中とのことで、スパ施設の方まで歩いて行きましたが、坂道になっていてなかなか良い食後の運動になりました。歩くのが好きな方は景色がきれいなので散歩するのもオススメです。また、こちらのヴィラはバリアフリーなので、様々な方が宿泊しやすいと感じました。公共のプールはまさに森の中。澄んだ空気の中で入ると一段気持ちいいのではと思いました。

  マヤ ウブド リゾート アンド スパ   マヤ ウブド リゾート アンド スパ 

 
【フォーシーズンズ サヤン】
ジャングルのような道を抜けて到着。景色を一望できる橋をわたり、階段を下に降りるとロビーがあります。ウェルカムドリンクは珍しいスイカとレモンシロップの飲み物でした。ビーチ側の大型ホテルと違って混みあっていないので、静かな雰囲気で宿泊出来ます。滅多に体験することの出来ない田植え体験もこちらでは出来るようで、都会暮らしの日本人の方に人気だそうです。田植えは3期作で作っているので、1年中いつでも体験出来ます。敷地内には村のお寺もあり、地元の方がお祈りに来るのでバリ島の文化も近くで感じられます。こちらのお寺からの景色が案内していただいたスタッフの方のオススメとのことで本当にずっと見ていられるようなパワースポットに来ているかのような景色でした。お部屋は全て2階部分が入口になっています。1階のベランダから外に出ることも可能で、そこにバギーで迎えに来てくれます。キッズルームは高い位置(日本でいう高床式倉庫をイメージ)にあり、お子様も喜ぶこと間違いないと思います。公共プールは目の前が川で素晴らしかったです。

 フォーシーズンズ リゾート バリ アット サヤン フォーシーズンズ リゾート バリ アット サヤン

 
【ロイヤルピタマハ】
入口に大きなオブジェがありとても印象的でした。自然を歩きながら楽しんでほしいとのことで、バギーは基本的に使わないそうです。階段も沢山あり疲れるので、途中で休憩出来るスペースも確保されています。道はバリ島の民家を通っているようイメージされており、バリ島らしい雰囲気を味わいたい方にオススメです。全てのお部屋のベッドからは景色が見え、目覚めた時から快適な気分を味わえるように工夫されています。ベッドも天蓋付きでとても素敵でした。
正直な感想として、やはり歩く距離が長いのでホテル内の移動であまり歩きたくない方やお年を召した方には、バギーのあるホテルの方がオススメだと思いました。

 ロイヤルピタマハ ロイヤルピタマハ

 
【クプクプバロン】
3日目宿泊のホテル。クプクプとは蝶々という意味で、蝶々をモチーフにしたものがホテルには沢山ありました。ロビーに入り、まず目に入ったのがロマンティックディナーの会場でした。とても目立つので、そこでお食事するのは少し恥ずかしい気もしましたが、しきりもあるので2人だけの特別な空間でお食事を楽しめるなと思いました。
早速レストランで夕食をいただきました。テーブルには蝶々の形のナプキンとハート型のお花がありとても素敵でした。前菜もメインを選ぶことができ、味もとても美味しかったです。お食事中はまだ10歳の男の子が伝統舞踊を披露してくました。

 クプクプバロン ヴィラス & ツリースパ レストランでの夕食 クプクプバロン ヴィラス & ツリースパ レストランでの夕食

今回はアユンリバークラブのお部屋の宿泊。
お部屋まではバトラーの方が説明しながら連れて行ってくれました。初めてヴィラに泊まれるということでとても期待していましたが、お部屋はその期待を上回る程素晴らしかったです。外では川の流れる音が聞こえ、眺めも綺麗でとても癒されました。チェックインが夜だった為、肌寒くプールにはさすがに入れませんでした。ウブドに宿泊の際は冷えるので羽織るものが必要です。お風呂も開放的で、疲れが一気に取れました。今回泊まるのが1泊でしたので、寝るのがもったいないぐらいヴィラの居心地は最高でした。
朝食は天気が良かったので、ヴィラでいただきました。コンチネンタルブレックファーストで選ぶことが出来ました。

 クプクプバロン ヴィラス & ツリースパ アユンリバークラブ クプクプバロン ヴィラス & ツリースパ アユンリバークラブ

 
インスペクションではドュプレックスヴィラを見学しました。ヴィラのイメージは一棟ずつ離れている印象ですが、こちらは隣合っているお部屋で、民家をイメージして造られています。お部屋からは見える住家のような屋根は、バリらしさを感じられます。クプクプバロンではバリの伝統を重んじつつ、ヨーロッパテイストも取り入れているので、様々な国や年代の方から支持されています。また、ロクシタンスパも女性の方に大人気です。中でもツリールームはスパを代表する絶景ルームでした。

ウブドのヴィラは自然がいっぱいで眺めもとてもよく大満足でしたが、街歩きが好きでいろな所を見て回りたい私にとっては1日宿泊しゆっくり過ごせれば充分で、それ以上連泊すると退屈してしまいそうだと思いました。

 クプクプバロン ヴィラス & ツリースパ ドュプレックスヴィラ クプクプバロン ヴィラス & ツリースパ ドュプレックスヴィラ

 
ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王
東京支店03-3526-7085
名古屋支店052-238-1695
大阪支店06-6533-5222

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員