オプショナルツアー完全ガイド

絶景が目の前!バリ6大寺院の一つ&ダイナミックな舞踏劇

バリ島最南端の断崖絶壁上に位置するウルワトゥ寺院



dance_1.jpg


バリ島最南端の断崖絶壁上に位置するウルワトゥ寺院と、サンセットを臨む寺院内での迫力のケチャ・ダンス
鑑賞。ディナーはジンバランビーチにて新鮮なシーフードBBQをお楽しみ下さい!

16:00頃、ガイドさんがホテルまで迎えに来てくれました。「コンニチワ〜。」




dance_2.jpg


「私の名前はスキルティアです。」よく見ると左胸にカタカナでガイドさんの名前が書かれてました。



車はお客様だけのプライベートカー



dance_3.jpg


「ハイ、どうぞ〜。」、車はお客様だけのプライベートカーなので、気兼ねなくワイワイおしゃべりも
出来ちゃいます。




dance_4.jpg


「ウルワトゥ寺院までは30分くらいですよー。」と冗談を交えながら話すスキルティアさん。

釣りが趣味なんだって。こんな会話が出来るのもプライベートカーだからこそ。



ウルワトゥ寺院へ到着



dance_5.jpg


そうこうしている内にウルワトゥ寺院へ到着。お寺に入る前にはサロン(腰布)やスレンダン(腰帯)も入口で
貸してくれます。




dance_6.jpg


それでは早速寺院の中へ入ってみましょう。あ〜、なんかドキドキしてきた〜!



至るところから猿が出没



dance_7.jpg


寺院へ続く道の左右は猿の生息する森になっていて、至るところから猿が出没。ちょっとビックリ!



身の回りのものには充分注意して!



dance_8.jpg


悪戯好きの猿はこっそり木陰から手に持っているペットボトルやビニール袋、カメラや眼鏡、帽子なんかも狙っています。取られたら最後、戻って来ませんので身の回りのものには充分注意して!



歩く際には気をつけて



dance_9.jpg


断崖絶壁の上に建つウルワトゥ寺院内には階段や起伏がてあり、また道幅が狭くなっているところもあるので、
歩く際には気をつけて。



祭礼のない時はひっそりとしています



dance_10.jpg


階段を上りきった場所にあるウルワトゥ寺院の境内。祭礼のない時はひっそりとしています。



「立ち入り禁止」の文字が



dance_11.jpg


よく見ると「立ち入り禁止」の文字が。
「ヒンドゥー教徒じゃない人は入れないんだよ〜。」とのことで、残念ながら柵の外からの見学になります。



バリ6大寺院の一つにも数えられるウルワトゥ寺院



dance_12.jpg


バリ6大寺院の一つにも数えられるウルワトゥ寺院。
10世紀に高僧ウンプ・クトゥランにより建立され、16世紀に高僧ニラルタが増築したとされる歴史的価値もあるヒンドゥー寺院です。



絶景が目の前に!



dance_13.jpg


インド洋の荒波が打ち寄せて作り上げた絶景が目の前に!すごぉ〜ぃ...!!!



海抜70mの絶壁



dance_14.jpg


海抜70mの絶壁の上に佇むウルワトゥ寺院。海へ突き出した突端に三層のメルや境内が建っています。



ケチャ・ダンス



dance_15.jpg


18:00から始まるケチャ・ダンスのチケットはこちらで。日本語の解説もゲット!「分かりやすいね〜。」




dance_16.jpg


会場はこちら。ガイドさんに着いて行きましょう〜。




dance_17.jpg


崖の上の左側に見える場所がケチャ・ダンスの会場。すごい場所に建ってるな〜、と改めて実感。




dance_18.jpg


ケチャ・ダンスの会場は円形型のコロシアム風の屋外劇場。席は先着順です。
寺院をバックに臨む南側の席が西日もさほど眩しくなく、おすすめ。



いよいよケチャ・ダンス開演!



dance_19.jpg


いよいよケチャ・ダンス開演!まずは何事もなく終わりますようにと、プマンク(僧侶)のお清めの儀式から。




dance_20.jpg


うわっ!出てきた出てきた!
「チャッ、チャッ、チャッ」とうねり声をあげながら半裸の男性がぞろぞろと登場して来ました。




dance_21.jpg


一切楽器を使わず、男声だけで数種類の音を操るダイナミックなパフォーマンスが展開。
チャッ、チャッという掛け声は猿の鳴き声をイメージしたとも言われますが、真相は今のところまだ謎に
包まれたまま。




dance_22.jpg


演技の途中でも聖水をかけ、公演の無事を祈ります。




dance_23.jpg


物語の主人公、手前がシータ王女、奥がラマ王子。共に女性ダンサーによって演じられています。




dance_24.jpg


黄金の鹿キジャンが登場。シータ王女を自分のものにしようとする魔王ラワナの化身。
悪の手先なんだけど、無邪気に飛び跳ねる仕草が可愛い。




dance_25.jpg


キジャンを使い、ラマ王子をシータ王女から引き離した魔王ラワナ。 動きがなんともふてぶてしい!




dance_26.jpg


シータの気を引こうとして失敗したラワナはあの手この手と使い、老人に化け、油断したシータをとうとう誘拐、自分の宮殿へ幽閉してしまいます。




dance_27.jpg


ラマ王子の援軍、白い猿の勇者ハノマンが登場。捕らわれの身になったシータを 助け出そうとします。




dance_28.jpg


ストーリー後半ではラクササとアンガダといったラワナの手下も道化として登場し、ユニークな仕草で会場を盛り上げます。




dance_29.jpg


シータを助けに向かったハノマンは逆に捕らわれの身に。火あぶりにされる前に改めてプマンクの
お清めの儀式。




dance_30.jpg


周囲を火に包まれるハノマン。あ、熱い...っ!!!




dance_31.jpg


クライマックスは燃え盛る火の中で目が覚めたハノマンが燃える松明を蹴散らし、脱出するシーン。
手前の席には火の粉が飛んでくる可能性もあるので注意!



ダンサーたちと記念撮影も可能



dance_32.jpg


ショーの後はダンサーたちと記念撮影も可能。持参のカメラで旅の記念に是非どうぞ。




dance_33.jpg


シータ王女と写るスキルティアさん。嬉しそう。




dance_34.jpg


ショーが終わる頃は見事に空が赤く染まったサンセット・タイム。



ジンバラン・ビーチにあるオープンエアーのレストラン



dance_35.jpg


ウルワトゥ寺院を後にして、向かったのはジンバラン・ビーチにあるオープンエアーのレストラン。
(実際の来店は日没後になります。)




dance_36.jpg


店内は日本の海の家に似たシンプルで簡素な雰囲気。



オープンエアーの席



dance_37.jpg


ディナーはビーチがすぐ目の前のオープンエアーの席。
夕暮れ時になると24軒もの店舗がずらりとビーチに席を出し、サンセットを目的に来る人たちで大賑わいに
なります。



ジンバラン・ビーチ



dance_38.jpg


普段はのどかな漁村の雰囲気が漂うジンバラン・ビーチ。




dance_39.jpg


やっぱりバリ。海へのお供え物も欠かせません。



魚介類を調理しているところが見れます



dance_40.jpg


店内では獲れたての魚介類を調理しているところが見れます。
「熱いよ〜。焚き火だよ〜。」って、違うよ、スキルティアさん。(笑)



イカン・バカールが定番メニュー



dance_41.jpg


炭火でグリルされたあつあつのイカン・バカールが定番メニュー。




dance_42.jpg


サンセットの時間に合わせてお客さんも増えてきます。




dance_43.jpg


案内された席に座ると、ウェルカム・ドリンクが出てきました。



前菜



dance_44.jpg


前菜は日替わりのスープとカンクン(空芯菜)のサラダ。



海の幸が盛りだくさんの豪快BBQ!



dance_45.jpg


メインは海の幸が盛りだくさんの豪快BBQ!ジンバラン産の獲れたての魚や貝、海老など、お好みのサンバルソースでお召し上がり下さい!




dance_46.jpg


デザートは季節のカット・フルーツ。




dance_47.jpg


ソフト・ドリンクまたはミネラルウォーターはお一人様1本まで無料です。




dance_48.jpg


それ以外のアルコール類やジュース等は別途有料になります。




dance_49.jpg


テーブルに並べるとこんな感じです。「いっただっきま〜す!」




dance_50.jpg


波音を聞きながらのシーフード・ディナーはきっと旅の良い想い出になるはず。



リンディックの演奏



dance_51.jpg


夕暮れと共に始まるリンディックの演奏。竹の音色が景色に馴染んで気持ちいぃ〜。




dance_52.jpg


日が暮れ出すとスタッフが各テーブルのキャンドルに火を灯してくれます。



バンド演奏や弾き語りも登場



dance_53.jpg


日没後にはバンド演奏や弾き語りも登場。
ポピュラーな曲から日本語の歌までレパートリーが幅広いので、是非好きな歌をリクエストしてみて。



お帰りも専用車でホテルまで送迎



dance_54.jpg


ディナーの後は、お帰りも専用車でホテルまで送迎。
「お疲れ様でした。またね〜。」ありがとう、スキルティアさん。

ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王
東京支店03-3526-7085
名古屋支店052-238-1695
大阪支店06-6533-5222

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員