ヌサドゥアの最高級五つ星ホテル 『リッツカールトンバリ』 その魅力に迫る! 「ホテル施設まるわかり」編

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

  1. ホーム > 
  2. ホテルレポート一覧 > 
  3. ヌサドゥアの最高級五つ星ホテル 『リッツカールトンバリ』 その魅力に迫る! 「ホテル施設まるわかり」編

ホテルレポート

ヌサドゥアの最高級五つ星ホテル 『リッツカールトンバリ』 その魅力に迫る! 「ホテル施設まるわかり」編

投稿日:2016年9月26日

バリ島ヌサドゥアのファイブスターホテルが集まる特別地区・BTDCから車で更に南に進むこと約5分。空港からの所要時間は約30分弱。(有料道路使用の場合となります)


穏やかな白砂のビーチがありながら、メインロビーは70メートル余の断崖の上という、他のホテルに比べてもリゾート敷地以内の高低差が大きい「リッツカールトンバリ」(以下「リッツ」と記載)には、ご宿泊中のお客様と外部からのお客様にご利用頂けるホテル施設が沢山あります。


前回はリッツのホテルファシリティー編として『クラブラウンジ』をご紹介致しましたので、今回はクラブラウンジ以外の魅力あるホテルファシリティを『ホテル施設まるわかり』としてご紹介致します。




まずは24時間ご利用頂ける『デパーチャーラウンジ』からご紹介します。




日本への直行便でご帰国される場合は、深夜便のご利用になる為、ホテルをチェックアウトしてからの時間をどこで過ごすか考えなくてはなりません。そんな時、このデパーチャーラウンジは24時間いつでも利用出来るので、とっても便利。


名前は「デパーチャー」となっていますが、勿論チェックイン時間前にご到着されたお客様がチェックインの時間までこちらでお待ち頂くことも可能です。


デパーチャーラウンジがあるのはホテルロビーと同じ1階。ロビーから海に向かって立った時に左側にあります。


デパーチャーラウンジのゆとりのあるスペースに置かれた椅子とテーブル。綺麗なブルーで落ち着く雰囲気のラウンジです。


rzb_1.jpg


PCも1台用意されていますが、ホテル内はWiFi接続フリーです。


PCデスクには油性マジック、ホチキス、セロテープなどのちょっとした文房具も用意されていて気が利いています。


rzb_2.jpg rzb_3.jpg


デパーチャーラウンジに用意されている、24時間無料のコーヒーや紅茶などの飲み物のセフルサービス。24時間無料なのが嬉しいです。


rzb_4.jpg rzb_5.jpg


デパーチャーラウンジ内にあるトイレ。


rzb_6.jpg


デパーチャーラウンジ内のシャワールーム。男女別で、シンプルなシャワールームですがゆとりのあるサイズです。タオルやシャワーに必要なアメニティがシャワールームに入る手前に用意されています。


rzb_7.jpg rzb_8.jpg


rzb_9.jpg rzb_10.jpg


rzb_11.jpg rzb_12.jpg


このデパーチャーラウンジの向かい側、海側にあるのが『RAKU LOUNGE & BAR
(ラク ラウンジ)』。素晴しい眺めが楽しめる日本食のラウンジ(有料)です。


シンプルな看板が掛かっています。


rzb_13.jpg


ラク・ラウンジはデパーチャーラウンジの向かい、インド洋を正面にしたガラス張りの場所です。外部のお客様でもご利用頂けるラウンジ&バーのお食事は日本食がメインで有料です。営業時間は夕方4時から夜11時まで。


rzb_14.jpg rzb_15.jpg


カウンターにはお寿司や寿司ネタが用意されていました。


rzb_16.jpg


特に人気の高いお席だという屋外席。この席からの素晴しいインド洋の眺めにうっとり・・・。


お天気に恵まれた夕方は、海に沈む素晴しいサンセットを眺めることが出来るそうです。


rzb_17.jpg rzb_18.jpg




次は、リッツのキッズクラブ『リッツ・キッズ』をご紹介しましょう。




キッズクラブの入り口はガラス張りの扉で明るい雰囲気です。


rzb_19.jpg


ニコニコした受付スタッフのいるレセプション。子供向けのプログラムが曜日別・時間別に沢山用意されています。基本的に4歳から12歳までのお子様が対象で、0歳から3歳までは大人の付き添いが必要になります。キッズクラブで用意されているプログラムの中で有料になるのは「キッズスパ」のみ。他は全て無料です。ベビーシッターが必要な場合は有料で手配出来ます。日本語を話せるシッターさんも居るそうです。キッズクラブの営業は朝9時から夜8時まで。


rzb_20.jpg rzb_21.jpg


フローリングの床に置かれたカラフルなビーズクッション。


rzb_22.jpg


この奥の扉を開けると、もう1つお部屋がありました。中のお部屋はテレビを見ながらゴロゴロするのに最適!


rzb_23.jpg rzb_24.jpg rzb_25.jpg


別のお部屋にもテレビが。このテレビはテレビゲームで遊べるそうです。


rzb_26.jpg


本も沢山用意されていましたが、ほとんどが英語の本でした。。。


rzb_27.jpg


子供とはいえ、女の子用と男の子用に分かれているトイレ。屋外のプールで遊ぶ際には更衣室代わりにも使われるそうです。


rzb_28.jpg rzb_29.jpg


屋外の遊具もカラフルで楽しそう。


rzb_30.jpg


スライダーの付いた子供専用プールもキッズクラブ内にあります。


rzb_31.jpg




次はレストランをご紹介致しましょう。




まず朝食ブッフェの会場の『SENSES センシス』からご紹介します。


『SENSES センシス』はクラブカテゴリー以外のお客様にご利用頂く朝食会場です。見学時は朝食が終わった午後の時間だったので、レストランの照明は消されてテーブルにもクロスが掛けてありました。ちょっと分り難いかもしれませんが、レストラン内はとっても広々していて、最大一度に200名入ることが出来るそうです。この広い会場で温かいお食事がお客様の為に沢用意される光景を想像してみて下さいね。


rzb_32.jpg rzb_33.jpg


rzb_34.jpg rzb_35.jpg




次はインドネシア料理レストランの「BEJANA べジャナ」をご紹介致します。




シンプルな文字がレストランの目印です。


rzb_36.jpg


インドネシアのパペットがお客様を出迎えるレセプション。


rzb_37.jpg


店内は明るい雰囲気で落ち着けそうです。


rzb_38.jpg rzb_39.jpg


海に面した大きなガラス窓から、真っ青なインド洋と水平線が臨めます。


rzb_40.jpg rzb_41.jpg


奥には10人程度の小クループにぴったりな個室があり、ここからもインド洋の真っ青な水平線が見渡せます。


rzb_42.jpg rzb_43.jpg


屋外の席もあるので、好みに合わせてお気に入りの席でお楽しみ頂けます。


rzb_44.jpg


こちらもベジャナ内ですが、クッキングクラスで使用されるスペースです。「クッキングクラス以外にもグループなどでご利用頂けます」とのこと。落ち着いたお洒落な空間です。


rzb_45.jpg rzb_46.jpg




次はビーチ前のタパスレストラン、『BREEZE TAPAS LOUNGEブリージス・タパスラウンジ』をご紹介致します。




『ブリージス・タパスラウンジ』は、メインプールの隣にあるタパス(小皿料理)が楽しめるお洒落なオープンレストランで、他のレストランに比べて気軽な雰囲気です。


rzb_47.jpg rzb_48.jpg rzb_49.jpg


小柄な方は体が埋まってしまいそうなほど大きなソファ席も魅力的。


rzb_50.jpg


この場所も目の前が海なので、海が見えるガゼボでのんびり過ごすのがお勧めです。


写真の白いドレスの女の子は、両親と一緒にシャボン玉で遊んでいる姿がとても楽しそうでした。


親子一緒にのんびりしながら楽しめそうなレストランです。


rzb_51.jpg rzb_52.jpg




次にご紹介するのは、『ザ・ビーチグリル レストラン』。


このレストランもビーチが目の前にある絶好のロケーションです。




こちらはメインプール側の入り口です。芝生やグリーンが沢山あって開放的な感じがします。


rzb_53.jpg


こちらがチャペル側から見た入り口ですが、メインプール側の入り口とはイメージが違います。外部からのお客様はこちらの入り口を案内されるので、きちんとしたホテルのレストラン、という印象を受けます。


rzb_54.jpg


店内からも海が見えます。(この時は引き潮の時間帯だったので水平線が遠くなっています)


rzb_55.jpg


ガラス張りの半屋外の席。風が強かったりするとガラスの扉を閉めるようですが、普段は開けているそうです。写真では暗くなってしまいましたが、目の前には海が見える席なのでバカンス中にゆっくりお食事を楽しむにはぴったりな席です。この半屋外のお席はプライベート席としてグループのお客様にもご利用頂けるそうです。


rzb_56.jpg rzb_57.jpg rzb_58.jpg


半屋外の席も明るくて素敵。


rzb_59.jpg


屋内席でも明るくてお洒落。


rzb_60.jpg


屋内席の中にはキッチンでグリルする様子を間近で見る事が出来るお席もあります。


rzb_61.jpg rzb_62.jpg


さて、リッツのレストランをご紹介した次は、メインプールとその周辺をご紹介致します。


これがリッツのメインプールです。


リッツはホテルの敷地が広いので、ホテルの敷地面積と規模を考えると、このメインプールは小さいかな。。。と思ってしまいますが、実際に目の前で見みると泳ぐには十分な広さがあります。プールの水深は120センチで深過ぎないので安心です。


rzb_63.jpg rzb_64.jpg


rzb_65.jpg


冷たい飲み物のスタンドと、リッツのロゴの入った屋台がメインプールの近くにありました。ロゴ入りの屋台ではアイスクリームが売られていました。(どちらも有料)


rzb_66.jpg rzb_67.jpg


メインプールの場所も目の前が海なので、ビーチベッドだけでなくガゼボやソファが所々に置かれています。バカンスならではの贅沢な時間の過ごし方、のんびり海を眺めながらする他愛ない話も大切なひと時になることでしょう。


rzb_68.jpg rzb_69.jpg




最後に、リッツのチャペル『THE MAJESTIC CHAPEL ザ・マジェスティック・チャペル』をご紹介します。




ザ・マジェスティック・チャペルは、ロビーからリゾートを見下ろした時に、海に一番近い、中央より右側の場所にある真っ白な建物。背景の真っ青な海とリゾートの緑に映える優雅で美しいチャペル
です。


rzb_70.jpg rzb_71.jpg


重なった花びらが開く前の蕾のような、美しいフォルムの白いチャペル。あなたには何に見えますか?


rzb_72.jpg rzb_73.jpg rzb_74.jpg


このチャペルは天井がとっても高いです。目の前の海に向かって正面と左右の3方向がガラス張りなので、チャペル内に居ても海と繋がっているような開放感を感じます。


rzb_75.jpg rzb_76.jpg




以上、『ホテル施設まるわかり』として24時間利用出来るデパーチャーラウンジ、景色の素晴しい日本食ラウンジ、無料のキッズクラブに個性豊かなお料理が揃うレストランとメインプール、さらに、新しい門出を祝う為のチャペルをご紹介致しました。。。


世界各国で最高級のホスピタリティを提供し続けるホテル、ザ・リッツカールトン。バリ島ヌサドゥアにオープンして以来、バリ島のおもてなしとリッツならでのおもてなしのふたつが融合したバリ島にあるザ・リッツカールトンバリは、特別に素晴しいホテルとして皆様をお待ちしています。


世界にふたつと存在しない、バリ島にあるからこその価値のある『ザ・リッツカールトンバリ』に是非実際にご宿泊してご体験して頂きたいと思います。


    


ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王
東京支店03-3526-7085
名古屋支店052-238-1695
大阪支店06-6533-5222

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

関連サイトのご紹介

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員