1. ホーム > 
  2. ホテルレポート一覧 > 
  3. お手頃価格で泊まれる 『チャンディ ビーチ リゾート & スパ』 リニューアルされた素敵なレストランとラグジュアリーなお部屋をご紹介

ホテルレポート

お手頃価格で泊まれる 『チャンディ ビーチ リゾート & スパ』 リニューアルされた素敵なレストランとラグジュアリーなお部屋をご紹介

投稿日:2016年9月14日

チャンディビーチリゾート&スパは、元あったハイビスカスレストランを新しく改装し、リゾートの敷地内で一番見晴らしの良い場所であるレストラン、『OCEAN TERRASE RESTAURANT オーシャンテラスレストラン』として生まれ変わりました。そして、新しく出来たオーシャンテラスレストランの上の階、2階と3階に、新しいお部屋『デラックスオーシャンビュースイート』を増築したのです。


『OCEAN TERRASE RESTAURANT オーシャンテラスレストラン』はその名前の通りに、そしてその上の階に存在する『デラックスオーシャンぶースイート』も目の前に真っ青なインド洋の水平線が広がる素晴しい景色が楽しめます。


またレストランの改装と新しいお部屋の増築と同時期に、リゾート内に新しいヴィラも建設されました。この新しいヴィラ、「ラグジュリーオーシャンビュープールヴィラ」もあわせて見学して参りましたので順にご紹介したいと思います。


まず、チャンディビーチリゾート&スパの所在地ですが、このリゾートはチャンディダサというバリ島東部地区に位置し、ングラライ国際空港からの所要時間は約1時間半程度です。空港近辺の南部エリアからチャンディダサへは、幹線道路のイダバグースマントラ通りが出来て以来、所要時間が随分と短くなりました。因みに、有名なバリサファリ&マリンパークはチャンディダサに行く途中の中間地点にあります。


チャンディビーチリゾート&スパは、実際にはチャンディダサの中心地のメイン通りよりも手前(南部寄り)のスンキドゥという村に位置しています。



チャンディビーチリゾート&スパは、メイン道路からビーチ側に向けて曲がった小さな道を入った先にあります。リゾートの目印は道路脇に立っている、リゾートの名前とロゴが入った大きな石の柱です。


cbc_1.jpg cbc_2.jpg cbc_3.jpg


入り口から入るとロビーはこんな感じです。


cbc_4.jpg cbc_5.jpg


リゾートの敷地内に向かう通路には緑が沢山あり、バリ島の田舎に来ている気分が盛り上がります。


cbc_6.jpg


リゾート内は広いので、お部屋が遠い場合にはバギーカーを使ってゲストをお部屋の建物まで案内してくれます。


cbc_7.jpg


敷地内に入ると、芝のガーデンが広々と広がっている先に真っ青な水平線が目に入ります。


cbc_8.jpg


プライベートビーチはすこし下がった場所にあるので、ビーチ近くまで行かないと見えません。小さなビーチですが、完全にリゾートの敷地内にあるビーチなのでプライベートビーチと言って差し支えありません。


cbc_9.jpg




プライベートビーチの手前には、新しく出来たレストラン『BIRU RESTAURANT ビルーレストラン』とその2階には新しいスパ「オーシャンスパ」があります。


この日はメンテナンスとの事でレストランの中に入って写真は取れませんでしたが、白い砂のビーチが良く見える場所に出されていたレストランの紺色のパラソル席は東南アジアというよりも西海岸のような雰囲気がしてお洒落です。


cbc_10.jpg cbc_11.jpg


cbc_12.jpg cbc_13.jpg


ビルーレストランは1階ですが、ビルーレストランの上の階にリゾート内のスパ、「オーシャンスパ」が出来ました。2階にあるので眺めが素晴しいスパです。スパは後ほど詳しくご紹介致します。


cbc_14.jpg




では、早速新しく新築された『ラグジュリーオーシャンビュースイート』をご紹介します。



『ラグジュリーオーシャンビュースイート』は改装して新しくなったレストラン『OCEAN TERRASE RESTAURANT オーシャンテラスレストラン』の上の階、2階と3階にあります。


目の前が全部海!という恵まれたロケーションに建っている建物が『ラグジュリーオーシャンビュースイート』です。


cbc_15.jpg


海に面しているガラスのフェンスが付いたバルコニーには、全室ジャグジーが付いているんですよ。贅沢ですね。


cbc_16.jpg


上の階に行くのに利用するエレベーターも完備されています。


cbc_17.jpg




『ラグジュリーオーシャンビュースイート』のお部屋をドアを開けると直ぐに窓越しの青い海が目に入ります。


cbc_18.jpg


お部屋に入るドアを開けた正面に鏡と作りつけの椅子があり、靴を履くときに便利です。


cbc_19.jpg


見て下さい、この真っ青な海の色。実際には室内もとても明るいのですが、外の自然光が明る過ぎて上手に写真に撮れませんでした。ごめんなさい。


cbc_20.jpg


全室ハリウッドツインのベッドです。ベッドフレームはひとつなので、ハリウッドツインでもダブルベッドとしてもセッティングが可能です。


cbc_21.jpg cbc_22.jpg


ベッドの奥のガラスの向こうがバスルームです。
ロールカーテンで目隠しするとこんな感じなんですよ。


cbc_23.jpg cbc_24.jpg


バルコニーにあるソファとジャグジーがこのお部屋の最大の特徴です。真っ青な海が目の前に広がり、素晴しい開放感があります。バルコニーにジャグジーが置かれているホテルはバリ島と言えども珍しいです。


cbc_25.jpg cbc_26.jpg




バスタブの中に沈んでしまえば外(下の階)からは見えませんが、バルコニーのフェンスは透明なので、他人の視線が気になる方は水着の着用必須です。


cbc_27.jpg cbc_28.jpg cbc_29.jpg


このお部屋は、バルコニーのガラス扉を開けると室内のエアコンが切れる仕組みになっています。暑さが苦手な人は、ガラス越しでエアコンの効いた室内からでも外の景色が十分楽しめます。お部屋の中にいてガラス扉を閉め切っていても、室内に波の音がかなり聞こえてきます。


cbc_30.jpg


お部屋の中は中心にベッドがあり、ソファも置かれています。お部屋はシンプルですが、十分な広さがあります。


cbc_31.jpg


コーヒーと紅茶が作れるセットとミニバーも用意されています。


cbc_32.jpg


クローゼットの中にはセーフティボックスと浴衣が用意され、その他に屋内用のスリッパと屋外用のビーチサンダルが用意されています。


cbc_33.jpg cbc_34.jpg




バスルームとベッドルームの仕切りはガラス張りなので、バスルームもお部屋もとても明るいです。バスタブに浸かりながらでもベッド越しに海を見る事が出来ますが、バスルームに目隠しをして利用したい場合はロールカーテンを下ろすだけで大丈夫。簡単でとても便利です。


cbc_35.jpg cbc_36.jpg


cbc_37.jpg cbc_38.jpg


cbc_39.jpg cbc_40.jpg


cbc_41.jpg cbc_42.jpg cbc_43.jpg


石鹸はアロマ効果のある良い香りの石鹸が3種類用意されていました。アロマ好きな方には嬉しい
サービスです。


cbc_44.jpg




次は、『ラグジュリーオーシャンビュープールヴィラ』をご紹介します。



この『ラグジュリーオーシャンビュープールヴィラ』は全部で10棟あり、海に向かってUの字を描く様に建てられています。


遠くから見るとこんな感じに並んでいます。


cbc_45.jpg


ガーデン側に繋がっている出入り口はこんな感じ。個人のお家に入るみたいです。


cbc_46.jpg


ヴィラは全て1戸建てで、プライベートプールとガゼボが付いています。


ガーデン側から見たヴィラです。


cbc_47.jpg


お部屋の中からプールを眺めるとこんな感じ。開放感があって、プライベートプールのある贅沢な
バカンスが満喫出来そうです。


cbc_48.jpg cbc_49.jpg


ヴィラのベッドルームはとてもシンプルで使い易そう。


cbc_50.jpg cbc_51.jpg cbc_52.jpg


クローゼットの中には、浴衣、セーフティボックスの他に、スリッパやビーチサンダルも用意されて
います。


cbc_53.jpg cbc_54.jpg


バスルームも自然光がたっぷり入って明るく、設備も整っています。


cbc_55.jpg


バスルームに椅子があるのは女性にとっては嬉しいかも。


cbc_56.jpg


アメニティやドライヤーなどもきちんと完備されています。


cbc_57.jpg cbc_58.jpg cbc_59.jpg


バスルームはプールに直接出られるように設計されていて、プールへ行く手前にはジェット機能の
付いたバスタブが設置されています。


cbc_60.jpg


バスタブとは別にあるシャワーブース。ツインシャワーなので便利に使えそうです。


cbc_61.jpg




次に、新しく改装オープンした『オーシャンテラスレストラン』をご紹介します。



真正面に海というロケーションが素敵な、ランチでも気軽に立ち寄れそうなカジュアルなレストラン。ウッドデッキにある屋外テラス席と、半屋内のテーブル席がありますが、目の前の海は岩場で砂浜ではないので、屋外でも砂埃に悩まさされる事は無さそうです。


cbc_62.jpg cbc_63.jpg


cbc_64.jpg cbc_65.jpg


この日偶然にハネムーナーのお客様用に用意されていた、ハネムーナーに用意されるケーキ。
これは一例でなのであくまでもご参考まで。


cbc_66.jpg




次は、新しく出来たスパ、『オーシャンスパ』。こちらのスパからの眺めも素晴しいです。



海の目の前にあるビルーレストランの2階にあるのが『オーシャンスパ』です。


cbc_67.jpg cbc_68.jpg


スパのロビーは階段を上がった2階にあります。


cbc_69.jpg cbc_70.jpg


オーシャンビューのトリートメントルーム。海に面した窓からは真っ青な水平線が見えます。5スターホテルのスパでもここまで海が近いオーシャンビューは滅多にありません。


cbc_71.jpg cbc_72.jpg cbc_73.jpg


マッサージベッドで顔を下に向けるからこそ見えるお花。さりげないおもてなしの気遣いが
感じられます。


cbc_74.jpg cbc_75.jpg


スパのバスルームには浴衣やセーフティボックスも用意されているので安心。勿論、洗面所、
シャワー、トイレも完備されています。


cbc_76.jpg cbc_77.jpg


cbc_78.jpg cbc_79.jpg




ここまでが新しい情報でした。



ここからは、私にとっては初めてのチャンディビーチリゾート&スパの見学でしたので、
空いていたお部屋を見学させて頂きまとめてみました。どうぞご覧下さい。


『デラックスガーデンルーム』


「デラックスガーデンルーム」が有る棟はこんな感じ。この建物の海側に窓があるお部屋は「デラックスオーシャンルーム」で、ガーデンルームは海側ではない方にあるお部屋です。


cbc_80.jpg


お部屋のドアを開けると直ぐにベッドが目に入ります。決して広いとは言えないお部屋ですが、必要なものは全てコンパクトにまとまっています。ホテルの豪華さを重視しないでシンプルに泊まるなら十分です。


cbc_81.jpg cbc_82.jpg cbc_83.jpg


クローゼットの中にはセーフティボックスと傘が用意されています。


cbc_84.jpg


ミニバーとコーヒー・紅茶を用意するセットも置かれています。ミニバー内の飲み物は有料。


cbc_85.jpg cbc_86.jpg cbc_87.jpg


ガーデンに面したテラスにはソファとタオルハンガーが置かれています。テラスでは喫煙可。


cbc_88.jpg cbc_89.jpg cbc_90.jpg


コンパクトにまとまっているバスルーム。このバスルームは新しく改装したタイプで、バスタブとシャワーが別になっています。これはオランダ人のお客様からのリクエストに答えて別々にしたそうですが、バスタブはお湯をためて入るだけでシャワー機能が付いていないので、日本人にはチョット使い難そうでした。今後は全てこのバスタブとシャワーが別々に分かれたタイプに改装していくそうです。


cbc_91.jpg


アメニティもタオルや石鹸など最低限のものは揃っています。


cbc_92.jpg


バスタブにはシャワーは付いていません。


cbc_93.jpg


シャワーだけのシャワーブース。


cbc_94.jpg cbc_95.jpg cbc_96.jpg




次は『デラックスオーシャンルーム』。海に面した場所にあるお部屋なので、テラスやバルコニーから海の一部が見えます。基本的にお部屋の中から海は見えません。


cbc_97.jpg


デラックスオーシャンルームのテラス。パラソルがあって、パラソルの下にはサンベッドが置かれています。タオルハンガーも常備。


cbc_98.jpg


1階のテラスから海側を眺めると、こんな感じに海が見えます。これの眺めは一例です。


cbc_99.jpg


お部屋のドアを開けると直ぐにベッドが見えます。広く無く、決して贅沢なお部屋では無いですが、
必要なものがコンパクトに揃っています。シンプルに泊まるなら十分なお部屋です。


cbc_100.jpg cbc_101.jpg


クローゼットにはセーフティボックスと傘が用意されていました。


cbc_102.jpg


ミニバーとコーヒー・紅茶を作る用意もされています。ミニバー内の飲み物は有料。


cbc_103.jpg cbc_104.jpg


cbc_105.jpg cbc_106.jpg


コンパクトにまとまったバスルーム。アメニティも必要最小限のものは揃っています。


cbc_107.jpg cbc_108.jpg


これは改装する前に古いタイプのバスルームなので、バスタブにシャワーが付いています。
日本人にはバスタブにシャワーが付いている方が馴染みがあって使い易そうです。


cbc_109.jpg cbc_110.jpg cbc_111.jpg




最後に『デラックスガーデンコテージ』の写真をお見せします。この日は満室だったのでお部屋の前から撮った写真のみとなります。


ガーデンコテージは、お部屋は海から離れた場所にあるのでお部屋からはガーデンしか見えません。
海を見たければお部屋から出て敷地内を少し歩かなくてはいけません。


ガーデンコテージはお部屋に入る為の扉の前に、ソファと小さいテーブル、タオルハンガーが置かれていますが、コテージの建てられ方から見てると、お部屋に入る前の場所からもお部屋の中からの見晴らしも、素敵な景色は望めません。


『デラックスオーシャンコテージ』は、お部屋のテラスから海の一部が見えるコテージです。お部屋の内部はガーデンコテージと変わらないとの事です。


cbc_112.jpg cbc_113.jpg cbc_114.jpg


こちらがデラックスオーシャンコテージ。お部屋のテラスから海の一部が見えますが、目の前が全て水平線ではない場合が多いので予めご了承下さいね。


cbc_115.jpg




次は、メインプールとインフィニティプールをご紹介します。


メインプールはオーシャンテラスレストランの手前にあります。水深は2メートル。泳ぎに自身のある人向けです。


cbc_116.jpg


メインプールの一角に作られているジャグジーがあります。プールに入りながらジャグジーも楽しめるそうです。


cbc_117.jpg


プールサイドに置かれたデッキチェアでのんびりしていると、時折海の波の音が聞こえてきます。


cbc_118.jpg




水平線とプールのブルーが重なるインフィニティプールは、幅9メートル、長さ20メートルの十分な広さがあります。ただ、水深が2メートルもあるので、泳ぎに自身のある人向けと言えるでしょう。
昼間の照りつける太陽の下ではサンベッドで日焼けを楽しんだり、読書したりしている人がまばらに居る程度。サンセットをコノ場所で楽しむのも素敵だと思います。


cbc_119.jpg cbc_120.jpg


cbc_121.jpg cbc_122.jpg




インフィニティプールの海と反対側には、リゾートのガーデンが広がっています。泳ぐのに飽きたのか、ここでサッカーをして遊んでいる欧米人のお父さんと息子さんを見掛けました。芝生なので多少転んでも大丈夫そうでしたよ。走り回りたい年頃のお子さんにはピッタリですが、椰子の木にぶつからないように気をつけてあげてくださいね。


cbc_123.jpg




ホテルロビーにはエアコン完備の個室にコンピューターが2台用意されていましたが、日本語はインストールされていませんので基本的に英語でのご利用となります。この場所は、ビジネスセンターのような役割をしているそうです。


cbc_124.jpg




バリ島の東部、チャンディダサのスンキドゥ村にある『チャンディビーチリゾート&スパ』のラグジュリーオーシャンビュースイートは、このお部屋に泊まる為にチャンディダサ1泊旅行の計画を立てたくなる程、予想以上の素敵なお部屋でした。


『チャンディビーチリゾート&スパ』のあるスンキドゥ村は、ダイビングで有名なパダンバイやアメッド、トランベンにもさほど遠くなく行ける為、ダイビングの拠点として宿泊するととても便利。ダイビング三昧で尚且つ大人のリゾート気分も満喫したい!という欲張りなリピーターの方に、お手軽な料金からお部屋がある『チャンディビーチリゾート&スパ』は、是非お勧めしたいリゾートです。バリ島は色々なところに泊まった事がある、という方でも、まだこのお部屋には泊まった事は無い筈。バリ島大好きのリピーターの方、次回のバリ島旅行では、チャンディダサでの1泊をご検討してみては如何でしょうか。



ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王
東京支店03-3526-7085
名古屋支店052-238-1695
大阪支店06-6533-5222

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

関連サイトのご紹介

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員