バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行の専門店「バリ王」

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

バリ島巡回シャトル『クラクラバス』に乗ってきました!!

投稿日:2015年05月25日(月)

皆さんこんにちは。 バリニー王の嫁、キタです。

 

今バリ王のツアーの中には、バリ島巡回シャトル『クラクラバス』の

24時間有効の乗車カードが無料特典で付いてくるものが多くあります。

ご存知でしたか?

 

クラクラとは、インドネシア語で「カメ」の事。

このカメを模したユニークな巡回バス『クラクラバス』の特典、

はてさて、どれくらい便利なのかしら?

実際にバリ王をご利用頂く旅行者の目線になって体験しなくては! と思い立って、

先日の日曜日に実際に乗ってみる事にしました。

 

まず、クラクラバスに乗る為には、

乗車専用のチケットを購入する必要があります。

その為、専用カウンターが設置されている所からスタートしなくてはなりません。

が、しかし! バリ王の特典で付いてくる「クラクラバスカード」なら、

乗車前に何の手続きも必要ないので、直ぐに利用出来ちゃうんです!

(専用カウンターの場所は、クラクラバスの路線図に詳細が載っています)

今回私が選んだ初乗り場所は『DFS』

DFSの出口側に、緑色のカメさんのような『クラクラバス』が並んでいます。

CIMG0958.jpg

CIMG0944.jpg

路線図と、バス停の案内板の上には、大きなデジタル式の時計。

時計をしていなくても正確な時間が分かります。

 

ワクワクしながら、DFS内のクラクラバスカウンターへ。

CIMG0945.jpg

チケット売り場担当のお姉さん。笑顔が可愛くて、親切ですよ。

カウンターに置かれた路線図。

予め、何処へ行くのかを決めておくと、チケット購入がスムーズです。

 

そうそう、「チケット」と聞くと紙で出来たものを想像しますが、

クラクラバスで購入するのはカードまたはコイン状のものでした。

「クラクラコイン」と呼んでいるコイン型チケットは、

路線別にそれぞれ色が変えてあるんです。

CIMG0951.jpg

 

クタ線、レギャン線、スミニャック線に利用するのは緑色のコイン。

料金は1回の乗車につき20,000ルピアです。

CIMG0948.jpg

 

サヌール線とジンバラン線は赤いコイン。1回の乗車につき40,000ルピア。

CIMG0954.jpg

 

南ヌサドゥア線とヌサドゥア線のコインは水色。1回の乗車につき50,000ルピア。

5月17日現在でヌサドゥア線はまだオープンしていませんでした。

CIMG0953.jpg

 

一番遠いウブド線は紫色。1回の乗車に付き80,000ルピア。

CIMG0955.jpg

 

何故「1回の乗車につき」と書いているかと言うと、

1回乗って降りたら、また「クラクラコイン」を購入して乗車しなくてはいけないからなんです。

 

この日私が今日初体験したのは、DFSから1回20,000ルピアのクタ線。

このバスに乗ります!!!

CIMG0960.jpg

 

クラクラバスのカウンターで貰った路線図と時刻表。

説明が日本語なのでとても分かり易いです。

因みに、クタ線は20~30分間隔で運航されていますが、

一番本数が少ないのはスミニャック線で、1日4便です。

CIMG0962.jpg

 

バス停に置いてあるベンチで待っていたら

「クタ行きにお乗りですよね」と、可愛いお姉さんがお迎えに来てくれました。

CIMG0964.jpg

お姉さんがドアを開けてくれましたが・・・

あれっ? タラップの幅がめっちゃ狭い!  

階段部分の幅が狭くて足を乗せ難いので、

乗り降りの際には十分に気をつけて下さいね。

 

乗車用に購入した「クラクラコイン」は、専用のコイン入れボックスに入れます。

コイン以外に、プリペイド式のカードもあるので、

バリ王特典の「クラクラカード」をご利用になる場合は、

ドア近くの機械にタップして下さいね。

 

イザ、出発!

 

クラクラバスの車内は思っていた以上に明るいです。

座席にはカメの柄の入った座布団が付けてありました。

CIMG0970.jpg

足元にはマルチタイプのコンセントの取り口が。

充電器を持っていれば、乗車中に充電出来ちゃいます!

隙間時間に携帯電話の充電が出来たら、便利ですよね!

CIMG0995.jpg

CIMG0974.jpg

 

その他、車内ではWiFiが無料で使えたりします。

CIMG0972.jpg

車内のテレビ画面では、クラクラバスの説明画像や、

ホテルのコマーシャル等を観る事が出来ました。

残念ながら(?)車内画像に音声はついていませんでした。

CIMG0977.jpg CIMG0978.jpg

 

この日は運悪く、長い渋滞にはまってしまいましたが、

クラクラバスの車高が他の一般の車に比べて高いので、

車が沢山集まっている中にいても圧迫感のようなものはあまり感じませんでした。

CIMG0985.jpg

 

後部座席に座ると、こんな感じ・・・。

座席は幅広ではなく、リクライニングも出来ませんが、

移動距離がそれほど長くないので、このイスでも大丈夫でした。

CIMG0998.jpg

 

暫くして渋滞を抜けると、いつも通りにスイスイ進みます。

街をちょっとだけ高い視点から眺めるのって、なんだか新鮮です。

ここは、カルティカ通りへ向う交差点。

CIMG1004.jpg

 

今日の目的地、ビーチウォークに着きました!!!

クラクラバスは、ビーチウォークのメインゲートにカウンターとバス停があります。

CIMG1027.jpg

CIMG1029.jpg

この日のDFSからの所要時間は1時間10分。

渋滞していなければ、30~40分位で着くらしいですよ。

 

例えば、同じ距離をタクシーで移動した場合、

大体60,000~70,000ルピア位は掛るので、

2人で乗るならクラクラバスの方がお得なのは間違いありません。

 

クラクラバスは決められたバス停から決められたルートを時刻表に従って運航している為、

渋滞を避けて他の道を通る等、臨機応変な対応は期待出来ません。

また、各バス停での待ち時間は最大1分との事なので、

乗り遅れたくない場合は、予定時間の前からバス停で待っている方が賢明です。

ですから、時間に余裕があって、外の景色でも楽しみながら

のんびり移動するのも良いなぁ、とお考えの方には最適と言えますが、

少ない日数内で限られた時間を有効に使いたい人! と考える方には、

「このお店を廻って、次はこっちのお店に行きたい」「ちょっと待っててね!」等、

わがまま言い放題のバリ王のチャーターの方が便利かな、と思いました。

 

何はともあれ、バリ島に出来た初の巡回バス『クラクラバス』。

百聞は一見にしかず!!!

皆さんも、バリ島に来たら是非クラクラバスに乗ってみて下さいね!!!

 

 

最新の記事

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク