バリ島旅行専門店「バリ王」 長年の信頼と実績でお客様のニーズに合わせたご旅行をご提案いたします。

バリ島旅行の専門店「バリ王」

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

バリ島旅行専門店バリ王

バリ島現地ブログ

バリ島のタバコ事情 ・ ホテル&レストランで使える短文インドネシア語

投稿日:2014年07月30日(水)

 こんにちは。バリニー王の嫁、キタです。

 さて、今日はバリ島でのタバコ事情について少し。

 

 日本では禁煙傾向が強くなってから久しいですが

 南国・バリ島は日本に比べればまだまだ喫煙天国。

 値段も一箱日本円にして約110円位から200円位まで

 一箱500円の日本と比べると約半分以下のお値段です。

 (インドネシアのタバコは16本入りが多いのですが、それでも半分以下ですね・・・)

 Photo0725.jpg Rokok.jpg

 最近では、日本でお馴染みの銘柄もコンビニ等で売っています。

 

 とは言え、タバコ天国! と言われていたバリ島でも

 最近では禁煙・分煙が多くなってきています。

 それもその筈、2010年にインドネシアの法律で「公の場での喫煙は違法」と定められたのです。

 

 法律で言うところの「公の場」は、学校や駅、病院、役所、

 勿論、ホテルやレストラン等も含まれます。

 特に、ビルディングタイプのホテルは「100%室内禁煙」が当たり前のこの頃。。。

 ホテルによっては『室外でも全て禁煙』となっているところもあります。

 

 愛煙家にとって、旅行中に禁煙を強いられるのは避けたいもの。

 ホテル選びの際の、喫煙・禁煙のご相談も増えてきています。

 

 喫煙可能なホテルの場合でも、喫煙場所は必ずホテルの規定に従って下さい。

 また、プライベートヴィラでの場合は、

 お庭やガゼボ等、屋外のスペースでは喫煙可能でも 

 「室内は100%禁煙」 のところがほとんどです。

 そして、例えば喫煙可能なお庭等の屋外であっても

 ご自宅と同様に必ず灰皿を使って正しいマナーで喫煙して下さいね。

 (喫煙可能な場合、灰皿はホテルやヴィラで用意しているので直接お問い合わせ下さい)

 

 ホテルやヴィラの中には、禁煙のご案内がお部屋に置かれていて

 「万が一、室内で喫煙した場合は罰金XXXXXX ルピア」等と明記しているところもあります。

 こういった罰金は、ホテルやヴィラが独自に設けている規則の場合もありますが

 実際にインドネシアの法律では、公の場での喫煙に対して

   「禁固刑最長6ヶ月 または 最高Rp. 50,000,000(日本円で約50万円)以下の罰金」

 と正式に定められています。 国の法律ですので、くれぐれもご注意下さい。

 

 愛煙家の皆さんが至福の一服を楽しむ為のワンポイント・インドネシア語。。。

   タバコを吸って良い場所かそうでないか、もしも分りにくい場合は

   一本点けるその前に、必ずホテルやヴィラ、レストランのスタッフに確認しましょう。

   「ここでタバコを吸って良いですか?」と訊ねる時は

   英語では 「May I somke here? メイ アイ スモーク ヒア?」

   インドネシア語では 「Boleh saya merokok disini? ボレー サヤ ムロコッ ディシ?」

   どちらも、文章の最後を尻上がりにして問い掛けます。

   

   インドネシア語の答えが

   「Boleh ボレー」 または 「Bisa ビサ」 または 「Silahkan シラカン」だったら

   喫煙OKということです。

   「Tidak boleh ティダ ボレー」 または 「Tidak bisa ティダ ビサ」等の場合は

   禁煙なので、その場での喫煙はご遠慮下さい。

 

 ご検討中のホテルやヴィラに関する喫煙の可・不可については

 バリ王のスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

  

 

最新の記事

月別記事一覧

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-222-8571 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00?18:00 土曜日10:00?17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員
国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク