1. ホーム > 
  2. バリ王研修レポート > 
  3. 第77回 オンラインホテル見学 「ザ・サマヤ ウブド」

スタッフ研修レポート

 
 

第77回 オンラインホテル見学 「ザ・サマヤ ウブド」

2022年6月

 

海外観光客受け入れを発表したバリ島。
ただまだ規制が多くバリ島旅行を楽しむにはもう少し時間が掛かりそうです。

皆様をベストシーズンのバリ島にご案内できず、スタッフ一同大変申し訳なく、そして残念に思っております。

そんな厳しい状況の中でもバリ島の「今」を知り、気になる新型コロナウィルス対策等はもちろん最新バリ島ホテルの情報を把握できるよう、バリ王スタッフはバリ島とオンラインを通じてホテル研修、見学をおこなっております。

その様子を少しお届け致します。

----------------------------------------
2010年6月オープンのザ・サマヤ ウブド。ビーチエリアにあるザサマヤとは姉妹ホテルで、モダンですが景観を崩さない美しいデザインが魅力的です。そんなザ・サマヤ ウブドについて、当レポートでは特に新型コロナウイルス対策に重点を置いてご紹介致します。

ホテルの入り口には洗い場、足元の消毒、体温計があり感染予防対策がしっかりと行われています。

お部屋にはマスクと消毒液のセットもセットアップされています。

普段はお客様に大人気のリバーサイドのレストラン。落ち着いた色合いが自然の風景とマッチして素敵な空間です。

各詳細につきましては下記をご覧下さいませ。

with新型コロナウイルスのニューノーマルでバリ島旅行はどう変わる?
ザ・ザマヤ ウブド 詳細ページ

■東京スタッフ 20代 女性
・感想といたしましては、広い・豪華・グループ旅行のイメージがとても強かったです!また、通常のヴィラのイメージとはまた違って、ホテルの良さを持ちつつ、長期滞在で使えそうな家電が置かれていない点が、非日常を感じさせてくれるのでいいなと思いました。
・ベットはツインに変更はできませんでしたが、エキストラベットを入れることができるので、グループ旅行のお客様にお勧めしたいと思いました。
・個人的に1番好きだったのは、バスルームです。大理石の白メインのバスルームはとってもおしゃれなので宿泊してみたいと思いました!!また、アユンヴィラのコクーン?がとても居心地のいい空間だなと思いました。女子旅にはぴったりだと思います!
・ウブドの中では、ビューを売りにしていないホテルということに仲さんの意見で気付きました。ビューがなくてもガーデンの緑だったり、プールの青で自然を感じられることができました!!!また外が見えない分、プライバシーが守られているということで、ヴィラでゆったり過ごすことができそうだなと感じました。

■大阪スタッフ 20代 女性
敷地内はとても広く、どのお部屋も300u以上ありインテリアは重厚感のあるデザインです。個人的に2ベッドルームプールヴィラの造りが気に入り、こちらのお部屋は友達やカップル同士でも使い勝手が良さそうです。バスルームはダブルシンク、ジャグジータイプ、バスソルトなどアメニティも充実していました。プライベートプールでは女性に人気のフローティングブレックファーストが限定で出来ます。ホテル周辺はお店などありませんが、中心部まで無料シャトルバスが出ていたりホテル内でアクティビティも行われているので充分満喫できそうです。

■名古屋スタッフ 20代 女性
スミニャックの方のサマヤは研修の時に実際に見させていただいて、よくお客様におすすめしているのですが、ウブドの方は見たことがなかったので、今回この機会に見ることができてよかったです!個人的にはウブドの緑豊かな景観が大好きなので、ビューが少なめなのは少し残念でしたが、木々に囲まれていて、マイナスイオンをたっぷり感じることができそうで素敵だなと思いました。また、どのお部屋もプールがとても広いのが印象的で、お部屋でゆっくり過ごすのに最適だなと思いました!

■名古屋スタッフ 20代 女性
サマヤウブドの改装したお部屋は見たことがなく、初めて見たのですがサマヤならではのスタイリッシュな感じとバスルームの重厚感が変わっておらず素敵なヴィラだなと思いました。アユンヴィラのコクーンは他のウブドホテルではなかなか見ないので珍しくてお客様に案内できるポイントの一つだと思いました。また、個人的にコクーンで川のせせらぎを聞きながらくつろいでみたいなと思いました。

■大阪スタッフ 20代 女性
サマヤウブドを今回初めて見させて頂き、ウブドの他リゾートホテルは渓谷ビューが多い中、サマヤウブドは施設内からウブドの開けた景色が見れるのはとても魅力的でした。3ベッドルームヴィラはメインベッドのバスルームの広さに驚きました。全室バスタブがジャグジーになっており、バスタブ横にはプルメリアの絵が飾られているのも高級リゾートらしさが感じられました。2ベッドルームヴィラは、プライベートプールは3ベッドルームヴィラよりも小さくなりますが、その分ガーデン広々しており、個人的に2ベッドルームヴィラの方がゆっくり過ごすには開放感があって良いお部屋タイプだと思いました。1ベッドルームヴィラは、プライベートプールにあるガゼボがとても可愛らしくて、特にアユンヴィラのコクーン型のガゼボが写真映えは勿論、くつろぐには調度良いサイズに見えました。アユン川そばにあるスパ・レストランは、どちらもアユン川の景色・川の音が楽しめて、癒しを求める方には是非お勧めしたいリゾートホテルでした。

■大阪スタッフ 30代 女性
ヴィラと聞くとスミニャックやクロボガンに数多くある、茅葺屋根で屋外リビング、キッチンやウォーターサーバーが備えられている…というイメージですが、サマヤウブドはまったく異なるカラーでした。お客様にくつろいでもらうため、キッチン等はなし。2019年、2021年に改装工事が終わったばかりのお部屋は、シックで重厚感&高級感漂う大人の雰囲気、ウブドらしくバスルームにもアートが飾られています。巨大な木の装飾?アート?も迫力があってかっこよかったです。ピカピカのお部屋はオープンしたてかのように見えました。
ウブドのホテルは渓谷ビューのお部屋が多いですが、サマヤウブドはほとんどのお部屋はビューがなく、これはお客様のプライバシーを重視しているためだそうで、5ヘクタールの敷地にわずか19室という構成からも頷けます。ヴィラの入口のドアだけではなく、2ベッドや3ベッドの各お部屋にも鍵がついているので安心。
アユンヴィラにあるガゼボは珍しいコクーン型になっていて、日よけができて写真映えもするので一石二鳥。小さめなのでお子様の遊び場にもちょうどよさそうでした。
前日までに予約すればお部屋で朝食を頂けるのも、贅沢なお部屋を堪能できていいなと思います。
スパが人気すぎて視察時もなかなか見られないというスパは、ウブドのもりもりのグリーンが見えるガラス張りのお部屋がとても素敵でした。ウブドのホテルスパは屋外のスパルームが多いですが、サマヤウブドは屋内なので、暑さや虫の心配がないのも嬉しい。(今回は特別に見せて頂きましたが、まだクローズ中とのこと。希望があればお部屋で施術可能。)

■大阪スタッフ 30代 女性
ロビーはサマヤスミニャックと造りが似ていて、全面ガラス張りの開放的な空間はモダンな高級感があり、入り口から高級リゾートの雰囲気が感じられました。アユン川沿いにあるホテルの中でも比較的開けた景色が楽しめるのはこのホテルならではのポイントかなと思います。お部屋の造りはどのカテゴリーもほとんど同じで、ウッド調の落ち着いた内装はどの世代にも好まれる素敵な雰囲気でした。サマヤスミニャックでバスルームの豪華さに感動したので、ウブドはどんな感じかと楽しみにしていましたが、白い大理石がふんだんに使われた内装、スミニャックと同じくジャグジー付きのバスタブ、大きな鏡のあるダブルシンクとスミニャックとはまた違った明るい雰囲気が素敵なバスルームでした。バスルームにエアコンがついているのも快適に過ごせるありがたいポイントです。
普段は予約でが入っていて中々見れないスパルームや人気のリバーサイドのレストランも今回見ることができて、貴重なオンライン研修となりました。
自然の中でリラックスしながら滞在ができ、宿泊者へのアクティビティも充実しているので、癒しや非日常を求めるお客様にお勧めしたいホテルだと感じました。

■大阪スタッフ 20代 女性
サマヤスミニャックの姉妹ホテルとしてウブドエリアにあるホテルですが、重厚感があるお部屋で落ち着いて過ごせそうな雰囲気がありました。2ベッドや3ベッドタイプはそれぞれが独立していてファミリーだけでなくグループのお客様でもプライバシーが確保されているので安心です。リビングスペースはオープンエアなので開放感があり、ガーデンも広々としているので、お部屋内でゆっくり過ごすこともできそうです。リゾート自体もお部屋数が19棟しかないので、ゲスト数も少なくアットホームな雰囲気を感じられると思います。朝食がレストラン以外にお部屋でとることができるのとヴィラ内では時間を過ぎても対応してくれるということで、ゆっくりしたい方には嬉しいサービスもあります。ウブドの自然を感じられるリゾートは落ち着いて過ごしたい方にぜひおすすめしたいリゾートでした。

■東京スタッフ 20代 女性
敷地が広く感じたのでバギーを使って移動することが出来るのはとても有難いです。通常のヴィラは共有キッチンがあったりしますが、サマヤウブドは冷蔵庫は各部屋に置かれていて共有のキッチンなどがない点が、また良いなと思います。植田さんがおっしゃっていたように、旅行なのにキッチンを使う必要はないですし、長期間の旅行でない限りなかなか使う機会はないと改めて感じました。私も同様、カップルや家族で来たとしても使わないと思います。ヴィラのバスルームは白の大理石を使用されていて、またお部屋はウッドデザインで違った雰囲気があってお洒落でした。アメニティはサマヤオリジナルなので、是非使ってみたいです。ウブドエリアということで、空港から遠いですがバスタブはジャグジー付きなので、身体の疲れを取れる最高なバスタブだと思いました。ベット前に置かれているソファーはエキストラベットにすることができ、充分な大きさでした。お部屋のビューはないですが、自然を感じることができ、お部屋やプールはかなり広いので、大人数名で宿泊しても圧迫感はなく、ゆったりとヴィラで過ごせると思います。

■大阪スタッフ 30代 女性
入社後のバリ島研修でスミニャックのサマヤには伺いましたが、ウブドは初見な為今回のインスペクションも非常に楽しみにしておりました。ウブドについてもスミニャックと同様、ガラス張りで明るく開放的なレセプションがありましたが…決定的な違いがレセプション近くのテラス(?)からのビュー。敷地内でも割と高い位置にある為直接アユン川を望むことはできませんが、見晴らしがとてもよく、青々とした木々の向こうにライステラスが見えてウブドらしい風景が広がっていました。5ヘクタールという広大な敷地に比べて部屋数もそこまで多くなく、しかも全室ヴィラということで密になりにくい点はアフターコロナにぴったりだと感じましたし、コロナ禍においても一部のカテゴリーでリノベーションが行われており、厳しい状況においてもお客様を迎え入れる準備をされているんだなという印象でした。
どのお部屋もシックで高級感があり明るい印象でしたが、特に2ベッドルームに関してはベッドルームのあいだにプールを挟んだ造りになっており、プライバシーがより重視されており個人的気に入ってしまいました。そしてアユンヴィラのコクーンタイプのガゼボは写真映え必至。下層にあるレストランのスウェプトは、アユン川のせせらぎを聴きながらロマンティックな時間を過ごせそう。1回のバリ島滞在で、スミニャックとウブドのサマヤにそれぞれ宿泊してみるのもよいかもしれないですね。

 
ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王
東京支店03-3526-7085
名古屋支店052-930-5951
大阪支店06-6533-5222

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員