1. ホーム > 
  2. バリ王研修レポート > 
  3. バリ島研修レポート 4日目

スタッフ研修レポート

 
 

バリ島研修レポート 4日目

大阪支店スタッフ (NK) 2018年3月

 

<4日目>

 アリラ スミニャック バリ 朝食会場 アリラ スミニャック バリ 朝食会場

アリラスミニャックの朝食会場は、ビーチの目の前と最高のロケーションのSEASALTレストラン。
逆光でまったくビーチが見えていませんが、テラス席の目の前がビーチです。

 アリラ スミニャック バリ 朝食 アリラ スミニャック バリ 朝食

朝食はアラカルトで好きなメニューを注文できる上、ビュッフェもある最高なスタイル。

私が頂いたのはフレンチトーストとオムレツ。どちらも美味しかったです。
ポーチドエッグやパンケーキ等、「あれもこれも食べたい!どれにしよう!」と、何を食べるか朝から幸せな悩み…。

屋外のテラス席と屋内の席、好きな席を選択できるのも嬉しいポイント。
テラス席が人気のようなので、テラス席に座りたい場合は早めに行かれることをお勧めします。

キョロキョロしていると(レストラン内を見ていただけでしたが)すぐに気づいて、「なにか必要なものはある?」と聞いてくれるスタッフにも嬉しくなります。

●スタジオ●

スタジオ棟、デラックス棟、メインのスイート棟の3つの棟に分かれているアリラスミニャック。

お手頃なスタジオ棟はメイン棟から1番離れており、バギーでの移動となります。もちろん歩いてもOKですが、歩くと少し距離があります。フロントで声をかければすぐにバギーを出してくれます。

 アリラ スミニャック バリ スタジオ棟 アリラ スミニャック バリ スタジオ棟

緑がたっぷりと取られた空間。お部屋の番号は足元にあり、夜はライトが部屋番号を照らします。

 アリラ スミニャック バリ スタジオ アリラ スミニャック バリ スタジオ

スタジオのお部屋にのみ、9室のツインベッドがあります(ベッドタイプの事前確約は不可)。
バルコニーはありません。

スタジオ以外はすべてのお部屋がダブルベッドのため、スイートカテゴリーでツインベッドをご希望の場合、無料でソファをエキストラベッド仕様にアレンジ可能です(必ずご予約時にご希望をお伝えくださいね)。

眺めはスミニャックの街となりますので、眺望重視の方にはやはりスイート棟のデラックスオーシャンスイートがお勧めです。

 アリラ スミニャック バリ スタジオ バスルーム アリラ スミニャック バリ スタジオ バスルーム

スタジオとデラックススタジオのお部屋にはシャワーのみ、バスタブはありません。
トイレとシャワーブースの扉は1枚なので、動かしてご利用くださいね。
 

 アリラ スミニャック バリ デラックススタジオの棟 アリラ スミニャック バリ デラックススタジオの棟

生憎満室でしたが、こちらはデラックススタジオの棟。
こちらの棟にもプールがあり、すべてのお部屋にバルコニーがあります。

以前はデラックススタジオの棟からもバギー移動だったそうですが、こちらの桟橋がかけられたことにより、より気軽に歩いてメインのスイート棟へ行けるようになりました。
 

 アリラ スミニャック バリ メイン棟 プール アリラ スミニャック バリ メイン棟 プール

メイン棟には3つのプールがあり、メインプールにはプールバーも。
スミニャックでオンザビーチの立地から、オーストラリアの宿泊ゲストが多いそうです。

オシャレでスタイリッシュなアリラ、淡いブルーのパンツにスカイブルーのネックレスと、女性スタッフの制服もとても可愛い!美人なスタッフさんに撮らせて頂きました♪

 アリラ スミニャック バリ キッズクラブ アリラ スミニャック バリ キッズクラブ

キッズクラブをはじめ、ホテル内ファシリティはほとんどが23時まで稼働、ジムやプールはスタッフが不在になるものの、24時間稼働。さすがに賑やかなスミニャック。
ヨガスタジオもあり、毎日7:00から無料のヨガクラスに参加できます。
 

 アリラ スミニャック バリ 無料シャトル  ロビーのフルーツウォーター アリラ スミニャック バリ 無料シャトル  ロビーのフルーツウォーター

スミニャックスクエアまでの無料シャトル(スケジュール運行)は、可愛いバスが送ってくれます。

また、ロビーにはいつでも無料で飲めるフルーツウォーターがあり、一息つくにはピッタリ。有料ですがスナック類の販売もありました。


【モーベンピック ジンバラン】

今年2017年にソフトオープンし、偶然にも見学の日にスパがオープンしたことによりホテルの全設備がオープンとなった新しいホテル。

スイスが本社の、世界的ホテルチェーンです。

 モーベンピック ジンバラン ロビー モーベンピック ジンバラン ロビー

たっぷりと光が入る、明るく開放的なロビー。
ロビーにて、毎日1時間(現在16:00〜17:00)のチョコレートアワーがあり、ゲストは無料で楽しむことができます。スイス資本のホテルならでは!

ファミリー向けのホテルのため、チェックイン時にお子様が退屈しない工夫がフロントから施されていました。
 

 モーベンピック ジンバラン たくさんのプール モーベンピック ジンバラン たくさんのプール

ロビーを進んで行くと、眼下にはたくさんのプールが!
キッズプールやスライダーなど、お子様が夢中で遊ぶこと間違いなしです。もちろん大人の方もたくさんいらっしゃいました。
 

 モーベンピック ジンバラン スパ モーベンピック ジンバラン スパ

この日オープンしたスパも見せて頂きました。白亜でとても明るく、高い天井。豪奢な造りは異空間にいるかのようでした。

チェックアウト後は、こちらのスパのシャワールームが無料で使用できるそうです。

鍵付きのロッカーにとシャワールーム。アメニティはアロマセラピーアソシエイツでした!

●クラシックプールビュー●

 モーベンピック ジンバラン クラシックプールビュー モーベンピック ジンバラン クラシックプールビュー

イエローゴールドとブルーでまとめられた34平米のお部屋は、色使いが上品でセンスよくまとまっています。

アメニティはアシタバの籠に入っているのが、バリらしくてとても可愛いです。

 モーベンピック ジンバラン クラシックプールビュー 眺望 モーベンピック ジンバラン クラシックプールビュー 眺望

1番お手頃なクラシックルームとの違いはお部屋からの眺めのみ。お部屋の造りはすべて同じとなります。
 

 モーベンピック ジンバラン レストラン モーベンピック ジンバラン レストラン

こちらは朝食会場にもなっているレストラン。
お部屋もですが、ホテル全体の色使いが可愛くオシャレです。

 モーベンピック ジンバラン レストラン内にあるキッズスペース モーベンピック ジンバラン レストラン内にあるキッズスペース

こちらはレストラン内にあるキッズスペース。
通常のお席はもちろん、お子様と一緒にこちらもご利用頂けます。大人には少し窮屈ですが、悶絶級の可愛さです…。

黄色い枠の扉の向こうには、これまた悶絶する可愛さのキッズクラブが。

船をモチーフにしており、後ろに回ると1階と2階にそれぞれスペースがあります。

ミニシアターでは決まった時間に上映スケジュールが組まれ、ディズニー映画などが流れています。

トイレと、授乳室 兼 お昼寝室。もう可愛いが止まりません…。

ボールプールやテレビゲームもありますが、もちろんスタッフも一緒に遊んでくれます。
 

  モーベンピック ジンバラン ルーフトップバー  モーベンピック ジンバラン ルーフトップバー

 ルーフトップバーからの眺望 ルーフトップバーからの眺望

こちらは8階に位置するルーフトップバー。
今後人気が出ること間違いなさそうな、とてもオシャレな空間でした。サンセットもバッチリ見えるとのこと。デンパサールの空港も見えるので、飛行機好きな方にもいいかもしれませんね。

メニューも豊富で、寿司や刺身なんかもありました。
 

 サムサラ・ライフスタイルヴィレッジ サムサラ・ライフスタイルヴィレッジ

そして、ロビーを出るとすぐ隣にサムサラ・ライフスタイルヴィレッジという複合施設があります。こちらにはレストランやショップが入っているので、ホテルでの食事に飽きてしまったときや、ホテルは少し高いかなぁ、というとき大活躍!


【ブルガリリゾートバリ】

あの有名ブランド「ブルガリ」が、イタリア・ミラノに次いで2番目に手掛けたホテル。全室がオーシャンビュー、プライベートプール付きのヴィラとなっています。

 ブルガリ・リゾート・バリ ロビー ブルガリ・リゾート・バリ ロビー

厳重なセキュリティを抜けてロビーへ到着すると、早速一面に広がるオーシャンビュー!

 ブルガリ・リゾート・バリ ロビーからのオーシャンビュー ブルガリ・リゾート・バリ ロビーからのオーシャンビュー

オーストラリアへと続くビーチは、遮るものが何もなく、ただただ広大なビーチが広がっています。バリ島でもここまでキレイなビーチはなかなか見ることができません。

 ブルガリ・リゾート・バリ ゴンドラ ブルガリ・リゾート・バリ ゴンドラ

 ブルガリ・リゾート・バリ ビーチ ブルガリ・リゾート・バリ ビーチ

ゴンドラでビーチまで降りると、なんとビーチの目の前にデッキが!高い位置にあるので、波の心配はありません。

 ブルガリ・リゾート・バリ スパ ブルガリ・リゾート・バリ スパ

よく雑誌や広告の撮影にも使用されるというスパの外観。
こちらのスパ内のプールも、チェックアウト後に利用することができるそうです。

●オーシャンクリフヴィラ●

 ブルガリ・リゾート・バリ オーシャンクリフヴィラ ブルガリ・リゾート・バリ オーシャンクリフヴィラ

ヴィラに入ると、目の前にビーチが。今回見せて頂いたお部屋からは本当に海しか見えませんでした。まさに「正統派のバリ島のヴィラ」ですね。

 ブルガリ・リゾート・バリ オーシャンクリフヴィラ ベッドルーム ブルガリ・リゾート・バリ オーシャンクリフヴィラ ベッドルーム

エレガントな雰囲気に可愛らしい茅葺屋根のお部屋。
この日はこの後チェックインされるお客様が挙式とのことで、鏡台がベッドルームにありました。ここでメイクするためとのことで、通常はバスルームにあるそうです。

 ブルガリ・リゾート・バリ オーシャンクリフヴィラ バスルーム ブルガリ・リゾート・バリ オーシャンクリフヴィラ バスルーム

 挙式仕様のフラワーバス            ウォシュレット完備のトイレ 挙式仕様のフラワーバス            ウォシュレット完備のトイレ

バスルームもフラワーバスで挙式仕様。

トイレにはTOTOのウォシュレットが完備されていました。こちらは順次改装を行っているそうです。日本のようなウォシュレットはほぼ皆無のバリ島、これは嬉しいポイントですね。
 

 ブルガリ・リゾート・バリ ブルガリショップ ブルガリ・リゾート・バリ ブルガリショップ

ホテル内にはブルガリショップもあり、セール時にはかなりお安く購入できるそうです。
ポロシャツはお土産ショップにありましたが、意外とお安くビックリ(日本円で5,000円しないくらいでした)。
 

 ブルガリ・リゾート・バリ パブリックプール ブルガリ・リゾート・バリ パブリックプール

こちらはパブリックプール。
ブーゲンビリアとのコントラストが最高にフォトジェニックです。(加工なし!)

「SNS映えする写真を撮れるスポットを教えてください」とのご質問が現地では最近急増しているそうですが、ブルガリリゾートではどこで何を撮ってもフォトジェニック!
 

 ブルガリ・リゾート・バリ サンカールレストラン ブルガリ・リゾート・バリ サンカールレストラン

この日のランチはブルガリリゾートのスタッフさんとともに、サンカールレストランで頂きました。
爽やかなウェルカムドリンクでクールダウン。

写真左、スタッフさん皆さんも大好きだというスープ、本当に絶品でした。思い出してもヨダレが出ます…。写真右は鰹のたたきと帆立、こちらも新鮮で美味しい。

 ブルガリ・リゾート・バリ ランチ メインの海老のグリル ブルガリ・リゾート・バリ ランチ メインの海老のグリル

メインは海老のグリル。こちらも海老が大きくプリプリで、とても美味しく頂きました。

高級ヴィラのため、気軽に宿泊できるわけではありませんが、ハネムーンや結婚記念日など、特別な日にふさわしいヴィラです。

周りには何もありませんが、何もないからこそ、絶景のビーチやサンライズ・サンセット(どちらも見られるホテルはものすごく希少!)が楽しめます。

最後の1泊だけのご宿泊や、他ホテルと分泊されるお客様も最近はとても多いそうです。
バリ王でもそのようなプランをご用意しておりますので、迷われている方はぜひお気軽にご相談くださいね。


【タマンサリ ロイヤルヘリテージスパ】

ホテル見学を終え、帰国前にオプショナルツアーでも人気のタマンサリスパを体験。
ヌサドゥアの静かな住宅街にあり、周りもとても静かです。

 タマンサリ ロイヤルヘリテージスパ 受付 タマンサリ ロイヤルヘリテージスパ 受付

到着すると、なんだか見たことがある女性の写真が。元ミスユニバースの森理世さんでした。世界一の美女も訪れたスパなんですね。

 タマンサリ ロイヤルヘリテージスパ ウェルカムドリンクと問診票 タマンサリ ロイヤルヘリテージスパ ウェルカムドリンクと問診票

ウェルカムドリンクを頂きながら、問診票に記入。すべて日本語で安心です。
スタッフも片言の日本語が話せるので、言葉の不安はまったく感じませんでした。

今回私が体験したのは、「パラダイス フェイシャル&ボディトリートメント」150分。

選べる60分のマッサージ(ジャワニーズorバリニーズorスウェディッシュ)、選べる60分のフェイシャル(アンチエイジングorリバイタルorディープクレンジング)、30分のシャワー&ミルクフラワーバスのコースです。

マッサージはスウェディッシュを、フェイシャルはディープクレンジングを選択しました。

 タマンサリ ロイヤルヘリテージスパ オイルと日本語の説明分 タマンサリ ロイヤルヘリテージスパ オイルと日本語の説明分

オイルは好きなものを選ぶことができ、それぞれのオイルの特性や効果もすべて日本語の説明分があるので、とてもわかりやすかったです。

メニューが決まると紙パンツに着替えます。
更衣室の鍵付きのロッカーに荷物を入れられるので安心です。トイレとシャワーがありました。

プールがある広いエリアを通り、個室へ向かいます。

 タマンサリ ロイヤルヘリテージスパ トリートメントルーム タマンサリ ロイヤルヘリテージスパ トリートメントルーム

ベッドの隣にバスタブがあり、奥にシャワーブースがあります。
マッサージは力加減も日本語で確認してくれるので、希望があればスタッフさんに伝えてくださいね。

気持ちいいマッサージに途中から寝入ってしまい、60分が経った頃に声をかけられました。

マッサージ後のシャワー&ミルクフラワーバスでは、オレンジジュースとスイカのサービスがあり、その後シャワーを浴びて、フェイシャルのお部屋に移動します。

 タマンサリ ロイヤルヘリテージスパ フェイシャルのお部屋 タマンサリ ロイヤルヘリテージスパ フェイシャルのお部屋

フェイシャルは専用の機械があるお部屋で。
メイク落としから丁寧に施術してくれます。問診票にはまつ毛エクステの欄もあり、細かいところまで気を配ってくれるので、「外国だから不安…」といった心配も無用です。

フェイシャルも気づけば夢の中へ…。「終わりました」の声で目が覚めました。

日本では料金面でもなかなか気軽には足を運べませんが、バリ島なら毎日でも通えてしまいます。実際毎日スパを受けられるお客様もたくさん。

タマンサリスパ、スタッフも対応も良く技術も確かなので、スパ選びに迷われているお客様には胸を張ってお勧めします!
 

 「FURAMA」での最後のディナー 「FURAMA」での最後のディナー

この日の便で帰国なので、最後のディナーはパラダイスバリラウンジ近くの、「FURAMA」という中華レストランへ。

パラダイスバリの日本人スタッフのお気に入りのお店で、お勧めのレストランを聞かれた際にはご紹介しているとのこと。パラダイスバリラウンジからは歩いて1分ほどと、本当にすぐそこです。

いくつか頼んでシェアしましたが、どれも美味しかったです。種類が豊富なので、選ぶのも楽しい♪

楽しいディナーを終え、帰国のため空港へ向かいます。

写真左、ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスをご利用のお客様は、こちらで手続きが可能です。すべて空港スタッフがやってくれるので、お客様は待っているだけととても楽チン。

関空への便はチェックイン時に搭乗ゲートが決まっておらず、「スクリーンで確認してね」と言われました。でもこのスクリーン、00:00を過ぎてからの便がなかなか表示されません。

時間が経つと表示されますが、途中でゲート変更があったりしますので(この日もありました)、何度かチェックするようにしてくださいね。

帰路は定刻通り関空に到着、無事帰国しました。
 

 
ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王
東京支店03-3526-7085
名古屋支店052-238-1695
大阪支店06-6533-5222

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員