安定の日本ブランド「ニッコーホテル」がバリ島に再び帰って来た! 『ホテル ニッコー バリ べノアビーチ』

バリ島旅行部門3冠達成日本マーケティングリサーチ機構調べ

  1. ホーム > 
  2. ホテルレポート一覧 > 
  3. 安定の日本ブランド「ニッコーホテル」がバリ島に再び帰って来た! 『ホテル ニッコー バリ べノアビーチ』

ホテルレポート

安定の日本ブランド「ニッコーホテル」がバリ島に再び帰って来た! 『ホテル ニッコー バリ べノアビーチ』

投稿日:2018年4月12日

日本ブランドの世界的に有名なホテル「ニッコー」が、マリンスポーツの盛んなベノアビーチに「ニッコー・バリ・ベノアビーチ」としてオープンしました!!




日本ブランドである「ニッコー」のホテルがバリ島から消えて約1年。先週年3月8日に新しく「ニッコー・バリ・ベノアビーチ」という新しい名前でニッコーホテルがバリ島に再び帰って来たことを嬉しく思うのは私だけではないと思います。




今回のニッコーホテルは、マリンスポーツが盛んな地区として有名で、ヌサドゥアの5つ星ホテルが勢揃いしているITDC特別地区のすぐ隣のベノアビーチに立地していて、元々は「グランドアストン」と言う名前のホテルでした。ホテルの目の前に広がる美しい白砂のベノアビーチは一年を通して穏やかなので、お子様も安心して遊べそうです。(勿論お子様には大人の監視が必ず必要です)




実は、「ニッコー・バリ・ベノアビーチ」として名前を変えてオープンする前に、密かにお部屋の改装を行っていたとの情報を得たので、3月8日のグランドオープンのイベントの直後にお願いしてお部屋を見せて頂きました。





ニッコー・バリ・ベノアビーチ(以下、ニッコーベノア)の名前になった、真新しいサインです。

ニッコー・バリ・ベノアビーチの真新しいサイン-1



ニッコー・バリ・ベノアビーチの真新しいサイン-2




正面入り口はもとのホテルの時と同じです。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ 正面入り口




レセプションとロビーの様子も大きな変化はありません。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ レセプションとロビー




レセプションに向かって左側にはコンシェルジュデスクがあります。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ コンシェルジュデスク




ニッコーベノアの旗が並んだビーチ。夕方なので陽射しも弱いですが、日中は真っ青な水平線を白砂のコントラクトが美しいビーチです。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ ビーチ




ビーチに面したバー&ラウンジ「バイザシー」もあります。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ バー&ラウンジ




ベノアビーチに面した場所にあるメインプール。曲線でユニークな形のプールです。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ メインプール




ニッコーベノアのホテル棟は地上4階建て。勿論エレベーター完備です。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ 外観





それでは、早速お部屋をご覧下さい。


こちらがボトムカテゴリーの「デラックスルーム」。大きめのシングル別途が2台あって、さらにイスとテーブルが置かれてまだ余裕のある床面積は45u。これだけの広さがあると、とっても広々しています。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ デラックスルーム



ニッコー・バリ・ベノアビーチ デラックスルーム ツインベッド




日本人のお客様に欠かせないバスタブも全室完備。固定ヘッドのシャワーのついたシャワーブースはバスタブの隣にあります。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ デラックスルーム バスタブ ニッコー・バリ・ベノアビーチ シャワー




トイレはエコシャワー付きですが全自動のウォシュレットではありません。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ デラックスルーム トイレ ニッコー・バリ・ベノアビーチ 洗面台




スーツケースを置けるスペースもお部屋の中にあります。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ デラックスルーム スーツケースを置けるスペース




そして、愛煙家には欠かす事の出来ない喫煙場所はお部屋のバルコニー。スペースとしては狭いですがイスが2脚置かれているので二人で座る事が出来ます。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ デラックスルーム バルコニー





次は「デラックスオーシャン」のお部屋です。基本的にデラックスルームと同じ造りなので、こちらのお部屋ではダブルベッドを見せて頂きました。


ニッコー・バリ・ベノアビーチ デラックスオーシャン




バスタブとシャワーブースとトイレの配置はこんな感じです。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ デラックスオーシャン バスタブとシャワーブースとトイレ




バスルームのシンクはひとつでドライヤーが固定されています。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ デラックスオーシャン バスルームのシンク




バルコニーはこんな感じ。イスだけが2脚置かれています。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ デラックスオーシャン バルコニー





次は「オーシャンビュー・スイート・プレミア」のお部屋をご覧下さい。


まず、お部屋に入ってこの広さにビックリ。床面積は106uあります。この広さを利用してエキストラベッドは2台入れる事が出来ますので、ご家族大人4名様と添い寝の子供1名まで一緒に泊まれます。


ニッコー・バリ・ベノアビーチ オーシャンビュー・スイート・プレミア リビングルーム-1



ニッコー・バリ・ベノアビーチ オーシャンビュー・スイート・プレミア リビングルーム-2




広いリビングルームの隣にあるのがベッドルーム。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ オーシャンビュー・スイート・プレミア ベッドルーム




そして、ベッドルームから見るバスルームはこんな感じ。勿論ロールカーテンが付いているのでバスルームを使う時は目隠しする事が可能です。勿論バスタブとシャワーブースはそれぞれ独立しています。


ニッコー・バリ・ベノアビーチ オーシャンビュー・スイート・プレミア バスルーム-1 ニッコー・バリ・ベノアビーチ オーシャンビュー・スイート・プレミア バスルーム-2




ベッドルーム側にまで伸びているバルコニー。オーシャンビューという名前が付いたお部屋ですが、海の一部が見えるパーシャルオーシャンビューです。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ オーシャンビュー・スイート・プレミア バルコニー



ニッコー・バリ・ベノアビーチ オーシャンビュー・スイート・プレミア 眺望





次は「オーシャンフロントスイート」のお部屋をご覧下さい。


このオーシャンフロントスイートの床面積は86平方メートル。先にご紹介したオーシャンビュー・スイート・プレミアの106uよりも狭いですが、こちらは改装を終えたばかりの新しいお部屋との事。今までベッドルームとリビングルームの間は壁で仕切られていましたが、その壁を取り払ったのでとっても開放的で明るくなりました。エキストラベッドは入りません。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ オーシャンフロントスイート



ニッコー・バリ・ベノアビーチ オーシャンフロントスイート ベッドルーム-1



ニッコー・バリ・ベノアビーチ オーシャンフロントスイート ベッドルーム-2




お部屋のバルコニーからの景観はこちらの方が海が近くて良いと思います。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ オーシャンフロントスイート 眺望





この次はこのニッコーベノアで一番上のカテゴリー「ルーフトップ・オーシャンフロント・スイート」のお部屋をご覧下さい。


女の子が喜びそうな素敵なベッドルームと、ビルディングタイプのお部屋には滅多に無い、ひろーいプライベートテラスとガゼボの付いた珍しいお部屋です。


フォトジェニックなベッドルームはリビングスペースも十分。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ ルーフトップ・オーシャンフロント・スイート ベッドルーム



ニッコー・バリ・ベノアビーチ ルーフトップ・オーシャンフロント・スイート リビングルーム




こんな広いプライベートテラスからは水平線がバッチリ見えます。

そして、ヴィラなどによくあるガゼボ付き。水平線を眺めながらお昼寝出来そうです。なんて贅沢なお部屋でしょう。。。。

これだけ広いスペースがあるので、皆で集まって小さなパーティをする事も可能なんです(要相談)。

例えば、このお部屋には主役のカップルが泊まって、ご友人達は別の部屋に泊まって、みんなで集まるパーティをこのテラスで・・・なんていう使い方が出来るんですよ。


ニッコー・バリ・ベノアビーチ ルーフトップ・オーシャンフロント・スイート ガゼボ-1



ニッコー・バリ・ベノアビーチ ルーフトップ・オーシャンフロント・スイート ガゼボ-2




バスルームもテラスに面してとっても明るいです。バスタブとは別に独立したシャワーブースが2つあります。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ ルーフトップ・オーシャンフロント・スイート ガゼボ-2 ニッコー・バリ・ベノアビーチ ルーフトップ・オーシャンフロント・スイート ガゼボ-2




クローゼットの中も充実していて、お部屋にはないものも用意されています。

ニッコー・バリ・ベノアビーチ ルーフトップ・オーシャンフロント・スイート クローゼット





以上、ざっとご覧頂きましたが、どのお部屋を見ても広かったのが印象に残りました。



私個人的にはルーフオーシャンフロントスイートが特に気に入ってしまいました。少人数のパーティーにも使って良いお部屋、というのは珍しいので、色々なアイディアが湧いてきそうです。少人数のプライベートパーティーは可能ですが、他のお客様のご迷惑になるような使い方、DJを呼んだり大騒ぎする等はNGですので予めご了承下さい。



「ニッコー・バリ・ベノアビーチ」は、大型ホテルよりもう少しこじんまりとしているので、ホテルの敷地内で迷子になる確率も低そうな印象でした。



現在ファミリールームをオープンさせる為に改装を行っている部分があるそうですが、見学中ホテル内はとても静かで、改装をしている様子は見えませんでしたし工事の音なども全く聞こえてきませんでした。ファミリールームは4月頃にオープンするそうですので、どんなファミリールームになるのか今から楽しみです。





ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王
東京支店03-3526-7085
名古屋支店052-238-1695
大阪支店06-6533-5222

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

関連サイトのご紹介

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員