1. ホーム > 
  2. ホテルレポート一覧 > 
  3. ヌサドゥアの最高級5ツ星ビーチフロントリゾート 『サマベ バリ スイート&ヴィラ』 取材レポートVol.3 〜敷地内にある施設とその他 のヴィラ編〜

ホテルレポート

ヌサドゥアの最高級5ツ星ビーチフロントリゾート 『サマベ バリ スイート&ヴィラ』 取材レポートVol.3 〜敷地内にある施設とその他 のヴィラ編〜

投稿日:2015年4月16日

vol.1はコチラ

vol.2はコチラ

Samabe Bali Suite & Villas のインスペクションレポート VOL.3

「敷地内にある施設」とその他 のヴィラのご紹介編




サマベの敷地は総面積8ヘクタールあるそうです。
その中に併設されている、チャペルとその下の多目的スペース、キッズクラブ、ジム、ギフトショップ、そしてクッキングクラスが行われる場所等、サマベに併設されている施設をご紹介します。

まずはじめに、オーシャンフロントのチャペル、「パール チャペル」をご紹介します。

どうでしょう、インド洋を臨むこの立地。 
海までの高さがある分、水平線まで視界を遮るものが無いので開放的な印象を受けます。
 




ご参列のお客様が座った位置からも、水平線を見渡していただけます。

 




このチャペルの下にあるのが多目的スペース。 インド洋を眺めながらヨガをしたりするのに使われているそうです。
多目的スペースから見下ろしたインド洋。 コバルトブルーの美しさが際立っています。
 




次はキッズクラブへ。


サマベのキッズクラブ「ルンバ ルンバ(イルカ)」は、朝食会場のルンパールンパーレストランの正面に位置する、屋外ステージの下にありました。
専任のシッターさんが常駐していますが、2歳位までは大人の付き添いが必要な場合もあるそうです。

 

 

 

子供用サイズのトイレと洗面所がキッズクラブの隣にあるのはお子様にとって便利で良いですね。



次はサマベのラウンジの奥にある「ホスピタリティーラウンジ」のご紹介です。

高級感のあるサインと、「グビヨック」と呼ばれるインドネシアの伝統的な扉が印象的なラウンジの入り口。
 

ラウンジは、早朝に到着されたお客様や、深夜便のご利用の方など、お部屋を使わない(使えない)時間を過ごす為に無料でご利用頂く事が可能だそうです。
座り心地の良さそうなソファーが並んでいます。ビジネスセンターの代わりのコンピューターとプリンターも設置してありました。
 



更に、このホスピタリティーラウンジには、お客様にご自由にご利用頂けるシャワールームがあるんです。
鍵の掛るドアで仕切られた個室の中に、洗面台、トイレ、シャワーブースの設備があるので、他人が入ってくることを心配しないで利用出来るのは安心です。
十分な数のタオル、ヘアドライヤー、更に、歯ブラシ等バスルームに欠かせない各種アメニティも置いてあるので、帰国便を待つ間にシャワーして、メイクして・・・と、どなたにも便利にご利用頂けそうです。
 

 


更に更に、このホスピタリティーラウンジの隠し部屋(という訳ではないですが)、には、大型スクリーンテレビと麻雀テーブルがあるお部屋があるんです。 ラウンジに用意してあるDVDを大型画面で鑑賞するもよし、4人集まって麻雀に興ずるもよし。 空いていればどなたでも無料でご利用頂けるそうです。



さて、こちらはルンパールンパーレストランの奥にあるミーティングルーム件プライベートルームの「バンテン」。
大きな窓からの自然光で、とても明るいミーティングルームです。
プライベートで楽しみたい方々の会食等にもご利用可能。
 



次はボールルーム。
着席(銘々テーブル無し)で50人以上ゆっくり入れる、天井に大きなシャンデリアのついたボールルーム。
ミーティングの他に、結婚式などでの利用も可能だそうです。 絨毯と重厚な扉、そしてシャンデリアとインテリアに使われているゴールドがヨーロッパ風の雰囲気。 
 

 

ボールルームのとなりはスパ「ガランガル スパ」。大きなスパではないですが、こじんまりとした居心地良さそうなスパです。
 



スパのトリートメントルーム内はこんな感じ。 シロダーラも可能。
 



トリートメントルームの外にあるシャワーとバスタブ。トイレと着替え場所もトリートメントルームの外に併設しています。
 

 


スパの前の建物には、ギフトショップと木彫を教えてくれるワークショップのスペースがあります。

まずはギフトショップから。 リゾートウェアや水着、アクセサリーや雑貨など、いろいろなモノが置かれたセレクトショップ。
 



陶器の有名店・ジェンガラから仕入れてきている商品もあります。 ジェンガラの商品はここでも売れ筋だそうですよ。
 


そして、ギフトショップの隣にあるのがワークショップのスペース。 バリ式の木彫(ウッドカービング)を教えて貰えるそうです。

向って左側がワークショップのスペース、右側がギフトショップ。


木彫の先生が実演しているところ。 バリの彫刻刀は日本の彫刻刀のように持ち手がついていないので、木槌で彫刻刀のお尻を叩いて彫っていきます。 私も趣味で時々彫刻しますが、やってみるとけっこうハマリます。(肩も凝りますが)
 

商品は実演販売有り、ご自身でチャレンジするもよし。時間がたくさんあるかたは、是非チャレンジしてみて下さい。
 

最後はクッキングクラスを行う為のオープンキッチンスペースをご紹介します。

壁の無い、半オープンのキッチンスペース。 ここでお料理して出来上がったものは、池に面したガゼボでお召し上がり頂くそうです。
 



クッキングクラスの場所とガゼボを反対側からみたところ。 何も知らないでいたら、お洒落なレストランに見えますよね。



3部作でお届けした、ヌサドゥア南部の開発途上地区の『サマベ バリ スイート&ヴィラス』、如何でしたでしょうか。

『サマベ バリ スイート&ヴィラス』のオーシャンフロントの素晴らしい立地は、裏を返せば、ショッピングなどには距離的に遠い、というデメリットも含んでいます。ヌサドゥアのバリコレクションであればさほど遠くはないですが(片道15分程度)、スミニャックやクタ方面へ行こうとすると、移動時間で片道1時間程度は掛ると思います。

しかし、ショッピングを楽しむだけがバリ島旅行の醍醐味ではない筈ですし、忙しい毎日から解放されて、お部屋でゆっくり過ごしたい、という目的でお越しになる、金銭的に余裕のある層のお客様も多くいらっしゃいます。

せっかく素敵な居心地の良いお部屋に宿泊するのに、お部屋に帰るのは寝る時間だけ。。。では勿体無さ過ぎます。

『サマベ バリ スイート&ヴィラス』 は、「ゆったり滞在型」を楽しめるゆとりのある、大人の旅行者に方々に、是非お勧めしていただきたいリゾートです。

vol.1はコチラ

vol.2はコチラ

ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王
東京支店03-3526-7085
名古屋支店052-238-1695
大阪支店06-6533-5222

受付時間/平日 10:00〜18:00 土曜日 10:00〜17:00 第3土曜日・日曜・祝日・年末年始(休み)

関連サイトのご紹介

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員