旅行予約・カウンター受付|岩元 舞美

  1. 国際開発株式会社採用情報TOP > 
  2. 求める人物像 > 
  3. 「社員インタビュー」旅行予約・カウンター受付 岩元 舞美

旅行予約・
カウンター受付

岩元 舞美

2011年入社

私の仕事

旅のご相談窓口として、お客様一人一人の
ご要望にお応えしてく“会社の顔”

社員イメージ

旅のご相談窓口としてお客さまからのお問い合わせに応え、ご要望に合わせた手配をするのが予約担当の仕事です。お客様とのファーストコンタクトを担当するいわば“会社の顔”となる役割です。
弊社はパッケージ化されたツアー商品を売るだけではなく、個人旅行の手配も行なっているリゾート系旅行の専門店ですので、お客さまから、さまざまなお問い合わせ・ご要望が寄せられてきます。お問い合わせがあれば、ホームページには掲載のないホテルの情報やオプショナルツアーについてもお調べし、料金を取り寄せて見積もりをご提示するなどの作業を行なっています。
またパッケージツアーでご出発のお客さまであっても、例えば「このホテルのプールの深さはどれくらい?」「このタワーホテルの高さは何メートルなの?」といった詳細なご質問を受けることもあります。手元に情報がないものについては、現地に確認を入れてお客様にフィードバックしていくのも大切な仕事のひとつです。
お客様とのやりとりは電話やメールとなるのですが、入社当初のまだ慣れない頃には失敗も多く、お客様から「そんなの聞いてない!」「この文面じゃわからないよ!」と言ったお叱りを受けてしまうこともありました。ですので今は、例えばメール文面なら複数ある情報を箇条書きにしたり、場所を示す場合は地図に印をつけて添付したりするなど、受け取った方の見やすさ・読みやすさを考えながら、工夫をこらしています。
お客様の中にはとてもバリ島に詳しい方もいらっしゃって、まだまだ学ばせていただくことも多いのですが、これからもっと積極的に現地情報を知り、そういったお客様にも負けない知見をつけていきたいと思っています。

仕事のココが面白い!
お客様一人一人と親密な絆を感じられるのが、とても魅力的

旅行会社によっては、予約担当の仕事は最初にお客様のお電話を取って対応するだけで、すぐに次の担当スタッフに引き継いでしまうところもあります。けれども、弊社ではそうした分業システムを取っておらず、最初に電話やメールで対応差し上げたお客様に対して、ご出発まで同じ予約担当スタッフがお世話をする仕組みです。ですので、一人一人のお客様ととても親密な関係性がつくれる点が魅力的です。
バリ島はリピーターが多いディスティネーションなので、毎年のように担当させていただくお客様もよくいらっしゃるのですが、ご予約の際に私を指名してくださったりすることがあると、とても嬉しいですね。
また以前担当したお客様から、何年かして「昔、お世話になったのですが、また担当をお願いできますか?」とお電話いただいたりしたときにも、とてもやりがいを感じます。こんな時はいつも「次も、さらにいい旅をご提供差し上げよう!」なんて、気合いが入りますね。

どんな人が向いている?
最も大切な資質は、「最高の旅を提供したい」という真ごころ

お客様の受付をしてからご旅行に出発されるまで、私たちはさまざまな質問や相談に応対しています。業務の一つ一つは細かい作業が多いですし、さらにそれらが同時に複数発生しますので、どちらかというと性格的には几帳面な人のほうが向いているように思います。 ただ、そこまでではなくても、誰かの役に立ちたい、お客様を幸せにしたいといった気持ちがあり、それをきちんと行動に移せる人ならきっと大丈夫なのではないでしょうか。実際、私自身もものすごく几帳面というわけでもありませんから(笑)。
この仕事にとっていちばん大切な資質は、「お客様の旅行を最高に楽しい旅にしてあげたい!」という真ごころだと思っています。

社員イメージ
オフの過ごし方
少しでも時間があれば、現地情報収拾も兼ねた旅行へ

たもともと旅が大好きなので、少しでも日程が取れるとすぐ旅行に出てしまいます。バリ島にもたいてい年に1〜2回は行っていて、最新の現地の様子にも触れています。そうするとお客様からのお問い合わせにも即座に自信を持って答えられるようになるので一石二鳥ですよね。
去年は、以前からやってみたいなと思っていたダイビングにも初挑戦しました。まだ今は回数が少ないですが、これからも続けていって、ここでの体験も仕事にフィードバックしてきたいですね。 またTVのリゾート番組を見たり、他の旅行会社に勤めている友人たちと一緒に過ごして情報交換したりするのも、楽しいうえに仕事にも役立って、いい休日の過ごし方ではないかなと思います。

就活中の人へのメッセージ
自分のやりたいことが何なのか、明確なイメージを描いて

「旅行が好き!」「人とのコミュニケーションが好き!」という方であれば、とてもやりがいを感じられる仕事ですので、ぜひ皆さんにも目指していただきたいと思っています。
ただ、ひと口に旅行会社と言っても、世界各国を幅広く扱う大手企業から、専門分野に特化した専門店までさまざまなタイプがあります。なので、自分が就職した後に何をやっていきたいのか、イメージを明確にしておくことが大事ではないでしょうか。例えば、添乗員をやりたいと思っているのに添乗業務がない会社に入ってしまっては夢が叶いませんし、お客さま一人一人をしっかり最後まで担当したいと考えていたとしても大手などのように分業制をとっている会社では難しいでしょう。自分がどんなタイプの会社とマッチングするのかをしっかり見極めて、頑張ってください。

私の一日

8:00 起床。
朝食はご飯、みそ汁、納豆という和食派。
9:00 出社。メールやホームページへのお問い合わせを確認し、対応。メール&電話でのご相談・回答の他、ご来店されるお客様がいれば、随時応対していきます。
12:30または13:30 昼休み。早番・遅番で時間が異なります。
ランチは一緒に行ける同僚と会社近くのお店にて。
13:30または14:30 午後の業務スタート。午前中から引き続き、メールや電話、ご来店のお客様対応を行います。
19:30 おおよそこの前後に退社。
20:00 帰宅。
お風呂や夕食をすませ、TVを見ながらリラックスしています。YouTubeなどでお笑いの動画を観るのもいいストレス解消法に。
24:00 就寝。

私の必需品

かわいい付箋やメモ帳

資料送付の際は、お客様に楽しんでもらえるようかわいい付箋やメモを使って手書きコメントを添えています。

電卓