和井田理央選手サーフィンをしている画像

バリ王ではプロサーファーの
和井田理央選手を応援しています。

BALI-OH SUPPORT

WSL MENS JUNIOR TOURMINAMI BOSO JUNIOR PRO2018/11/26

次の試合が続いていました。
とにかく体調を早く戻したかったので、フィリピンの大会で敗退後、急いで荷物の整理をし、
チケットを変更して、その日の夕方の最終便でシアルガオ島を出発しました。
時間ギリギリでしたが、なんとか間に合い、セブ島へと向かうことができました。

そして、つぎの大会のため、日本へ。

MINAMI BOSO JUNIOR PRO



大会会場は、千葉県
http://www.worldsurfleague.com/events/2018/mjun/2796/minami-boso-junior-pro
去年も、この大会に出場しましたが、あっさり負けてしまうという苦い思い出の大会です。

今回、日本でプロジュニアの大会2戦に参戦し、上位4名まで12月に行われるWJC(ワールドジュニアチャンプインシップ)出場権を獲得できます。
WJCは世界各7地区のトップジュニアが勢ぞろいし、世界一のジュニアを決める大きな大会です。


苦い思い出の大会でも、苦手な波質でも、とにかく次の大会で少しでも余裕をもって参戦するためにも、上位に食い込まなければなりません。

まずは、しっかり食べ、休み、体調を戻すことを優先しました。
幸いにも、私の大好きな日本での滞在、そしてケアしてくださった方のおかげで、少しずつ回復することができました。


そして、大会結果は、

MINAMI BOSO JUNIOR PRO

MINAMI BOSO JUNIOR PRO



とても難しい波で、波に乗るのに、だいぶ手こずりましたが、優勝は逃したものの、2位に食い込むことができました。


MINAMI BOSO JUNIOR PRO



本当に良かったです。

毎回、ビーチでの波の操り方の上手な日本人選手を見て、とても勉強になります。
僕は、毎日バリ島でいい波でばかり練習しているので、波の選び方、探し方がとても下手です。
世界で戦っていくためには、本当に悪状況での練習が必要なんです。
今回もいい経験ができました。

とりあえず、2位に食い込むことができたので、次の大会に向けて、少しだけ余裕ができました。
次は絶対に優勝します。
波がちょっと心配ですが…


RIO WAIDA

最新記事

▶ 記事一覧