和井田理央選手サーフィンをしている画像

バリ王ではプロサーファーの
和井田理央選手を応援しています。

BALI-OH SUPPORT

2018 UR ISA World Surfing Games2018/11/02

この大会は、サーフィンのワールドカップと言ってもいいでしょう。
サーフィンは個人競技ですが、ISA (International Surfing Association)は国別で戦う大会です。
毎年行われている大会なのですが、インドネシアチームは、いろいろな事情があり、
なかなか参加できずにいました。
それでも、毎年、出場したいことを懇願し続け、サーフィン種目が五輪の追加競技に
正式に決定されたこともあり、やっとやっと念願のこの大会にインドネシアチームが参加できることになりました。
もちろん、インドネシアチームが参加できるとしても、私が代表選手に選ばれるかは定かではありませんでしたが、男女各3名にの一人に選んでいただくことができました。

2018 UR ISA World Surfing Games
http://isasurf.org/wsg/2018/en/

スンバワの大会で敗退してしまい、急いでバリ島に戻り、新しいボードも用意していただいて、
なんとか出発に間に合うことができました。

2018 UR ISA World Surfing Games


今回、この大会は、日本の愛知県田原市ロングビーチで行われました。
盛大にオープニングセレモニーも開催され、日本でのサーフィンの注目度を改めて実感いたしました。

2018 UR ISA World Surfing Games

2018 UR ISA World Surfing Games

2018 UR ISA World Surfing Games

オープニングセレモニーでは、インドネシア旗手を務めさせていただきました。

2018 UR ISA World Surfing Games

2018 UR ISA World Surfing Games

国別の大会だからこそ、味わえるこの体験にとても興奮いたしました。

2018 UR ISA World Surfing Games


波の予報では、小波での戦いになるかと予想していましたが、なんと急に台風が発生していまい、
とてもとてもハードなコンディションの中、大会がスタート。
今回、飛行機に持ち込めるボードが2本と言われていたので、小波用のボードしか持って行くことが
できず、前半、台風による波にとても苦戦しました。

2018 UR ISA World Surfing Games

2018 UR ISA World Surfing Games

そうそうに1本、折れてしまうというトラブルにあってしまいましたが、
なんとか台風のスゥエルが収まるまで、僕は残ることができました。

いつも1人で戦っている僕にとって、チームのサポートはとてもとても心強いものでした。

2018 UR ISA World Surfing Games

2018 UR ISA World Surfing Games

2018 UR ISA World Surfing Games


最終結果は、
国別では、インドネシアは14位 / 42国中
個人では、9位でした。

参照 http://isasurf.org/wsg/2018/en/

この結果だけを見たら、まだまだなのですが、
各国のトップが出場する中、今回、ここまで来れたことは、自分にとって大きな自信となりました。

2018 UR ISA World Surfing Games

2018 UR ISA World Surfing Games

2018 UR ISA World Surfing Games

2018 UR ISA World Surfing Games

2018 UR ISA World Surfing Games

もちろん、みんなのサポートあっての結果です。
2020五輪に向けて、自分にとって大きな前進だと思っています。

会場でも、日本とインドネシアのハーフということで、沢山の日本人の方々にも
応援していただけました。
本当にありがとうございました。


来年再来年のこの大会の結果が、五輪の出場をかけての予選大会となります。
出場権獲得を目指して、またこれから頑張っていこうと思います。


いつも本当に応援ありがとうございます。

RIO WAIDA

最新記事

▶ 記事一覧