和井田理央選手サーフィンをしている画像

バリ王ではプロサーファーの
和井田理央選手を応援しています。

BALI-OH SUPPORT

2018 West Sumbawa Pro2018/10/24


ヨーロッパ遠征からバリ島へ帰ってきて、次の日に、次の大会のため、
ウェストスンバワへと向かいました。

2018 West Sumbawa Pro


スンバワ島へ行くのですが、スンバワの空港BIMAまで行ってしまうと、とても車移動が長いため、
バリ島のお隣ロンボクからフェリーに乗り、スンバワへ渡ります。

バリ島からロンボク空港へ向かうためには、LION AIRとGARUDA INDONESIA AIRがあります。
サーファーにとって、どちらが良いかというと、サーフボードチャージのかからないGARUDA INDONESIA AIRの方が、チケット代は高いですが、最終的に支払う値段は断然に安いです。
ということで、いざ、出発

2018 West Sumbawa Pro

2018 West Sumbawa Pro

たった30分のフライトです。

2018 West Sumbawa Pro


ロンボク空港へ着いたら、お願いしていたトランスポートで、
パブリックフェリーの港KAYANGANまで約2時間。
ロンボクからYOYO’Sへ行く方法は2つ。
① パブリックフェリーでKAYANGAN → BENETEへ約2時間 → 車で1時間半
② ファーストフェリーでKAYANGAN → POTO TANOへ1時間半 → 車で30分

少しでも早く楽に行きたかったため、ファーストフェリーで行こうと思っていましたが、
なんとロンボクに着いてから、ファーストフェリーは修理中のため乗れないということで、
① のパブリックフェリーで向かいました。

2018 West Sumbawa Pro

スンバワへ着き、再びトランスポートでいざYOYO’Sへ車で2時間

2018 West Sumbawa Pro


着いた頃には、すっかり日も暮れてしまいました。

疲れ切ってしまったので、すぐに寝てしまいました。
朝、起きてみると

2018 West Sumbawa Pro

2018 West Sumbawa Pro

2018 West Sumbawa Pro

いい波が割れているのに、全然人がいないという場所でした。
またバリ島とは違う素晴らしい場所です。

2018 West Sumbawa Pro

2018 West Sumbawa Pro


実は、僕はここへ来たのは、2回目です。
2年前もここで大会があり、来たのですが、その時はあまりにも波が大きすぎて、違うポイントへ移動して大会が開催されました。
再びここへ戻ってこれて、とても幸せです。

2018 West Sumbawa Pro

2018 West Sumbawa Pro

2018 West Sumbawa Pro

2018 West Sumbawa Pro

2018 West Sumbawa Pro

ヨーロッパでは、冷たい海水でウェットスーツ着用でのサーフィンでしたが、
やっぱり暖かい水、水着でサーフィンは最高でした。


いよいよ大会がスタートします。

WEST SUMBAWA PRO
http://www.worldsurfleague.com/events/2018/mqs/2743/west-sumbawa-pro

とても簡単そうに見える波ですが、
実際は、とても海の中の流れが強く、砂浜にも大したものもなく、自分のいる場所が確認しずらくて、
ベストの場所でいい波を掴むのは、とても難しかったです。
朝は風もなく、きれいな波なのですが、9時くらいから徐々にオンショアという海からの風が決まって吹き付け、波がガタガタとしてしまいます。
だからこそ、上手く最後まで落ちずに乗り切るのは難しいものでした。


https://www.instagram.com/p/BniEQT2gjZg/?utm_source=ig_web_copy_link

僕は、運良く最終日まで残ることができましたが、
うまく波を見つけ出すことができず、クォーターファイナルで敗退し、5位という結果でした。
サーフィンの調子も良く、水着でサーフィンという状況にとても興奮していたので、
5位の結果はとても悔しいものでした。
それでも、こんなにいい波でハイパフォーマンスを披露できたこと、本当に嬉しかったです。
そして、僕の住んでいるインドネシアという国に、こんなにいい波があること、本当に誇りに思います。
大会に出て、勝つことを目標にすることは当たり前なのですが、インドネシアには、本当にいい波が
たくさん立っています。
それをこれからも発信していけたらと思います。

いつも応援ありがとうございます。
これからも頑張りますので、引き続き、よろしくお願いいたします。

RIO WAIDA

最新記事

▶ 記事一覧