和井田理央選手サーフィンをしている画像

バリ王ではプロサーファーの
和井田理央選手を応援しています。

BALI-OH SUPPORT

2018  Vans US Open of Surfing2018/10/09



7月30日~8月5日に行われたWQS10,000イベントVans US Open of Surfingに参戦のため、
アメリカ/カリフォルニアに行ってきました。

2018  Vans US Open of Surfing


バリ島からは、直通はなく、台湾やフィリピンかオーストラリア経由で行かなくてはいけません。
今回は、到着時間を考慮して、今回は、バリ島 → オーストラリア/シドニー → ロサンゼルス空港と渡りました。

大会会場は、こちらのハンティントンビーチです。

2018  Vans US Open of Surfing

こうやって、世界を廻らせていただき、バリ島へのアクセスは、世界中各国々からとてもとても大変で、それでも、こんなにも沢山の観光客の方々がいらっしゃるということは、本当にバリ島は素晴らしいという証明なのだと思います。
そんなバリ島に住めることに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、逆に、僕が世界を廻ることによって、もっともっとバリ島を、インドネシアをアピールできたらと思います。


Vans US Open of Surfing
http://www.worldsurfleague.com/events/2018/mqs/2764/vans-us-open-of-surfing-mens-qs

2018  Vans US Open of Surfing

2018  Vans US Open of Surfing


QS10,000イベントは、誰でも出られるわけではなく、世界ラインキング上位から優先的に出場権を獲得できる最高レベルのイベントです。
大体100位くらいまで入っていないと出れないのが、QS10,000イベントと思ってください。

今回は、幸運にも僕は出場できました。
サーフィン大国USAと世界最高レベルのイベントということで、本当に規模が大きく、
とても興奮しました。

2018  Vans US Open of Surfing


残念ながら、波はとても小さく、波数も少なく、少しのミスも許されない戦いとなりました。
緊張するなか、冷静に試合運びができるのが当たり前というのが、
こういうビックイベントだと思いました。
波数がたくさんあれば、また話が違うのですが、何分も何分も波を待ち、決められた時間の中で、ハイパフォーマンスを披露しなければなりません。
正直、サーフィンのレベルに大差があるわけではない。
僕もちゃんといい乗れれば、勝てるという自信もある。
だけど、勝てない…
悔しい…
僕に何が足りないのか…
自問自答の連続です。

2018  Vans US Open of Surfing


なかなか勝てないことに自信を無くしそうになる。
だけど、これは、僕だけじゃない。
みんな通ってる道なんだ。
落ち込んだって、勝てるようになれるわけでもない。
僕には、負けても負けても、応援してくれる皆さんがいるから、僕は、頑張ります。

いつも応援ありがとうございます。

RIO WAIDA

最新記事

▶ 記事一覧