古都ジョグジャカルタ

  1. ホーム > 
  2. バリ基本情報 > 
  3. バリ エリア一覧 > 
  4. 古都ジョグジャカルタ

人生で一度は見てみたい世界遺産の旅へ!ボロブドゥール遺跡&プランバナン遺跡 古都ジョグジャカルタ

人生で1度は見てみたい世界遺産の旅へ!世界遺産ボロブドゥール遺跡 世界遺産プランバナン遺跡

ジャワ島地図

王宮文化が色濃く残る古の都ジョグジャカルタ

インドネシアの古き文化の残る歴史ある都市:ジョグジャカルタ
ジャワ島の中部に位置するジョグジャカルタ。バリ島から飛行機にて約1時間15分ほどで到着するジョグジャカルタは、歴史的建造物の多く残る都市です。世界最大級の仏教遺跡「ボロブドゥール遺跡」や美しい「プランバナン遺跡群」など多くの世界遺産があります。バリ島からも気軽に足を運ぶことができ、またバリ島とは違った伝統文化に触れることができるため、多くの旅行客が足を運びます。

ボロブドゥール遺跡(世界遺産)

ユネスコ世界遺産にも登録された世界最大級の仏教遺跡

1814年に発見されるまでジャワ中部の密林の中にひっそりと埋もれていた世界最大級の仏教遺跡。8世紀に建造され、サンスクリット語で「ボロ(僧院)」と「ブドゥール(高い丘)」という2つの意味を持つこの巨大な遺跡は、寺院だったのか王朝の霊廟だったのか、王の墓だったのか、未だ神秘のベールに包まれたまま。正方形の石のブロックを接着剤なども使わずただ積み上げて完成させた9層からなる建造物は、それ自体が仏教的宇宙観を象徴した巨大な立体"曼陀羅"とも言われています。最上段にそびえるストゥーパまで上がっていくと、悟りの境地を開くとも言われていて、中部ジャワの観光のハイライトにもなっています。

  • ボロブドゥール遺跡イメージ画像

    約200万個もの石のブロックを積み上げて完成した遺跡/ボロブドゥール遺跡

  • ボロブドゥール遺跡 ストゥーパ内におさめられた仏像イメージ画像

    ストゥーパ内におさめられた仏像/ボロブドゥール遺跡

  • ボロブドゥール遺跡 階段イメージ画像

    寺院への入り口は、勾配のきつい階段が。/ボロブドゥール遺跡

  • ボロブドゥール遺跡 レリーフのイメージ画像

    1400枚以上の神秘的なレリーフ/ボロブドゥール遺跡

ページのトップへもどる

ボロブドゥール サンライズツアー

人生で一度は見たい絶景「ボロブドゥールサンライズ」

朝5時過ぎにボロブドゥール遺跡へ登り、じっと朝日が昇るのを待つボロブドゥールサンライズツアー。なんとボロブドゥール遺跡のサンライズツアーは、2012年7月、米ニュース専門局、CNNによる「死ぬまでに見たい27の絶景」第1位に選ばれました。ボロブドゥール遺跡に行くなら必ず見たい美しい景色です。

  • ボロブドゥール遺跡サンライズツアーイメージ画像

    世界遺産と共に迎える美しい朝日。/ボロブドゥール遺跡

  • ボロブドゥール遺跡サンライズツアーイメージ画像

    仏像のシルエットが神秘的。/ボロブドゥール遺跡

  • ボロブドゥール遺跡サンライズツアーイメージ画像

    朝日に照らされる仏像。/ボロブドゥール遺跡

  • ボロブドゥール遺跡サンライズツアーイメージ画像

    日本人なら必ず見ておきたいご来光。/ボロブドゥール遺跡

ページのトップへもどる

プランバナン寺院

ジャワ・ヒンドゥーを代表する優美な巨大寺院群

1991年に世界遺産の「文化遺産」として登録されたプランバナンは、ジョグジャカルタのアディスチプト国際空港から車で約10分というアクセスし易い立地にあります。インドネシアで最大の規模を誇るヒンドゥー教の遺跡が、国際空港のすぐ近くにある事自体とても珍しい事です。

プランバナン寺院群の中央寺院であるロロ・ジョングラン寺院は、遠くからでも目を奪われるほど素晴らしく、特に巨大な中央のシヴァ神殿は、47メートルという高さのせいだけでなく、聖なる山を模したとされるその造形が見る者の心を鷲掴みする迫力に満ちています。シヴァ神殿の向って左にはブラフマー神殿、右にはヴィシュヌ神殿が建ち並び、それぞれの神殿が天に向かって凛々しくそびえる姿は、この場所が俗世界とは切り離された特別な神の空間であることを実感するのに十分です。百聞は一見にしかず。是非実際に訪れてみて、その素晴らしさを実感として体験して下さい。

プランバナン寺院

プランバナン寺院

  • プランバナン寺院
  • プランバナン寺院

ページのトップへもどる

クラトン

歴代ジョグジャカルタの王族が暮らす王宮

ジョグジャカルタ市内のほぼ中心に位置する王宮、クラトン。長年ジョグジャカルタを統治してきたスルタン(王)が住む住居として1756年に建築され、現在も子孫であるスルタンが住んでいます。南北の入口から中へ進むと広い庭を取り囲むように王族の住む王宮や、調度品、肖像画、楽器や衣装を展示した博物館があり、ジャワの民族衣装を着た老人のセキュリティーが王宮の警備と安全を守ると共に、内部の案内もしてくれ、伝統とジョグジャカルタの人々の誇りを感じる場所でもあります。

  • クラトンイメージ画像

    日曜になるとガムラン演奏や伝統舞踊が行われます。/クラトン(王宮)

  • クラトン 装飾品イメージ画像

    廊下に飾られた装飾品/クラトン(王宮)

  • クラトンイメージ画像

    インドネシアの伝統とヨーロッパ文化が混ざり合う建設様式/クラトン(王宮)

  • クラトン 王様に送られてきた贈呈品イメージ画像

    王様に送られてきた贈呈品/クラトン(王宮)

ページのトップへもどる

水の王宮 タマンサリ

王族所有の水の離宮

クラトンの南西に位置する水の王宮、タマンサリ。1765年に建てられたこの離宮は王宮に使える女性たちの水浴び場だったと言われ、大きな2つの石造りのプールの他に、向かい側の塔には王様が夜を共にする女性を選ぶためにプールを覗いていたという秘密の部屋があります。今では人気もなくなり、当時の光景を思い浮かべると、ひっそりとした雰囲気が郷愁感を誘います。

  • タマンサリ プールイメージ画像

    女性たちの水浴び場とよばれるプール/タマンサリ

  • タマンサリ 水の離宮イメージ画像

    王宮の南西に建てられた水の離宮/タマンサリ

  • タマンサリ 王様の秘密の部屋イメージ画像

    向かい側の塔は、王様の秘密の部屋。/タマンサリ

  • タマンサリ 水浴び場イメージ画像

    トンネル状の階段の下には水浴び場が。/タマンサリ

ページのトップへもどる

伝統工芸バティック

インドネシアを代表する蝋けつ染めの産地でショッピング

王宮の残るジョグジャカルタや中部ジャワはインドネシアでも有名なバティックの産地。バティックは手書きやプリントの型押しでデザインした生地に、蝋で防染して色を加えていく伝統的な染色工芸。ショップを併設した工房では実際にバティックが作られていく過程を見ることも出来ます。お気に入りのバティックが見つかったらお店で購入することも可能です。

  • 伝統工芸バティックイメージ画像

    細かいデザインに蝋で線を描く/伝統工芸バティック

  • 伝統工芸バティックイメージ画像

    坦々とこなしていく姿は、まさに職人/伝統工芸バティック

  • 伝統工芸バティックイメージ画像

    ひとつひとつ丁寧に制作されたバティック/伝統工芸バティック

  • 伝統工芸バティックイメージ画像

    さまざまな色や柄がある。/伝統工芸バティック

ページのトップへもどる

ムンドゥッ寺院

1000年以上の時を経て来た歴史と独特の風情

ボロブドゥールを含む「ボロブドゥール寺院遺跡群」として世界遺産に登録されている「ムンドゥッ寺院」は、ボロブドゥールから東に3キロメートルの距離にあり、寺院内部に巨大な石造りの仏像が3体安置されている事で有名です。中央に安置されているのは高さ3メートルの如来倚座像。その穏やかな表情は見ているだけで心が癒されます。如来像と如来像の左右に安置されている菩薩像も、それぞれ一塊の岩から造られていて、石造りの仏像を取り囲んでいる丁寧に積まれた石でさえ、その表情は1000年以上の時を経て来た歴史と独特の風情を感じさせます。

  • ムンドゥッ寺院
  • ムンドゥッ寺院
  • ムンドゥッ寺院

ページのトップへもどる

パオン寺院

寺院の側面に施された美しい石の彫刻

ボロブドゥールを含む「ボロブドゥール寺院遺跡群」として世界遺産に登録されている「パオン寺院」。パオン寺院はボロブドゥールとムンドゥッ寺院を一直線に結んだ線上に位置する広い敷地に、高さ12メートルの小さな寺院がひっそりと建っています。パオン寺院の直線的で潔い姿は見る者の心を捕えます。寺院の側面に施された聖樹カルバタールと天女、半身が鳥の人物など、ガイドブックでも美しいと賞賛されている石の彫刻をじっくりご覧頂きたい寺院です。

  • ムンドゥッ寺院

ページのトップへもどる

ボコの丘

地元の人達にも人気の高いデートスポット

現地では「ラトゥボコ」と呼ばれているボコの丘は、プランバナン寺院群から約3キロメートル南側に位置しています。海抜196メートルという高さから眼下に広がる景色を眺めると、さほど遠くない距離にプランバナン遺跡の寺院群が見えます。周辺の有名な観光地に比べると訪れる観光客が少ない為、ゆっくりとした時間を感じていただけることでしょう。特に夕暮れ時にセピア色に染まる石門は美しく、地元の人達にも人気が高いデートスポットです。

9世紀頃に造られたと言われているこの大宮殿の遺跡は、その広大な敷地内を徒歩で散策する為、履き慣れた歩き易い履物が良いでしょう。特にサンセットに合わせて訪ねたい場合は、予めご相談して予定を立てることをお勧めします。(サンセットの時間は季節によって変動します。また天候によりサンセットがご覧頂けない場合もございますので予めご了承下さい)

  • ボコの丘
  • ボコの丘
  • ボコの丘
  • ボコの丘
  • ボコの丘
  • ボコの丘
  • ボコの丘
  • ボコの丘
  • ボコの丘

ページのトップへもどる

サリ寺院

美しいレリーフが数多く残る仏教寺院

9世紀前半、シャイレンドラ王朝時代に建造されたとされている仏教寺院「サリ寺院」。 ジャワ仏教に於ける美しさを極めて施されたと思われる、壁面に残る数多くのレリーフは、 長い年月を経た現在でも尚美しく、そのひとつひとつが見る者の目と心を捉えて離しません。

  • サリ寺院
  • サリ寺院
  • サリ寺院

ページのトップへもどる

マリオボロ通り

地元の人々と旅行者で終日賑わうジョグジャカルタで有名な通り

ジョグジャカルタで最も有名な通りと言って過言ではない「マリオボロ通り」。インドネシアの古いポップソングの歌詞で歌われ、昔からジョグジャカルタのシンボル的な目抜き通りです。通り沿い両側には、バティックやお土産物、衣料品から生活日用品を売る店まで、多種多彩な店が軒を並べ、地元の人々と旅行者で終日賑わっています。一方通行の道を闊歩する馬車は今でも現役で、庶民の足としてだけでなく、観光客の移動手段としても活躍しています。また、夕方頃から店開きを始める「レセハン」と呼ばれるスタイルの食堂は、ジョグジャカルタが発祥の地。毎日、陽が暮れる事になると、歩道の上に直接ゴザを広げてテーブルを出し、簡易食堂として庶民のお腹を満たします。地元庶民向けの食堂なので、旅行者にはお勧めしていませんが、話の種に覗いてみると面白いと思います。また、食堂の中には旅行客相手に高額料金を吹っ掛けるところもあるので、料金は事前に必ず確認するようにしましょう。

  • マリオボロ通り
  • マリオボロ通り
  • マリオボロ通り
  • マリオボロ通り
  • マリオボロ通り

ページのトップへもどる

イジョ寺院

ガイドブックに掲載されていないレアな寺院

世界文化遺産に登録されているプランバナン寺院群のひとつであるイジョ寺院は、ガイドブックに掲載されていないレアな寺院です。プランバナン寺院群と同じく、サンジャヤ王朝(古マタラム王国)時代の10世紀から11世紀頃に建てられたと考えられています。ヒンドゥー教寺院として、ご神体である石で作られたリンガが堂内に納められています。

高台にあるこの寺院は、見晴らしが良く、晴れた日の夕方にはジョグジャカルタの街中に沈む美しい夕日が見られます。日除けなどは無いので、日中に訪れる場合は日除け対策をすると良いでしょう。

  • イジョ寺院
  • イジョ寺院
  • イジョ寺院
  • イジョ寺院
  • イジョ寺院
  • イジョ寺院
  • イジョ寺院

ページのトップへもどる

ページトップ

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-238-1695 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00〜18:00 土曜日10:00〜17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店

iata jata プライバシーマーク