ジンバラン地区のエリア情報

  1. ホーム > 
  2. バリ基本情報 > 
  3. バリ エリア一覧 > 
  4. ジンバラン地区

「高級リゾートが多く立ち並ぶ空港からも近いリゾートエリア」

ジンバラン地区

ジンバラン地区 イメージ画像
 

アヤナリゾートバリやフォーシーズンジンバランなどの大型高級リゾート、ヴィラ、ホテルなどがエリア内に点在する。そして、新しいホテルの建設、オープンも相次いでいる。それに伴い最近ではべノアスクエアをはじめとして、ショッピングセンターのオープンも目立つ。メイン通りのラヤウルワツ通りにはレストランやお土産屋さんはあまり多くなく、地元の人向けのお店が多くあり、地元の人々の暮らしを垣間見ることができる。パンタイクドナガン通りはジンバラン湾に面していて、多くのシーフードバーベキューのお店が軒を連ねている。ジンバラン湾で採れた魚はここにある市場に集められ、各地から買い物客が訪れる。こちらの海は基本的には波が穏やかなので、通りを歩くよりもビーチを散歩すると気持ちが良い。サーフィンの場合は時々ジンバランには波があることがあり、クタエリアなどで波が多く過ぎる時には、ここのポイントをチェック。

アクセス

空港から車で約20分。バンドゥン半島の付け根のあたりに位置し、メイン通りはバイパスングラライと平行して走り、ウルワツ方面へと通じているラヤウルワツ通り。また、海側には多くのシーフードバーベキューのお店が連なるパンタイクドナガン通りもある。ジンバラン地区の道は、歩行には不向きな為、タクシーなどの車での移動がお勧め。

有名なアヤナリゾート&スパバリがあるジンバラン地区。

有名なアヤナリゾート&スパバリがあるジンバラン地区。

漁業が盛んなジンバランビーチ。

漁業が盛んなジンバランビーチ。

遠くに空港の明かりが見えるスンダラ・レストラン。

遠くに空港の明かりが見えるスンダラ・レストラン。

バリ島といえばジンバラン・ビーチでのイカンバカール!

バリ島といえばジンバラン・ビーチでのイカンバカール!

ジンバラン地区のオススメスポットはこちら!

 

イカンバカール

イカンバカール イメージ画像

バリの名物にもなっているイカンバカールはインドネシア語でイカン(魚)バカール(焼く)でシーフードBBQの意味。ジンバランのビーチには何軒ものイカンバカールのお店があり、各店舗とも砂浜にテーブルとイスを並べ、閉鎖的な場所で食事が楽しめる。

 
 

ジェンガラ・ケラミック

ジェンガラ・ケラミック イメージ画像

バリ発の陶器、ジェンガラケラミックは、日本の陶器にはない、赤や青など、鮮やかな色使いがあるのが特徴。バリの女神をモチーフにしたり、プルメリアの花をモチーフにしたものなど、バリならではの可愛いものが多いのが特徴。

 
 

ジンバランコーナー

ジンバランコーナー イメージ画像

クプクプバロンジンバランの1階にオープンしたショッピングセンター。こじんまりとしているが、バティックで有名なお店や、宝飾店、雑貨やさん、洋服、化粧品店とレストランやカフェなどが入っている。

 
 

大型高級ホテル

大型高級ホテル イメージ画像

ジンバランエリアには大型の高級ホテルが点在する。アヤナリゾートバリやインターコンチネンタル、フォーシーズンズリゾートなど日本で有名な高級リゾートが多い。宿泊以外にも、お食事やスパなどに訪れて、リッチな気分を味わってみては。

 
 

べノア・スクエア

べノア・スクエア イメージ画像

バイパス沿いにオープンした複合施設にはファーストフードショップ、コーヒーショップなどが入っている。これからも新しいお店が入る予定。ただバイパス沿いにある為、歩いていくことは危ないので、必ず車を利用して。

 
 

ジンバラン市場

ジンバラン市場 イメージ画像

バリを代表する港の1つ。朝には獲れたての魚を求めて、近隣のホテルやレストランから魚を買い求める人の姿や、見学に訪れる観光客の姿が多く見られる。売られている魚は日本では高級なマグロやロブスターなども手ごろな値段で購入できる。

 
 

ページトップ

バリ王 ご予約・お問い合わせはこちら バリ島旅行専門店 バリ王 東京支店03-3526-7085 名古屋支店052-238-1695 大阪支店 06-6533-5222 受付時間平日10:00〜18:00 土曜日10:00〜17:00
東京支店 名古屋支店 大阪支店

観光庁長官登録旅行業第275号(第1種)一般社団法人日本旅行業協会(JATA)
正会員国際航空運送協会(IATA)公認代理店 旅行業公正取引協議会 正会員

旅行業公正取引協議会 iata jata プライバシーマーク